ブライダルフェアへ行くと質問されることとは

最終更新日:2017年4月4日

自分達だけの素敵な結婚式をするために欠かせないのが色々なブライダルフェアへ足を運ぶことです。

ここではブライダルフェアへいくと係の人に聞かれることについてご紹介します。

当日聞かれて困ってしまわないように事前に準備をしておきましょう。

1.日取りや招待客数、総予算

ブライダルフェアで係の人に聞かれることで一番多いのが、この日取りや招待客数、総予算です。

ここがしっかりと決まっていることで話がスムーズに進みます。

特に自分の理想に近いブライダルフェアに行った時はこの3つをできるだけ正確に答えるようにしましょう。

係の人が日取りや招待客数、総予算に合わせたベストの結婚式を提案してくれるので、実際の結婚式をイメージしやすくなります。

結婚式についてあまりよく知らなくて、とりあえず式を挙げることは決めているけれど、それ以外の事は全く決まっていないという時はそのことをきちんと伝えましょう。

係の方が色々と教えてくれます。

また、分からない事があれば恥ずかしがらずに聞くようにしましょう。

結婚式の日取りは、できるだけ半年から一年程度の余裕を持って決めるようにしましょう。

そうする事で本番直前に慌てること無く、かつしっかりと準備ができます。

総予算をスタッフに伝える事は特に大切です。

その予算内でできることを係の人が色々と提案してくれます。

その提案で納得できるかどうかが結婚式場を決める大きなポイントになります。

できるだけ総予算はしっかりと伝えるようにしましょう。

また、ブライダルフェアはたくさんあります。

ですので、総予算が決まる事で自分がいきたいブライダルフェアを絞ることができます。

ある程度結婚式の知識を得たらまずは総予算を決めるようにしましょう。

2.結婚式の種類

結婚式には様々な種類があります。

まずはキリスト挙式です。

チャペルで挙げる結婚式がこのキリスト挙式です。

とてもロマンチックな雰囲気で、ウエディングドレスとタキシードで神父に愛を誓い合う姿に憧れるという方は多いです。

キリスト挙式は、場所によってはキリスト教信者しかできない場所があるので注意しましょう。

ホテルの中にあるチャペルや結婚式場内にあるチャペルはキリスト教徒では無くても式を挙げることができますが、本格的な教会の場合は確認をしておくのがベターです。

分からない場合はブライダルフェアの係の人に聞いてみましょう。

神前式は、神社やホテル、結婚式場内の神殿で行われる日本の伝統を重視した結婚式です。

近年、この神前式が人気を集めています。

雅楽や三三九度といった奥ゆかしい、日本ならではの厳粛な雰囲気の中で幸せな挙式をすることができます。

自由な雰囲気で結婚式をしたいという方に人気が高いのが人前式です。

人前式は、来てくれた人に結婚を誓う挙式スタイルのことを言います。

人前式は、費用を大きく節約する事ができるのがメリットです。

ですので、できるだけ費用を抑えたい方に人気があります。

また、美術館や自分達の思い出の場所で行う等思い切り豪華に、そして自分達の趣味を取り入れることができるのも特徴です。

どれがいいか決まっている方は、そのことを係の人に伝えましょう。

どの形式の挙式にしようか全く決めていない方は、この3つそれぞれを見学して自分達が一番いいと思ったものを選ぶようにしましょう。

3.何を重視しているか

結婚式で大切なことは、何を重視するかです。

ウエディングドレスを重視する方や挙式の雰囲気を重視したい方、料理を重視したい方等何にこだわるかはカップルそれぞれ違います。

素敵な結婚式にするために、どれを重視したいかはハッキリと決めるようにしましょう。

そして重視していることを伝えることで係の人もプランを提案しやすくなります。

自分達が思いもよらない素敵なプランを提案してくれることもあるので、どうしても譲れない、そして重視したいことは抜かりなく伝えるようにしましょう。

4.絶対に譲れない部分は自分達から率先して伝える

係の人からは聞かれなかったけど、絶対に譲れない部分があるという方はそれをしっかりと伝えるようにしましょう。

受け身のままでは理想の結婚式にする事はできません。

結婚式は、一生に一回きりしかいない大切なイベントです。

でずので、絶対に後悔しないように自分達からも聞きたいことは遠慮無く係の人に聞くようにしましょう。

質問したいことはメモ等にまとめておくと、当日緊張して伝え忘れてしまうことを防げます。

ブライダルフェアへいくと質問されることがある

ブライダルフェアへいくと係の人に聞かれることについてご紹介しました。

ブライダルフェアにいく時はできるだけ日取りや招待客数、総予算の3つはしっかりと答えを準備しておくことをオススメします。

特に総予算は大切です。

その総予算内でできる一番いい結婚式を提案してくれるので、イメージを膨らませやすくなります。

他にも挙式の種類も考えておきましょう。

また、聞かれた事に答えるだけでなく、聞きたい事があれば遠慮無く係の人に聞く事も理想の結婚式にする大きなポイントです。