厚底スリッポンが今人気の訳。オシャレで履きやすい靴

最終更新日:2016年6月8日

厚底スリッポンの購入を考えていたり、履いてみたいと思っていたりする女性は多いでしょう。

厚底スリッポンの人気には理由があります。

あなたも厚底スリッポンが支持される理由を知り、人気アイテムに挑戦してみましょう。

1.安定感がある

厚底スリッポンは履いていて、安定感があり、それが人気につながっています。

今までピンヒールやサンダルなどをよく履いていた女性は、厚底スリッポンの安定感に夢中になってしまうでしょう。

厚底スリッポンは、底が5~7㎝ほど高くなっていているのに、底全体が同じ高さなので、履いていて、ふらついたり、ヒールが折れたり、そんな女性の靴によくあるトラブルは起こりません。

また厚底スリッポンの中には、土踏まずを作るためのインソールを入れることもでき、つねに足にフィットした状態を保つことができます。

そのため、歩くときに、大股でも早歩きでも、靴が脱げてしまうことはありません。

そんな厚底スリッポンの安定感が人気の訳です。


2.スカートにもパンツにも合う

厚底スリッポンは、そのシンプルなデザインから、スカートにもパンツにも合わせられます。

特に、厚底スリッポン全体が同一色で、白や黒など地味な色をパンツに合わせている女性も多いですよね。

逆にスカートに合わせるときは、レース生地でできている物や、ボーダーや花柄などの可愛い柄入りの厚底スリッポンを選んでいる女性も多くなります。

このように厚底スリッポンといっても無地や柄物などで雰囲気がモード系から可愛らしいガーリー系まで幅広くあるので、スカートにもパンツにも合わせられます。

そのため、どんな女性にも人気が出ているのです。

3.靴下と合わせることができる

靴を素足で履いたり、ストッキングの上から履いたりするのに抵抗がある女性って結構いますよね。

厚底スリッポンは「靴は絶対に靴下の上から履きたい」と思っている女性に人気があります。

厚底スリッポンは、足首までの靴下やくるぶしソックスにとても合い、しかもそれがオシャレに見えるのです。

暑い日は汗をかきやすい女性や、足の臭いが気になってしまう女性にも靴下を履いて、オシャレに見えるのは嬉しいですよね。

無地の厚底スリッポンに、可愛らしい柄入りの靴下を合わせてみるのも遊び心があって、可愛く見えるのでオススメです。


4.足長効果がある

厚底スリッポンには、足長効果があり、履くだけで美脚に見えるというのも、人気の秘密です。

厚底スリッポンは、デザインがシンプルで足元をスッキリ見せます。

また厚底なので、足の長さを実際よりも長くしてくれ、美脚効果が得られるのです。

足長効果を狙うためには、厚底部分が7~8cmの物を選ぶと良いでしょう。

また厚底スリッポンの先端部分が、細身になっているものを選ぶのも、足が縦に長く見えます。

厚底スリッポンには、アンクルパンツやミディアム丈のスカートを合わせ、足首部分を出すようにすると、厚底スリッポンの美脚効果がさらに高まるので、オススメです。

5.スニーカーほどスポーティー過ぎない

紐のあるスニーカーはスポーティー過ぎて、仕事には履いていけない、と思っている女性も多いですよね。

けれど、厚底スリッポンは紐もついていないので、スニーカーほどスポーティーではないので、人気があります。

デザインによっては、仕事にも履いていけるエレガントでシックな物もあります。

上品に見えるスエード生地やレース生地を選び、色も薄ピンクやボルドールージュを選ぶと大人っぽい服装や、ジャケットにも合わせられます。

厚底の高さも4~5cmの物であれば、通勤靴としても使えるはずです。

新しい通勤靴として、厚底スリッポンを取り入れてみてはいかがでしょうか。


6.動きやすい

厚底スリッポンは、履いてみるとその履きやすさに感動してしまう女性が続出してしまいます。

厚底スリッポンは、紐を結ぶ手間もまったくなくすぐ履け、ヒールがないので階段や坂も歩きやすいのです。

また小走りや早歩きも問題なくできます。

そのため、子育て中の女性や、買い物で自転車に乗る女性、仕事が忙しい女性など、アクティブに動き回りたい女性にぴったりです。

他にも、立っている時間の長い、電車通勤にも足への負担を減らしてくれるので、活躍するはずです。

厚底スリッポンは、底全体を使って歩くことができるため、足も疲れにくく、長時間動き回る場合にもオススメです。

動きやすいとっておきの厚底スリッポンを見つけたいですね。

厚底スリッポンを履いてみよう

デザインの良さや足長に見える効果など、オシャレな女性に嬉しいことばかりです。

また疲れにくく、動きやすい靴は、アクティブで毎日忙しい女性にとっても理想的ですよね。

まだ厚底スリッポンを履いたことのないあなたも、厚底スリッポンでオシャレで快適な1日を過ごしましょう。