「朝ごはんを食べると太る」は本当なの?

最終更新日:2015年9月27日

朝昼晩と必ず食事を取っている人からすると、朝ごはんを食べずに過ごしているなんて少しビックリしますよね。

朝ごはんを食べる時間がないというならある程度理解もできますが、中には太るからという理由の人もいるようです。

今回はそんな朝ごはんを食べると太るということは本当なのかご紹介します。

1.食べるものによる

朝ごはんを食べると太るというのは一概には言えません。

現に毎朝、朝ごはんを食べているのに太っていない人はたくさんいます。

では、なぜ太ると思うのでしょうかか?

まずは、食べる物に注目してみましょう。

主食がお米かパンかブラン系か色々ありますが、カロリーなどを考えるとシリアル・ブラン系が1番良いかもしれません。

お米もパンもお茶碗1杯・パン1枚で結構カロリーがあります。

食後にそれを燃焼するくらいの運動量があれば別ですが、家の中でゴロゴロするだけだったりすると太る可能性はあります。

シリアル・ブラン系では主に牛乳やヨーグルトなどと混ぜて食べたりしますし、噛み応えがあるため、すぐ満腹感を得られますので食べ過ぎる事も防ぎます。

また、おかずなどが朝から脂っこいもの、パンに塗るバターやジャムなども気を付けるべき点であり、それを気にせず摂取していると蓄積で太っていく可能性が出てきます。


2.時間帯

朝ごはんの食べる時間帯にもよるでしょう。

例えば、朝起きてすぐ食べる場合や起きてからかなり時間が経ってから食べる場合、またはお昼前くらいに食べて、お昼ごはんと一緒にしてしまうブランチというものの場合です。

理想は朝起きてすぐではなく、歯磨きをしたり洗顔したりと色々やって目が覚めた頃くらいがちょうど良いでしょう。

その頃になると胃も目が覚めてきますし、血流もよくなってきている頃です。

起きてすぐは血流が悪い場合がありますので、その状態で摂取するとうまく燃焼する事ができません。

また、お昼前でお昼ごはんと一緒にしてしまうのは、過度に食べ過ぎてしまいますし、昼過ぎになると間食しやすくなります。


3.朝ごはんは目覚まし

例えば、朝ごはんは太るからといって朝ごはんを抜きで勉強する場合と、しっかり食べて勉強する場合とでは、脳の働きにも違いが出て来るようです。

朝ごはんを食べずにいると、脳がボーッとして目覚めるまでに時間がかかり、働きが悪くなります。

しっかり食べた場合は、脳が目覚めてシャキッとしています。

脳の働きがにぶくなると、判断力などにも影響しますが、空腹時と満腹時の区別もつけられなくなってしまいます。

そうすると、逆に太る原因ともなり得ます。


4.朝ごはんより夜ごはん

朝ごはんを食べると太るというよりは、夜ごはんの方が問題があるでしょう。

夜ごはんはメインみたいになっている家庭も少なくないです。

夜ごはん時は豪華な食事が並んだりしてついつい食べ過ぎてしまいます。

そして、その時間帯が夜遅かったりすると、消化・燃焼する暇もなく睡眠に入りましょう。

朝を迎えるとまだ満腹感があったり、ひどい時は胃もたれしていたりします。

そうすると朝ごはんは必然的に食べられない。

お昼ごはんからのスタートとなり、また夜ごはんといった悪循環ができてしまいます。

こうする事の方が太る可能性が高く、朝は食べた後、歩いたりして動く可能性は大いにありますが、夜は食べる時間によってはそのまま寝るだけになる可能性の方が大きいので夜ごはんを少なめにする方が太らないでしょう。


5.適度な量

朝昼晩と3食キッチリ摂取する事が大事ですが、いずれの食事も適度な量があります。

なんでも食べすぎればそれだけカロリーなど蓄積していきますし、消費エネルギーも大きくなりますので、1人で1日の中で消費できる分のカロリー内で、バランスよく摂取する事が太らないようにする1番の近道です。

例えば朝ごはんをヨーグルトにするというのも良いですが、できればフルーツや野菜もつけて、お昼ごはんはカフェなどでランチを楽しむ中で腹8分にしましょう。

間食したい場合は、2時~3時。

この時間は間食しても太りにくい時間とされていますがこれも量によります。

そして夜ごはんは少し控えめのお茶碗に半分のごはんで、おかずを多めに食べましょう。

おかずが脂っこいものはなるべく昼ごはん時に食べるようにし、夜は焼き魚や煮物、野菜などを中心とすればある程度の量でも満腹感が得られます。

こうする事で、朝ごはんを食べても太るという可能性は低くなります。

朝ごはんを食べると必ず太るとは言えない

「朝ごはんを食べると太る」は本当か否かは、食べる物や量、時間帯により左右されますので、一概に「太る」といった確定的な事は言えません。

太る原因は様々で、人それぞれの体質や生活習慣なども大きく関わっており、なにか1つ改善すれば太る事も避けられる可能性は出てきます。

しかし、朝ごはんは1日の中で1番大事な食事として今注目されており、宿泊施設等では朝ごはんを多くの人に食べてもらうために色々な工夫をしたり、カフェなどの飲食店でも朝ごはんタイムを始めるところも増えてきています。

朝ごはんを食べたら必ずしも太るというわけではありませんので、しっかりバランス良く朝ごはんを食べて、気持ちの良い1日を過ごしましょう。