30代で美容をする女性

30代から美肌を作る方法!美容ケアをしてアンチエイジングをしよう

最終更新日:2014年10月2日

若いときはとりあえず化粧水や美容液などをやっていたという方も多いのではないでしょうか。

しかし年齢を重ねるごとに肌はだんだんとくすみやシミやシワなどが気になってきます。
いつまでもキレイな肌で居たいのならば、キチンと美肌になるための心得を習慣付けて続ける必要が有ります。

特に30代は、肌をいたわるかいたわらないかによって
20代にも40代にも見える年齢です。30代の美肌ケアを身に付けておきましょう。


30代で美容をする女性

1.良い物をバランス良く食べる

30代からの美肌の基礎は肌ではなく体の内側から作っていくものです。

どんなに肌に良い物を付けているからといって、
不摂生したり、栄養のバランスが悪いと、美肌を保つことは出来ません。

ダイエットをしているからと過剰に脂分を控えてしまったり、
栄養のない物だけを食べてしまわないように心掛けましょう。

三食栄養のバランスを考えて、腹八分目の精神で食べることで
初めて、美肌づくりと言えるでしょう。

果物を取ることで手軽にビタミンを取ることが出来ますからオススメです。
水をしっかり飲み、老廃物を出しやすい環境に整えることも大切だと言えます。

2.美容クリームでマッサージしながら塗り込む

美容クリームをただ顔に塗るのはとてももったいないことです。
顔になじませ塗ることで肌に浸透していくのです。

その時に肌に馴染むのをイメージして、手で顔をマッサージしながら塗り込みましょう。

気になっているくすみやシミ、カサカサしている部分には重点的に行います。
毎日繰り返す事でクリームの効果がアップします。

マッサージすることで、血行が良くなり肌質が良くなっていきます。

3.パックで保湿をする

年齢を重ねると、脂分が少なくなってきてカサカサになりがちです。
カサカサしてしまえば、化粧のりも悪くなり、角質もボロボロとしてしまい結果くすみの原因になってしまいます。

美容液などで保湿していても、最後にパックをしてキチンと保湿することで、
プルプルな肌を維持することが出来ます。

パックの中には色々な成分が入っているものが有りますから、
キチンと選びヒアルロンサン入りや、コラーゲン入りを選び実践することでもっと効果を得られるでしょう。

10代20代の感覚でお肌のお手入れをしてしまうと結果的に美肌になることは期待できません。
30代ならば30代に合った美肌づくりをすることで、効果があらわれます。

毎日維持をして、習慣的にしてストレスなく自然と美肌づくりをすることが理想的です。