エアコンのカビをキレイにとる方法。上手に掃除しよう

最終更新日:2016年2月23日

エアコンを使っているとどうしても出てしまうのがカビです。

カビが出たエアコンの空気を吸ってしまうと肺炎等あらゆる病気になってしまう可能性があるので必ず掃除をしてキレイにしておきましょう。

ここでは、エアコンのカビをキレイにする方法をご紹介します。

1.エアコンのカビをそのままにしておくととても危険

エアコンにカビが生えてしまうと、その空気を吸うことでトリコスポロンという菌が身体の中に入ってしまいます。

このトリコスポロンが原因で夏型過敏性肺炎になってしまう可能性があります。

夏型過敏性肺炎になってしまうと咳や喉の痛みを感じ、肺にかなりのダメージが入ってしまう事があります。

この病気はしっかり完治させないと毎年似たような症状が出てしまうとても危険な病気です。

夏型過敏性肺炎にならない様にエアコンをキレイにする事でカビを身体の中に入れないようにしましょう。


2.自分で掃除する

エアコンがそんなに汚れていない場合は自分で掃除をする事ができます。

まずはフィルターのホコリを吸うための掃除機や雑巾、雑巾を洗うためにバケツに水を入れたもの、細かい所を丁寧に掃除をするためのブラシ等を用意しましょう。

必ず用意したいのがエアコン洗浄用スプレーです。

このエアコン洗浄用スプレーを使うとカビをキレイにするだけではなく、カビの予防をする事ができるので常に安心してエアコンを使うことができます。

まず、電源をOFFにして電源プラグを抜きます。

そしてフィルターを外します。

フィルターを外したらホコリを掃除機で吸い取りキレイにします。

どうしても汚れが落ちない場合はブラシで軽く叩くとキレイに取れます。

このフィルターを掃除している時にかなりホコリが飛ぶ可能性があるので、マスクをしておくことをオススメします。

次にフィン部分にエアコン洗浄用スプレーを吹きかけます。

この時出る汚れは排水溝から外に出るので特に気にする必要はありません。

この時他の場所の汚れが気になるようなら雑巾でキレイに拭き取りましょう。

汚れが酷い場合は中性洗剤を薄めたものを使ってキレイにしましょう。

そして完全に乾いた事を確認してからフィルターを元に戻し、送風モードにして掃除完了です。

自分で掃除をする時に気をつけたいのが電源プラグを必ず抜いておく事とエアコン洗浄用スプレーを電装部分にスプレーしないように慎重にスプレーする事です。

この二つさえきちんと守れば誰でも簡単にエアコンをキレイにする事ができます。


3.専門業者に頼む

これでもキレイにならない場合やカビが多すぎて自分でキレイにするのが難しそうなら専門業者に頼むようにしましょう。

特に完璧にカビを無くしたいという方は専門業者に頼むのをオススメします。

エアコンがかなり汚れている場合、掃除の手順がかなり多くなりますし電装部分に水分がついてしまいエアコンを壊してしまう可能性があります。

専門業者に頼むことで安心してキレイにしてもらうことができます。

エアコンの専門知識がある業者ならではの方法で、まるで新品のようにキレイなエアコンにしてくれます。

かなり汚れているエアコンを使っている方が専門業者に頼んで「このエアコンがこんなにキレイになるんだ」と驚く方はとても多いです。

なかなか自分で掃除をするのが難しい奥のファンや吹き出し口の部分も専門業者ならしっかり掃除をしてくれます。

また、かなり古いエアコン等自分では掃除が難しそうな場合でも清掃してくれる事が多いので一度問い合わせをして聞いてみる事をオススメします。


4.しっかり予防をする

エアコンはしっかりカビ予防をすることでカビの発生を防ぐ事ができます。

冷房をかけたり、除湿をした後は必ず送風モードにしてエアコン内の空気を入れ替えましょう。

送風モードにしてエアコン内に湿気が溜まらないようにするだけでカビをかなり予防することができます。

特に除湿をした後は必ず送風をする事を忘れないようにしましょう。

また、冬に部屋の加湿には注意が必要です。

冬に部屋の加湿は欠かせないですが、加湿をしすぎてしまうとエアコン内に水が溜まってしまい、それが原因でエアコン内にカビが生えてしまいます。

ですので、加湿をした後も必ず送風モードにしてこまめにエアコンに水が溜まらないようにしましょう。

湿度計がある方は45~60%を超えたら換気をする事でエアコンに水滴が付くのを予防できます。

また、エアコンに自動掃除機能があるものもあります。

エアコン自動掃除に加えて定期的に自分の目でエアコンの中をチェックする事でより確実にカビを予防する事ができます。

エアコンのカビをキレイにしよう

エアコンのカビをキレイにする方法をご紹介しました。

主に自分で掃除をする、専門業者に頼む、きちんと予防をする事の3つの方法があります。

特に予防はとても大事です。

きちんと予防をすることでカビの発生を防ぐ事ができますし、エアコン内部もさほど汚れないので自分で簡単に掃除をする事ができます。

上記を参考にエアコンのカビをキレイにして、快適にエアコンを使って下さいね。