チーズの栄養って何が豊富なの?カルシウム補給に最適なチーズ

最終更新日:2016年8月17日

ナチュラルチーズの人気と共にチーズ専門店を目にすることも多くなりましたね。

しかし、ヨーロッパに住む人達と比べると日本人のチーズ摂取量は10分の1ほどです。

古くから「神から授かった最高の食べ物」といわれるくらい栄養が含まれているチーズ。

そこで、今回はチーズが持つ栄養をご紹介します。

1.栄養が凝縮されているチーズ

チーズは牛乳から水分を取り除き約10分の1に固めたもので、栄養成分が凝縮されています。

人間の体に必要なたんぱく質脂肪ミネラルビタミンがバランス良く含まれています。

チーズに足りない物といえばビタミンCと食物繊維です。

レーズンなどのフルーツと一緒にチーズを楽しむと、足りない栄養素もプラスされ、バランス良く栄養を摂れます。

オススメなのがカマンベールチーズとリンゴです。

チーズの塩気とリンゴの甘味が程よく、チーズのクセが少なくなり食べやすくなりますよ。


2.体に必要なアミノ酸をバランス良く含む

たんぱく質を形成しているアミノ酸20種類のうち9種類は体内で作ることができません。

その9種類は必須アミノ酸といわれ、食べ物から摂る必要があります。

体の中に入ったたんぱく質は消化酵素の働きによってアミノ酸に分解されます。

その後、小腸で吸収されて体を作る材料になります。

体を作っている細胞の一部は毎日分解されているので、食事からたんぱく質を摂り新しい細胞を作る材料が必要となります。

チーズは必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。

納豆などの植物性たんぱく質と比べると消化吸収率が良く、効率良くたんぱく質を吸収できます。

「食品のたんぱく質消化吸収率」(「文部科学省.資源調査会資料」「栄養と食糧」より)
牛乳98%
チーズ98%
鶏卵98%
肉類98%
アジ98%
小麦粉96%
豆腐95%
納豆91%
精白米88%


3.カルシウム補給に最適

牛乳や乳製品のカルシウム吸収率は40%で、小魚が33%、野菜が19%ですので、効率良く摂ることができます。

カルシウムは骨や歯を強くする他に血液凝固や筋肉の収縮などにも関わっていて、体内で重要な働きをしているミネラルです。

平成25年の国民健康栄養調査結果(厚生労働省)では、カルシウムの平均摂取量(男女合わせたもの)は504mgでした。

厚生労働省が定めている1日に必要なカルシウムの量は700mgですので不足しています。

これほど食生活が豊かになった今もカルシウム摂取量は不足しているのですね。

スーパーでよく見かける6切れ入ったプロセスチーズ18g(1切れ)にはカルシウムが103mg含まれています。

プロセスチーズ1切れで不足分の半分を摂取できるのでカルシウム補給に最適です。


4.美肌効果のあるビタミンを含んでいる

チーズには代謝に関係するビタミンAビタミンB2を多く含んでいます。

ビタミンAは眼の働きを正常に保ち、皮膚や粘膜の働きを良くします。

ビタミンB2はエネルギー代謝やたんぱく質の合成に関わり、皮膚や粘膜を作る時に大切な働きをします。

ビタミンB2が不足するとなりやすいのが口内炎。

口内炎ができるとサプリメントや栄養ドリンクを摂る人も多いのではないでしょうか。

サプリメントの替わりにチーズを食べてビタミンを補うこともできます。


5.チーズを食べても太りにくい

チーズは脂肪が多い食品のイメージがあるのではないでしょうか。

確かに栄養成分としては脂肪が多く含まれます。

しかし、この脂肪はチーズを作る時の酵素によって細かくなっているので、体の中で早く分解されます。

よほど食べ過ぎてしまわない限り、チーズの脂肪分が体についてしまう心配はありません。


6.チーズの種類を知って栄養を摂り入れよう

材料や製法によってたくさんの種類があるチーズ。

それぞれ種類によって食感風味色栄養成分が異なります。

例えば、ハード系のパルメザンチーズはたんぱく質やカルシウムが多く含まれますが、塩分が多く含まれます。

水分の多いカッテージチーズのカロリーは低いですが、たんぱく質やビタミンAは少なくなります。

プロセスチーズはいくつかのナチュラルチーズを原料にして作られているので、バランスのとれた栄養成分になっています。

好みのチーズを探しながら、チーズの知識を増やして栄養を摂り入れるのも楽しいですね。

チーズで手軽に栄養を

バランス良く栄養が凝縮されて、アミノ酸やカルシウム吸収率の高いチーズ。

食事から摂るだけでなく、おやつやお酒のおつまみにもなり、手軽に食べられる食品です。

体の代謝を助けて、美肌効果もあり女性に嬉しい栄養を含んでいます。

また、日本人に不足しがちな栄養を補えるので、食事のバランスが偏ってしまった時などに、意識して摂ると栄養不足の解消につながります。

いろいろな食品と組み合わせて、チーズを取り入れていきたいですね。