3回以上デートをしてるのに告白されない。そんな時の男性の心理と対処法

最終更新日:2016年2月23日

3回以上デートして、2人の距離も大分縮まったと思っているのに、一向に告白してくれる気配のない男性も少なくありません。

女性側はやきもきしてしまいますね。
この場合男性は一体何を考えているのか、そして女性側ができる対策は何なのかについて考えてみたいと思います。

1.このままの楽しい関係を壊したくないという思いが彼の中にある

デートを3回以上しているのであれば、男性の方も楽しんでいますし好意を持ってくれていると思って間違いないでしょう。

ところが、男性は意外と臆病です。仮に女性に恋愛感情を抱いたとしても、中途半端に告白などして今の楽しい関係が壊れてしまったらどうしようという恐れもあります。

そのため「今のまま楽しい関係を続けられるのであれば、告白なんかしなくても良い」と思っているのです。

2.気兼ねなく遊べる「親友」と思っている

女性側が「デート」だと思っていても、残念ながら男性側はそう思っていないという場合もあります。

男性の方が「性別関係なく、気兼ねなく遊んでいるだけ」と思っている場合、告白してくることはないでしょう。

男女2人が会っていたとしても、「デート」とは限らないのが厄介なところです。

更に男性が相手の女性を「親友」と思っている場合は、恋愛関係に発展するまでの道は、長くなってしまいます。

3.女性側から告白してみよう

男性が煮え切らないようであれば、女性側から告白するのも良いでしょう。

自分の気持ちをハッキリ相手に伝え、「もし恋人になる気がないなら、もう会うのはやめよう」ということまで伝えても良いと思います。

その気持ちを聞いた男性が、相手の女性を意識し始める、ということもよくあることなので、試してみる価値は大いにあります。

4.そのままその男性の「親友」になってしまうことも手

恋愛関係に発展する気配がないけれどもう会えなくなるのもイヤ、という人は思い切って「親友」になってしまうことも1つの方法です。

親友になってしまうと、男女間の甘い雰囲気を一切排除する必要がありますが、その代わり性別を超えた「人間対人間」の深い付き合いができるというメリットもあります。

もしかしたら、かけがえのない一生の友達になることもあるでしょう。

「彼女」にはなれなくても、「親友」として、一生大切にしてもらえるようにもなります。

又、何でも相談し合えて恋人同士よりも良い関係が築けるかもしれません。

女性から勇気を出して告白することも大切

女性側が告白を期待しても、男性側は「今の楽しさ」を捨てたくないゆえにのらりくらりとしていることが多いようです。

ここは女性が決断を下し、その男性と新しい関係を築くための努力をしなければならなさそうです。

「女性ばかりが悩むのは理不尽だ!」と感じるかもしれませんが、女性側が1度だけ勇気を出してみることで、運命が動き出すことでしょう。

しかし、新しい関係を築いてしまえば、今までの絆もありますし、長く良い付き合いができる可能性も高くなります。