30代女性のスキンケアのポイント。肌の保湿が大切

最終更新日:2015年8月2日

30代女性のスキンケアのポイントはどこにあるのでしょうか。

30代といえば、20代のような肌のハリやツヤにちょっと陰りが見え始める頃ですよね。

ですから、若い頃と同じままのスキンケアでは追いつかなくなる場合も出てくるかもしれません。

そこで今回は、30代女性のスキンケアのポイントをご紹介します。

1.肌の保湿を大切にする

30代女性のスキンケアのポイントの1つには、肌の保湿を大切にすることが挙げられます。

20代の頃と違って、目元や口元がかさついてしまうのが気になるという人が増えてくるのです。

これは、元より目元や口元が皮脂の分泌が少ないために肌がかさつきやすいからですね。

年齢を重ねるにしたがって肌の乾燥が気になるというのは、皮脂量が減ってしまうために肌の保湿がうまくいかなくなることも原因です。

そのため、化粧水で目元や口元にしっかりと水分補給のパッティングをしましょう。

その上で、乳液や美容液を使って保湿に努めることが大切です。

尚、この時に注意したいことがあります。

それは、目元と口元を重点的にすることと、顔全体を目元等と同じようにしないことですね。

顔といっても、部位によって皮脂量の分泌が違うので、肌のかさつき具合も違うのです。


2.肌のたるみやしわを抑える

30代女性のスキンケアのポイントの1つには、肌のたるみやしわを抑えることが挙げられます。

肌のたるみ・小じわが気になり始めるのは、30代からという人が少なくありません。

もちろん、40代ともなれば、肌のたるみを何とかするために努力する人が増えてきますよね。

だからこそ、30代でちょっと気になり始めた時から対策を行うようにすることが大切です。

そのためには、たるみやしわの原因となる真皮の部分をケアしていくことが大切になります。

肌の皮膚は何層にも分かれていますが、真皮の部分ではコラーゲンやヒアルロン酸が美しい肌の保持のために大きな役割を果たしています。

しかし、このコラーゲンやヒアルロン酸が減少し始めるのが、30代ですね。

ですから、コラーゲンやヒアルロン酸を肌へ補充してやることが大切になります。

コラーゲンを含む基礎化粧品を使うことで、コラーゲンの減少によって肌の弾力性を保ちハリを取り戻させるのです。

また、ヒアルロン酸を含む基礎化粧品を使うことで、細胞と細胞の間にあるはずの水分保持に役立てて、肌のみずみずしさを取り戻しましょう。

こうすることによって、肌がたるんだり小じわのようなしわができるのを抑制するのです。


3.肌のてかりを防ぐ

30代女性のスキンケアのポイントの1つには、肌のてかりを防ぐことが挙げられます。

肌のてかりというのは、皮脂の分泌が過剰になっていることが原因ですよね。

実は、肌が乾燥気味というのも、元を正せば皮脂の過剰な分泌が原因であることが少なくないのです。

特に、30代の頃というのは、仕事や家庭でめまぐるしい日々を送る女性が多い世代になります。

そのため、ストレスも多くて皮脂分泌といったデリケートな体の仕組みも狂いやすい面が出てくるのです。

ですから、皮脂の過剰分泌を抑えることが大切になってきます。

そのためには、毛穴のつまりを防ぐ必要がありますね。

例えば、皮脂を落としすぎないような洗顔料を選び、優しく顔を洗うようにすることです。

また、洗顔回数を1~2回程度に抑え、何度も洗うような過剰な状況をやめることですね。

尚、洗顔後は必ず保湿ケアをしましょう。

こうすることで肌の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰な分泌も抑えることができるのです。


4.規則正しい生活をする

30代女性のスキンケアのポイントの1つには、規則正しい生活をすることが挙げられます。

女性の体はデリケートですよね。

特に、女性ホルモンの分泌や自律神経は、女性の心身の健康状態を密接に繋がっています。

ストレスや疲労の度合いによっては、各種ホルモンの分泌状況や自律神経の乱れを引き起こすのも、その表れではないでしょうか。

ですから、規則正しい生活をすることが大切になってくるのです。

・栄養バランスの取れた食事を取る。
・睡眠不足や夜更かしを避ける。
・ストレスは趣味や軽い運動等でうまく発散させて溜め込まないようにする
・リラックスタイムやリフレッシュタイムをうまく取り入れる

これらはスキンケアに限ったことではないかもしれません。

しかし、心身ともに健やかな日々を送ることは、肌の状態をより良く保つ源の一つです。

30代女性のスキンケアのポイントを早めに押さえておこう

30代女性のスキンケアのポイントをご紹介しました。

40代になってからのスキンケアをスムーズに行うためにも、お肌の曲がり角と言われる30代の肌にも注目しておきたいですよね。

気づかないうちに忍び寄る肌の陰りを見逃さず、早め早めに対応することで美肌を保ちませんか。