明け方に目が覚めてしまう原因とは。質の良い睡眠をとろう

最終更新日:2016年4月12日

質の良い睡眠は、女性にとって大事ですよね。

きちんと睡眠をとることで、体やお肌の調子も良くなり、仕事の効率や美しさにつながります。

しかし、睡眠について悩みを持つ方も少なくないですよね。

よく起床時間の前に起きてしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回は、よく明け方に目が覚めてしまう原因と対処法についてご紹介します。

1.悩みや心配事がある

眠りが浅い状態が続いてしまうことが明け方に目が覚めてしまうことにつながります。

この眠りが浅い状態というのは、悩みや心配事がある場合によく陥ってしまいます。

悩みや心配事などが多く、心の不調がある場合には、脳内のセロトニンの量が減ってしまいます。

そうなると、リラックスした状態を維持しにくくなり、眠りが浅くなります。

悩みや心配事を減らす工夫をしましょう。

普段から、ストレスを溜め込まないことが大切です。

また、夜寝る前に考えすぎないようにすることが大切です。

寝る前には、悩みや心配事について考えるのを控え、休むことに集中します。

寝るまでの時間に日記を書く習慣をつけ、そこで悩みや心配事を書き出すことで、寝る前に振り返りを完了させるのもオススメです。


2.パジャマや下着のしめつけ

朝早くに目が冷めてしまう原因には、身につけているものがあっていないということも考えられます。

パジャマのサイズが小さかったり、ゴムの締め付けが強かったりすることで、体を休めることができなくなってしまっています。

また、ホールド力の強い下着をつけていたり、つけ心地の悪い下着をつけていたりすることで、知らず知らずに体に負担をかけてしまっています。

1度、パジャマが下着が着心地の良いものであるか考えてみましょう。

パジャマについては、自分にとって楽なものを選ぶのが1番です。

スエットやTシャツを着る人もいれば、パジャマとして売られているものを着る人もいるでしょう。

下着については、あまり締め付けの強くないものを選びます。

寝るとき用のブラも市販されているので、それを取り入れるのもオススメです。

下着そのものが苦手という方は、寝るときには下着をつけないようにするのもオススメです。


3.生活リズムの乱れ

明け方に目を覚ましてしまう理由に、生活リズムの乱れが考えられます。

就寝時間や起床時間が毎日一定でないと、睡眠が乱れてしまいます。

例えば、金曜日や土曜日に、明日は仕事がないからという理由で、いつもよりずっと長く寝てしまう人や、夜更かしをしてしまう人も多いのではないでしょうか。

そうすると、生活リズムが乱れてしまい、次の日にはやく目を覚ましてしまうことにつながります。

また、寝付きが悪くなることにもつながってしまうでしょう。

平日や土日で就寝時間や起床時間を変えないようにしましょう。

疲れていて、長く寝たいという場合には、就寝時間を早めるようにし、起床時間はずらさないようにしましょう。

毎日決まった時間に起きる習慣をつけることで、睡眠のパターンが作られ、早く目を覚ますこともなくなります。


4.スマホやパソコンの見過ぎ

寝る前までずっとスマホやパソコンを見ていると、頭が覚醒した状態で眠りに入ることになるので、目を覚ましやすくなってしまいます。

ベッドの中でもスマホをいじっているという方も多いのではないでしょうか。

スマホやパソコンは、情報量がとても多いので、脳の動きが活発になってしまいます。

脳をうまく休められていないので、睡眠自体の質を下げてしまいます。

眠る前1時間は、スマホやパソコンを見ないようにしましょう。

普段からブルーライトを遮断するめがねを着用する習慣を身につけることもオススメです。

また、スマホで寝る前までずっと友達や彼氏と連絡をとってしまう人も要注意です。

脳が無意識のうちに友達や彼氏からの連絡を気にしてしまい、気にするがあまりに目を覚ましてしまうということも考えられます。

友達や彼氏との連絡を一旦やめる時間をとることも大事です。


5.浅い呼吸

明け方に目が覚めてしまうときには、呼吸が浅くなっていることが多いです。

眠るときには呼吸はとても大切で、しっかりと酸素を脳や体全体に行き渡らせることで休息を得ることができます。

よく、いびきをかいていて呼吸が乱れて目を覚ましてしまう人もいますよね。

眠るときだけではなく、普段からしっかりと呼吸をできているかを意識するようにしましょう。

オススメは、ヨガの呼吸を取り入れることです。

ゆっくり5秒以上かけて息を吸い、また、5秒以上かけて息を吐ききります。

これを10回続けると、呼吸のペースをしっかり保つことができます。

現代人は仕事が忙しかったり、心配事が多かったりして呼吸が乱れがちです。

呼吸を整えて良い眠りを手にいれましょう。

質の良い睡眠をとっていこう

明け方に目を覚まさないためには、しっかりリラックスして眠りをとることが必要です。

ストレスに感じることをできるだけなくしてから眠るようにしましょう。

質の良い睡眠をとって、毎日健康美人を目指しましょうね。