安眠する方法。ぐっすり眠れるようになろう

最終更新日:2016年4月12日

毎日、安眠できないと、日常に支障が出てきてしまいます。

頭が痛くなったり、肌荒れしたりと睡眠の影響は様々なところに出てくるのです。

安眠するためには、工夫が必要です。

普段の生活を変え、安眠を手に入れましょう。

1.眠る前に携帯やパソコンは見ないようにする

眠る直前まで、携帯電話やパソコンを見ている人は多いと思います。

けれど実はそれらの危機の電磁波や光が安眠できにくくしてしまうのです。

眠る前に携帯電話やパソコンは見ないようにしましょう。

アラームとして携帯電話を使っている人は、寝る数時間前にはセットしておきます。

眠る前の1時間前には最低でも、見ないようにし、セルフマッサージをしたり、ハーブティーを飲んだりリラックスして過ごしましょう。

そうすると夜中に起きたり、眠りが薄かったりすることなく、安眠することができます。

読書はオススメですが、逆に続きが気になって眠れなくなったり、目が冴えてしまったりする場合もあります。


2.ストレッチを習慣づける

ストレッチをする習慣をつけると、安眠を作ることができるのです。

ストレッチをすると身体の凝りが取れて、スムーズに寝入ることができるのです。

ストレッチするオススメの時間帯は、やはり眠る前です。

お風呂に入った後、20~30分かけてストレッチするようにします。

上半身、下半身、首回りなど、身体全体をほぐすようにしましょう。

特に普段オフィスワークをしている人は、肩や首がこっているので、入念に行います。

さらにストレッチをするときに、自分の好きな香りのついたクリームやオイルを身体に塗るとさらに香りでリラックスでき、安眠効果が期待できます。


3.定期的に運動する

普段、運動不足で身体が疲れていないと、安眠ができていない場合があります。

寝つきが悪かったり、明け方にはもう起きてしまったりと悩んでいる人は、定期的に運動してみましょう。

普段まったく運動しない人は、まずは1日30分程度のウォーキングから始めると良いでしょう。

慣れてきたら、疲労感が出るようなランニングなどの運動をします。

運動のおかげで、睡眠の質が上がります。

ぐっすりと朝まで目覚めないこともあるはずです。

運動する時間帯は、朝でも夜でも自分の時間が確保しやすい時間帯にしましょう。

できるだけ定期的に続けることで、安眠に繋がります。


4.アロマを焚く

眠る前にアロマを焚くと、安眠できるようになることが多いのです。

アロマはアロマオイルや香りのあるキャンドルなど、自分の好きな物を選びましょう。

眠る前に、10分ぐらい、部屋でアロマを焚いてから眠ります。

そうすると消してからも部屋に良い香りが残り、眠る時にも心地よい香りの中で眠ることができます。

アロマを焚くときは、部屋の明かりも間接照明にし、気持ち薄暗くしていくと、リラックス効果が上がります。

安眠のためのアロマ選びにもこだわり、自分にぴったりの香りを見つけましょう。

夜中に目覚めることなく、朝までぐっすり眠ることができるようになるはずです。

さっそく試してみましょう。


5.清潔な寝具とパジャマで眠る

普段、寝ているときには汗をかきます。

何日もシーツやパジャマを洗わないでいると、汗の臭いがついてしまうのです。

できるだけ、毎日清潔な寝具とパジャマで眠るようにしましょう。

数枚用意し、毎日かえるようにするのが理想的です。

清潔な環境で眠ると、寝心地が良く、香りも良いので、安眠できるのです。

清潔感があると、深い眠りにつながるのです。

また寝室も、最低1週間に1度は掃除し、ホコリや汚れの影響を、寝ているときに受けないようにするのも大切です。

朝起きたら、部屋の窓を開け、喚起をするようにしましょう。

安眠のためには、清潔なところで眠ることが大切です。


6.部屋を適正温度にする

夏場や冬場は部屋でエアコンや暖房を使用して、眠っている人も多いと思います。

けれど、眠りやすい温度を保つことはなかなか難しいのです。

とくに一度眠りにつくと、身体が暑くなり寝苦しくなってしまったり、明け方寒くなってしまったり、そのせいで目覚めてしまうこともあるはずです。

部屋を適正温度に保つためには、温度設定や風の向きなどを細かく設定できるエアコンや暖房を選びましょう。

他にも、掛布団以外にも、タオルケットやブランケットをそばに置いておき、万が一夜中に起きてしまっても、温度によって掛けかえられるように準備しておきましょう。

他にも暑いせいでのどが渇いたときのためにペットボトルに水を入れて枕元に置いて、すぐに飲めるようにしておくと身体の温度も下がります。

自分に最適な安眠方法を見つけよう

自分に合った安眠する方法を見つけるのは、なかなか難しいですが、自分に合う方法は必ずあるものです。

まずは眠る前にはストレッチやアロマでリラックスし、清潔な環境で眠るようにしましょう。

他にも日中に適度に運動することも安眠のためには大切です。

まだ試していない方法があればどんどん試し、健康のために安眠を手に入れましょう。