ぐっすり眠る安眠グッズまとめ。快眠をしよう

最終更新日:2016年4月12日

一日の疲れを取ることや美容のためにも大事なのは「良質な睡眠」です。

毎日の睡眠は人間が生きていく上で欠かせない行動でありそれが安眠に近ければ近いほど体の疲れが取れやすかったり、成長ホルモンがよく分泌されてお肌の調子がよくなったりするそうです。

そこで今回はぐっすり眠るための安眠グッズをご紹介します。

1.アイマスク

めぐりズムなどが有名なのですでにご存じかと思いますが、アイマスクは自然に安眠に導いてくれるアイテムです。

眠れないとき目を開けてしまうことで光の刺激を脳が受けてしまいさらに眠れなくなってしまう悪循環を予防してくれるアイマスク。

さらに蒸気などで目をじんわりと温めてくれるので気になるむくみ対策になるものも…。

温まるタイプのアイマスクは使い捨てタイプも数百回使用できるタイプも安価なので手軽に使用できるのもいい点かもしれません。

スマホなどをいじってしまってなかなか眠れないという方は強制的に目を閉じさせるアイマスクで目の疲れを癒しながら、睡眠に入ってみてはいかがでしょうか。


2.鼻呼吸サポートグッズ

安眠を手に入れるためにはスムーズな呼吸が不可欠だそうです。

というのも睡眠時に人間は鼻で呼吸をします。

横を向いているときは片方の鼻の穴で呼吸をしています。

アレルギーなどは理由で鼻が詰まってしまっていたり鼻水などが出てしまっていると鼻からうまく息を吸い込めないのでいびきをかいてしまったり苦しくなって目が覚めてしまうことも…。

そこで、鼻の呼吸を補助してくれるアイテムを使うことで花粉がつらい時期も風邪をひいている時期も安眠を手に入れることができます。

オススメは鼻に直接張るシールタイプの鼻呼吸サポートグッズです。

シールタイプであれば点鼻薬とは違って鼻の粘膜に負担をかけないので続けて使用しても良いですし、安価なのでストックもしておけるでしょう。

最近では鼻のあなたに直接チューブを挿入して鼻呼吸を促すタイプのサポートグッズもあるようなのですが、鼻の中にチューブを挿入するのは結構怖いですし痛みそうで抵抗があるかもしれません。

なので、初めて鼻呼吸サポートグッズを使う方はシールタイプから始めてみるといいかもしれません。

3.好きな生地のパジャマ

安眠の際に必要なものと言えば心地よさでしょう。

ベッドや枕を買い替えるのはちょっと…と思った方にオススメなのは「パジャマ選びをする」ことです。

パジャマは直接素肌を包んでくれる衣類なのでその衣類の生地がふわふわしていたり吸汗性に優れていれば寝心地がわるくなることが少ないのです。

夏の暑い時期であれば吸汗性に優れており涼しいものを、寒い時期であればもこもこふわふわとした暖かいパジャマを選ぶようにしましょう。

オススメはオーガニックコットンで作られているパジャマです。

オーガニックコットンは吸汗性に優れていますしふわふわと暖かく肌との摩擦も少ないそうなのでお肌の弱い方にももってこいでしょう。

他の衣類店が購入できる金額に比べて少し高くはなりますが、毎日の良質な睡眠のために、毎日仕事を頑張る自分のためにご褒美として少しいいパジャマを購入してみてはいかがでしょうか。


4.耳栓

隣で眠っている旦那様や彼氏、お子さんの寝息やいびきが気になって眠れないという方にオススメしたいのが「耳栓」です。

耳栓をすることである程度の騒音をシャットアウトすることができて、うるさい空間でも音を感じないので静かな環境を作り出すことができ、眠りをを妨げる音を感じることなく睡眠に導入することができます。

耳が良くて音に敏感な方は小さな音でも不眠症気味になってしまうこともありますし、旦那様や彼氏などのいびきがすごいと夜中に何度も目が覚めてしまいますよね。

そういった場合耳栓をすれば解決しますので、ぜひ自分にあった耳栓を探してみて一晩使ってみましょう。

ただし、耳栓を使う際に注意してほしい点があります。

それは「一人暮らしではオススメできない」という点です。

というのも、眠っている状況だと目を閉じているので目は見えません。

その上耳までシャットアウトしてしまうと例えば何者かが侵入してきたり隣の部屋で火事が起っている・地震警報などがなっているなど様々な危険を察知できなくなってしまうからです。

一人暮らしで耳栓をしてしまうといざというときに起きることができないのでやめておいた方がいいかもしれません。

隣に家族や彼氏などがいてその人が耳栓をしていなければいざというときは他の人が気が付いて揺さぶって起こしてくれるので大丈夫でしょう。

ぐっすり安眠しよう

女性の健康や美容によって重要な「睡眠」。

よりよい睡眠を得るためには安眠グッズを使って睡眠ができる環境つくりをしていく必要があるようですね。

また、スマホを触らない・寝る前に食べないなど、眠りを妨げる行為をしないことも安眠グッズの効果を上げるためのポイントです。