ベースメイクの手順とは。ベースメイクで土台を作ろう

最終更新日:2015年8月1日

女性にとっての身だしなみ、メイクアップ。

最近はティーンから男性までお顔のメイクアップをする時代ですよね。

メイクアップをすると心がうきうきします。

それくらいキレイにメイクアップ出来たときの心理的効果も大きいですし、人は第一印象でそのひとがどういった人物であるかということも判断されてしまいますからお顔の印象はとっても大切。

メイクアップの中でも一番大事であるのはやはりお化粧の土台であるベースメイクでしょう。

お顔の印象が良くなるベースメイクの手順をご紹介します。

1.お顔の汚れや角質をしっかり落とす

ベースメイクと聞くといきなり化粧水や下地クリームからぬっている人はいませんか?スッピンの状態だから化粧水から。

と思っている人もいるかと思いますが、まずはお顔についている汚れや角質をしっかりなくしてから次の工程に向かいましょう。

お顔には目に見えにくい汚れやほこりがついていますし、古くなって剥がれたい角質もついています。

ほこりや角質が残っているとファンデーションののりも悪くなりますし、お顔もくすんで見えてしまいます。

そこで、クレンジングクリームをお顔にのせ、手のひらでくるくるらせんを描くように顔の内側から外側へと手を動かします。

お顔全体をマッサージしながらクレンジングも行ってしまうというわけです。

目の輪割りは優しくなでます。

小鼻や顎、額などTゾーンは少ししっかりマッサージします。

軽くティッシュオフしてクレンジング剤と汚れを吸い付けます。

汚れや角質が取れます。


2.お顔の血流を良くしながらふき取りをする

クレンジングマッサージだけでもとってもお顔の血色は良くなりますが、ついたクレンジングを確実に落とす為にも、お顔の血流を浴する為にもお顔を温めながらふき取っていくと良いでしょう。

電子レンジでチンしたり、ゴム手袋をはめて熱いお湯にタオルを浸して絞ったりした温めたホットタオルをお顔に乗せて数秒まます。

額から顎先までお顔全体や細かい個所を拭いていきます。

暖かいので角質や汚れと一緒にクレンジング剤もしっかり落ちます。

そしてお顔の血色も良くなりますし透明感もでます。

さらに温めることでリラックス効果があるのでお疲れな時にはお化粧しながら心も休まりますので一石二鳥。


3.化粧水でお顔を冷やす

お肌に潤いを与えるために化粧水をぬります。

この化粧水は出来れば冷蔵庫などで冷やしてあったほうが、お顔の毛穴が引き締まり化粧崩れを防ぐことができます。

温めたあとの毛穴は開いていますので、しっかり冷やすことで毛穴がきゅっと引き締まり、若い女性のつるつるなキメの整ったお肌になります。

また、氷水にスプーンやステンレスのヘラなどを冷やしてそれを使ってペタペタお顔をたたいても効果があります。

温めたら冷やすのが鉄則です。


4.美容液やクリームを塗る

お肌の状態や季節の状態、過ごしている場所の状態に合わせて保湿効果のあるクリームや美容液を塗ります。

沢山塗っても効果が増すのではありませんのでパール粒くらいの量でOKです。

塗りすぎるとお顔がべたべたになりますし、毛穴が詰まりやすくなったり、ファンデーションの崩れる原因となりますので必要な量を使いましょう。

夏場はさっぱりしたジェルタイプもオススメです。

目元や口元のみ乾燥やしわなどが気になる方は部分使いしてください。

そしてしっかり薄く延ばすことです。


5.下地クリームを塗る

下地クリームはファンデーションののりやつきを良くするためのものです。

それにプラスして日焼け止め効果や保湿効果、顔色補正効果など最近はさまざまなタイプの下地クリームが出ていますから目的に合わせてチョイスして下さい。

お顔のくすみが気になる方はピンクやオレンジ色が付いた下地クリームがオススメです。

イエローベースの方はオレンジかコーラルピンクが良いでしょう。

夏場はやはり日焼け止め効果があるタイプがオススメ。

注意したいのはお肌につけて白くなりすぎない事です。

ワントーン明るくなるのは良いのですが白浮きしやすい日焼け止め下地が多いので買う時はしっかりお試し下さいね。

冬場は保湿成分が含まれているものを使うとお肌の油分と水分のバランスが保たれてお化粧が崩れにくくなります。

量は小豆粒くらいですから、下地も付けたらしっかり伸ばし、お顔だけでなく首筋まで伸ばしましょう。


6.ファンデーションを塗る

ファンデーションは夏場はパウダータイプがオススメです。

冬場は保湿力の高いクリームタイプを。

どの季節にもどのお肌のタイプでも会うのがリキッドファンデーションです。

お肌の皮脂膜成分と似ているので使いやすいです。

油分の多いファンデーションを使う場合はカバーしたいところを厚めに塗り、それ以外は伸ばして薄くしましょう。

部分的にシミやくすみが気になる個所はコンシーラーで部分補正を行った上からファンデーションを塗ります。

血色感を出す場合はクリームタイプのチークを頬に軽くポンポンと乗せてから仕上げのパウダーをはたきます。

仕上げのパウダーはラメが入っていたり少しピンク色がついていたり色々なタイプがあります。

崩れやすいところはノーマルタイプのお肌の色にあったものかルーセントタイプを。

頬の高い所や華やかにしたい場合はラメありも良いですね。

ラメはてかって見えやすいので鼻にのらないように気を付けましょう。

額もあまりのせないで下さい。

お顔全体を明るくしたい場合はピンク色やパープルの粉をはたいても良いですよ。

このようにしっかり肌の土台を作ってから下地クリームやファンデーションを塗ることで、美しいベースメイクが完成します。

お肌はお顔の中で一番広い面積を占める部分ですからベースメイク作りはとっても大事ですね。

ベースメイクがうまくいけばメイクアップの8割は成功したも同然。

その上に乗せるポイントメイクも映えますよ。