ブライダルフェアへ女性同士で行くのはアリ!楽しく・現実的に結婚式を見てみよう

最終更新日:2017年4月1日

恋人と一緒でないと、ブライダルフェアは何だかいきにくいこともあります。

ただ、どうしても婚約者の都合がつかなかったり、女友達の意見も聞きたいということもあります。

女性二人でいくのもアリかどうかを知ることで、グッと行動の幅を広げることができるでしょう。

1.婚約者の都合がつかないなら友人と女性二人で行ってもいい

ブライダルフェアへ女性二人でいくのはアリか、それは状況によって変わってきます。

結婚する予定があり、早めに式場などを決めたいのに、婚約者が忙しくで一緒にいけないなら、友人と女性二人でいくのもアリと言えるでしょう。

結婚式というと、男性よりも女性の方がこだわりが強いということがあります。

本当は二人でブライダルフェアに参加して、結婚式場などを絞っていきたいところですが、男性は仕事を休んでまでブライダルフェアに付き合ってくれないこともあります。

そういう時、無理に誘ってしまうと、恋人や婚約者をイライラさせてしまい、結婚式場を選ぶどころではなくなってしまいます。

婚約者が忙しいようなら、ブライダルフェアなどは彼抜きで参加して、ある程度候補を絞っておく方がいいでしょう。

一人でいくのは、ちょっと勇気が入りますし、できれば他の人の意見も聞いてみたいところです。

そういう時には、友人を誘って、女性二人でブライダルフェアに行ってみましょう。

恋人と一緒では気が付かなかった、色々な点に気が付くはずです。

2.家族の了承を得たい場合は母親と二人でいくのもアリである

ブライダルフェアへ女性二人でいくのはアリかどうか、それは家族と一緒ならOKということもあります。

家族の了承を得たい時には、母親と二人で行ってみましょう。

「なかなかいいじゃないの」と、お墨付きをもらえて、良い結果になるかもしれませんね。

娘が結婚する時というのは、家族は嬉しい反面、どこか寂しさや不安を抱えていたりします。

娘と恋人でどんどん結婚式の準備を進められてしまうと、頼もしいと思うのと同時に、何だか娘が遠くに行ってしまうような気がしてしまいます。

そういう時、母親と一緒にブライダルフェアに行ってみましょう。

キレイなウェディングドレスを見たり、おいしそうなお料理を試食してみれば、母親もウキウキして楽しくなってくるでしょう。

そうすれば、家に帰って他の家族に「良かったよ」と伝えてくれるはずです。

結婚に向けてサポーターを増やしたい時には、母親と一緒に女性二人でブライダルフェアに行ってみましょう。

母親と女性二人で参加することで、母親世代の意見を聞くことができます。

親戚などにも「良いお式だったね」と言ってもらええるように、色々アドバイスをしてもらいましょう。

3.今後の参考にするのであれば同僚や知り合いと行ってもかまわない

ブライダルフェアへ女性同士でいくのはアリかと言われたら、今後の参考にするのであれば、同僚や知り合いなどと一緒にブライダルフェアにに行ってみるのは「アリ」です。

近々結婚する予定がなくても「いつかは私も」と、憧れの気持ちを抱くことができるでしょう。

具体的に○○月と決まっていなくても、何となく結婚したいなという気持ちになることがあります。

そういう時に、彼氏に「ブライダルフェアに行こうとは言いにくかったりします。

それなら、同僚や知り合いと一緒に気楽な気持ちでブライダルフェアを除いてみましょう。

結婚式の準備に対して色々なことが分かって「今度は彼と来てみよう」と思うはずです。

ブライダルフェアは、もうすでに結婚の予定が決まっている人しか行かないというわけではありません。

ブライダルフェアに行ったことで、結婚に向かって前向きになることもあります。

まずは女性同士で覗いてみて、それから彼を誘っても良いでしょう。

きっと「ここのブライダルフェアは〇〇なんだよ」という風に、オススメなポイントを彼に説明することができるでしょう。

4.「カップル限定」と指定がある場合は恋人といくようにする

ブライダルフェアへ女性同士でいくのはアリかどうか、それはそのブライダルフェアによって違ってきます。

もし行こうと思っているブライダルフェアが「カップル限定」という指定があるなら、女性同士でいくのはNGとなってしまいます。

色々なところでブライダルフェアを行っていますが、中には「カップルのみ」という指定があるフェアもあります。

そういう指定があるのなら、女性同士でいくことは控えましょう。

周りの人は皆カップルのはずですから、女性同士だと目立ってしまいますし、もしかしたら「カップルではない」ということで、そのブライダルフェアに参加できないかもしれません。

いくつかの条件がある場合は、その条件を満たして参加するようにしないとまずいものもあります。

自分が女性同士で行こうと思っているブライダルフェアは何か条件があるか、そこをチェックしてみるようにしましょう。

ブライダルフェアへ女性同士で行こう

ブライダルフェアへ女性同士でいくのはアリかと言われたら、たいていの場合は「アリ」なはずです。

女性同士でもっと気楽にフェアにいくことができれば、より多くの情報を得ることができて、結婚へ向けて弾みがつくでしょう。

「あ、これ良いな」と思ったら、恋人が忙しくて予定が入れられなくても、女性同士でどんどん参加してみましょう。

女性だけで行ってみるのも、違った視点でチェックできるので、意外とオススメです。