モテないのは歩き方のせい?美人に見える歩き方で女子力もダイエット効果もアップ!

ダイエット 自分磨き最終更新日:2015年5月31日
歩く女性

せっかく綺麗な顔立ちをしていてもファッションを決めていても、
歩き方がおかしいとどんなに美人といっても台無しになってしまいます。

逆にそんなに美人じゃないけれどモテる歩き方をすると美人に見えるし、
ぐっと色っぽく見えるという女性いますよね。

女性の曲線を強調する歩き方を身に付けることが重要で、
しかもあくまで自然にやることが大切です。

鏡の前で練習したり、会社や学校で実践してみることで身に付くことができますよ。

頭をブラさずにまっすぐを意識して歩く

綺麗な歩き方をする人は、頭がブレていません。

首を真っすぐに伸ばし、あごを引いて歩いています。
頭の上に本を乗せて落ちないような歩き方です。

実際に自宅で頭に本を乗せて本が落ちないように歩く練習をすると効果的です。
会社でのデスクワークが多かったり、勉強で前かがみになったりして、
猫背が習慣になる場合も多いものです。

しかし歩くときにそのような姿勢では男性から見て魅力的ではありませんし、モテません。

まず自分の肩幅が一番広くなるところまで胸を張ります。
そこから力を抜いて楽になる様に肩を落とします。

立ち方ですが、つま先をつけて立つとO脚が強調されてしまいますので、
つま先は少し開けて、むしろ逆ハの字で立つようすると魅力的です。

ファッションショーでモデルが立っているイメージです。

基本姿勢から綺麗に歩く

基本姿勢を保ちながら「かかと」から地面につけます。

もともと日本人は下駄などを履く習慣があったこともあってか、
つま先から着地しなければ歩くことが出来ませんでした。

しかしそれでは前から見ると脚が短く見えてしまいます。
かかとから足をつけ、膝は曲げずに前に出す。

このことで足が長く見えるのです。

お茶を習っている時必ずつま先から畳に着地しますが、
街を歩くときは全く逆にかかとから地面につけたほうが美人に見えます。

綺麗な歩き方のイメージとしては、体操の平均台の上の一本線上をかかとをおろしながら前進する形です。

どんなに脚が綺麗で、どんなに魅力的なハイヒールを履いていても、
ガニまたでガツガツ歩く女性はモテません。

また前に出す脚の膝がいつも曲がったままだと、
動物の様でなんだか変な感じがします。

そして歩幅は自分の身長の3分の1くらいにして歩くと魅力があります。
モデルのような気持ちになって、オーラを放って優雅に歩きます。

このような姿勢や歩き方、すなわち「正しい歩き方」は、
ダイエットや腰痛予防にも効果的なのです。

美人な歩き方をすることによって第一印象がよくなり、ダイエットにも効くとなると
それはもう実践あるのみですよね。

 

    「モテないのは歩き方のせい?美人に見える歩き方で女子力もダイエット効果もアップ!」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。