ブライダルフェアって何?ブライダルフェアに参加してみよう

最終更新日:2017年4月4日

女性ならきっと一度は夢見たことがある、ウェデイングドレスに袖を通して素敵な男性と2人でチャペルを歩む姿。

ブライダルフェアは、そんな夢を実際のものにするために、かなり参考になるイベントです。

結婚をすでに考えているとするならば、ぜひ参加してみることをオススメします。

ブライダルフェアとはどういうものか詳しくご紹介します。

1.ブライダルフェアでは、ウェデイングドレスの試着ができる

すべての式場が当てはまるわけではないですが、ほとんどのブライダルフェアではウェデイングドレスの試着会があります。

式場の方も、たくさんの方々が参加されるイベントなので、数も相当数のドレスを用意しています。

純白のウェデイングドレスはもちろんのこと、個性的なカラードレスも揃っています。

その時に一着に絞らなくても大丈夫です。

例えばプリンセスラインのドレスがいいのか、それともマーメイドラインなのかAラインなのか、自分に合うドレスのシルエットをイメージする参考にもなるでしょう。

結婚するパートナーや、親御様からもアドバイスをもらってもいいでしょう。

人が賑やかなブライダルフェアだからこそ、貪欲に試着して素敵な自分を見つけてみてください。

2.披露宴のお食事を試食できる

ブライダルフェアでは、披露宴の食事を展示してあるだけではなく、試食することもできます。

事前予約が必要な場合が多いですが、実際のお食事をフルコースで召しあがれるのはブライダルフェアならではの強みです。

お料理の見栄え、味、食べたときの気持ちなどは、写真だけでは分かりません。

披露宴に出席されるゲストの方々は、実はお食事を1番の楽しみにしているなんてことも言われます。

ゲストの顔ぶれを想像して、どういった年齢層にどんなお食事が満足していただけるか、考えるだけでも楽しいですね。

また、食品アレルギー対策やお子様料理の対応など、細やかな配慮も必要です。

実際にシェフやプランナーさんがイベントの最中にいると思うので、気軽に尋ねてみるといいでしょう。

3.模擬挙式で進行の様子を見ることができる

多くのブライダルフェアでは、模擬挙式というものを目玉としている式場が多いです。

模擬挙式とは、モデルさんが新郎新婦役となり、入場から退場まで一連の流れを演じてくれるものです。

ブライダルフェアの参加者はゲストが座る席に座ることとなり、ゲスト側からどのように新郎新婦が見えるのか、確認することができます。

新郎新婦様の目線と、ゲストの目線は異なります。

結婚式当日に新郎新婦様を目にする最初のシーンは挙式です。

チャペルの扉が開くシーンから、ウェデイングロードを歩いていくシーンなど、キレイに写真に収めてもらいたい場面はたくさんあります。

ゲスト側の目線にたって新郎新婦を見た場合、どのように映るのか確認できるブライダルフェアの模擬挙式。

ぜひ参加して見てください。

4.他のカップルの様子が見られる

ブライダルフェアではたくさんの方々が一同に参加します。

例えばまだ式場をどこにしようか決めかねている場合、他にこの式場に足を運んでいるカップルはどんな人がいるのか肌で感じることができます。

建物だけではわからず、意外と賑やかな雰囲気が満載の式場だったり、反対にとても閑静で落ち着いた雰囲気だったり、そこに集う人のタイプによっても会場の雰囲気は一変するものです。

新郎新婦のお二人のイメージする結婚式が、より具体的に形になるように、ブライダルフェアが開催されているのです。

5.親御さんにも会場の雰囲気を知ってもらえる

ブライダルフェアは、新郎新婦お二人で回るだけではありません。

中には地方から両家の親御さんがやって来て、新郎新婦と一緒に会場を歩いていく姿もあります。

ブライダルフェアという日でなければ、土日は結婚式があるためなかなかチャペルの中の雰囲気も見られなかったり、披露宴会場も開いていない場合がほとんどです。

でも、ブライダルフェアという華やかなイベントの日でしたら、会場もキレイにセットしてありますし、人も賑わっています。

親御さんが新郎新婦が希望する会場を一緒に見て回って、当日のイメージを膨らませ、安心していただくこともできる日です。

結婚式は新郎新婦だけのものではありません。

二つの家族が一つのご縁でつながる日でもありますので、親御さんにも参加してもらえる良いきっかけになるでしょう。

ブライダルフェアに参加してみよう

ブライダルフェアとはどういうものかご紹介しました。

ブライダルフェアには結婚式当日をより一層素敵で満足感溢れる日になるような、エッセンスがたくさん詰まっています。

これから式場を決める方、もう式場は決まっている方どちらにとっても、ぜひブライダルフェアのイベントは予定を空けて参加してもらいたいでしょう。