ブライダルフェアへ行く際に最適な女性の服装。脱ぎ着しやすい様な服にしよう

最終更新日:2016年2月21日

人生で最高の一日を迎える結婚式場。

あれこれ幸せな想像が膨らむブライダルフェア巡りは、ドキドキワクワクですよね。

しかしブライダルフェアへ行く際にはどういう服装をすればいいのでしょうか。

そこで今回は、彼にも式場スタッフにも好印象なコーディネートをご紹介します。

1.上着は濃い目の色合いがオススメ

実際の結婚式で提供される婚礼料理コースやデザートを試食できるフェアは、お祝いに来て下さるゲストを最高の美味しい料理でおもてなししたいというカップルに大人気です。

このときの服装は「濃い目の色合い」がオススメです。

試食とはいえ、ソースなどが跳ねて服にシミを作ってしまったらせっかくのドキドキワクワクのテンションもガタ落ちです。

残りのフェアが楽しめないばかりか、シミが気になってプランナーとの相談にも集中できませんよね。

そんな万が一を考慮して、汚れが目立ちにくいような紺色のワンピースや深緑のカーディガンなどが最適と言えるでしょう。

しかし、気にし過ぎるあまり、全身黒というコーディネートにならないよう気を付けましょう。


2.ドレス試着は脱ぎ着しやすい服

色とりどりのキラキラ輝くウェディングドレス試着は、小さい頃の憧れが叶う瞬間。

彼にもゲストにも「似合ってるよ」と言ってもらえる最高の一着に出会いたいですよね。

そんな試着付きのフェアに参加する際は、脱ぎ着しやすいように「なるべく薄着で行くこと」です。

ドレス試着と同時に、髪の毛も簡単にセットアップしてもらえることがあるので、前開きのブラウスにカーディガンという服装ならスムーズに試着が進むでしょう。

また、試着の際はブラジャーとショーツだけになることが多い為、それが気になる方はブライダル用の肌着やペチコートを持参すると式場スタッフにも好印象です。

更に、最近のデザインは肩が大きく開いたウェディングドレスが多いので、ブラジャーもストラップが外せるタイプのものを選ぶと、より美しく試着することができます。

寒いからと言って、何枚も重ね着していたり、飾りがたくさんついた脱ぎ着のしにくい服装は彼を待たせ過ぎてイライラさせるだけでなく、試着室を占領して他のカップルに迷惑を掛けてしまいます。

周囲にきちんと配慮することも、素敵な花嫁さんへの第一歩ですね。


3.足元はヒールの低いパンプスがベスト

ブライダルフェアでは、式場のさまざまな説明の為、ほとんど隅々と言っていいほど見て歩き回ります。

知らず知らずのうちに結構な距離を歩くので、ヒールが低く歩きやすいパンプスを選びましょう。

勿論、スニーカーでも構いませんが、格式あるホテル併設の式場の場合はドレスコードが存在することもありますので、フェア参加の前に式場へ問い合わせると安心です。

また、履き慣れてからとはいえ、ドレス試着の際に靴を脱いだら中敷きが真っ黒では大人の女性として恥ずかしいですよね。

事前に「汚れがひどくないか、かかとがすり減り過ぎていないか」を、きちんと確認して行くよう心掛けましょう。

冬場のブーツであれば、比較的脱ぎ履きのしやすいショートブーツがオススメです。


4.アクセサリーはなるべく控えめに

おしゃれしたい気持ちはわかりますが、ジャラジャラしたアクセサリーは失くす可能性だけでなく、会場のクロスや設備品に引っ掛けて、傷をつけてしまう事もあるので身に着けないほうが望ましいです。

ブライダルフェアでは、着飾った自分ではなく、ありのままをプランナーさんに伝える大切な場です。

背伸びをして式場に合わせるのではなく、二人の新しい門出に相応しい式場を見つけましょう。


5.持ち物は手帳とカメラ必携

1日に2~3施設のブライダルフェアに参加することも良くあります。

一生の記念となる式場。

チャペルなどの式場を含め、さまざまな演出まで吟味して比較したいですよね。

ここで活躍するのがカメラです。

例えば、親族控室や授乳室など式場パンフレットには載っていない細かな所までしっかり見学して写真を撮って、ご両親に意見を聞いてみると、円滑な結婚準備に繋がります。

また、日取りの決定に必要なのが手帳。

二人の記念日も重要ですが、結婚は家と家が繋がる大切な儀式という意味合いもありますので、事前に親族へ「法要などの日」を聞いておきましょう。

適切な服装でブライダルフェアに行こう

ブライダルフェアは、今までなんとなく曖昧だった結婚式イメージが具体的になる楽しいイベントです。

色の濃い上着、ヒールの低いパンプスなどセミフォーマルを意識すれば、服装で悩むことはありません。

大人の女性らしく落ち着いた上品な服装で、本番さながらの雰囲気を体験してみましょう。

人生最良の日を自分たちらしく迎えられる素敵な式場に巡り合えると良いですね。