彼女に貯金額を教えない彼氏の理由や心理とは

最終更新日:2017年5月31日

付き合っているカップルで相手の貯金額を知っている人もいれば、絶対に教えてくれない人もいます。

結婚を意識すれば貯金額を知っておくことは大切ですが、男性によっては女性に貯金額を教えたがらない人も多くなります。

そこで男性が彼女に貯金額を教えない理由についてご紹介します。

1.自分のお金だから教える必要はない

男性が彼女に貯金額を教えない理由としては、自分の貯金なので女性に教える必要はないと思っているからです。

自分が必死で働いて稼いだお金を貯金しているので、自分の貯金は自分の物だという意識を強く持っています。

こういった考えの男性は、結婚しても生活費を妻に渡して、残りは自分のお金として貯金しているタイプが多いです。

結婚しても自分の貯金は自分で使うという考え方なので、誰にも教えたくないという気持ちが強くあります。

もしも人に貯金額を教えてしまえば、自分のお金を頼りにされることを嫌います。

あくまでも自分の貯金は自分のために使うお金なので、人に貸したりすることを嫌っているので、誰にもあてにされたくないと思って話さないのです。

2.貯金をあてにされたくない

自分がもしも貯金額を女性に教えてしまった時に、女性からあてにされることを嫌っているので貯金額を教えたくないと思っています。

男性は女性のおごったりするこも多いですが、お金を持っている男性と一緒にいれば尚更おごってもらいたいと思うものです。

男性がかなりの貯金を持っていると分かれば、お金目当てで近寄ってきたりあてにされることも多くなるでしょう。

しかし貯金が好きな男性は女性におごるのはムダだと考えているので、女性におごって口説くよりも、貯金をした方がいいと考えています。

お金は人を裏切らないとは言いますが、過去に女性に裏切られた経験があるので、女性にお金を使うよりも貯金をした方がいいと思っているのかもいしれません。

女性に貯金額を言わないのは、自分の貯金をあてにされたくないという気持ちの表れです。

3.教えるほど深い関係ではない

男性が彼女に貯金額を教えないのは、そこまでまだ深い関係になってはいないと考えているのかもしれません。

例え付き合っているカップルだったとしても、相手の貯金額までは聞くことは普通ありません。

お互いが好き同士で付き合っているので、相手の貯金など気にならないでしょう。

もしも貯金額が気になるようになってきたのであれば、将来結婚を意識するようになったので、貯金があるか気になっているのかもしれません。

男性にとっては付き合っている段階では、まだそれほど深い関係になっているとは思っていないのかもしれません。

男性から貯金額を教えてくれることがあれば、将来のことを考えている可能性が高いと言ってもいいでしょう。

そのため男性としてはまだ貯金額を教えるほど不快関係ではないと思っているので、男性からは貯金額を教えようとしないのです。

4.結婚をまったく意識していないから

男性が貯金額を女性の教えないのは、結婚をまったく意識していないからかもしれません。

女性からすると付き合っている年数が長くなるほど、そろそろ結婚しても良いと思うようになります。

しかし男性の中にはなかなか結婚に踏み切れないという人も多く、結婚をする気もないのに付き合っている人もいます。

将来結婚する気があれば自分の貯金額を教えることもできますが、そもそも結婚する気がないので女性に貯金額を教える必要もないと思っています。

結婚するのは付き合った年数ではありませんが、男性が付き合っているのになかなか結婚を決意できないので、貯金額を教えてもいいか悩んでいることも考えられます。

まだ結婚する気がないのに貯金額を教えてしまったら、女性をその気にさせてしまうので、男性が貯金額を教えても良いと思っていても教えられないのです。

5.貯金額を伝えてガッカリされたくない

男性が女性の貯金額を教えたくないのは、貯金額を教えてガッカリされたくないからです。

男性が女性よりもたくさん稼いでいた時代は終わりを告げ、女性も社会に出てしっかり働くようになりました。

給料は昔に比べても下がっている傾向にあったので、なかなか貯金をしたくてもできない男性は多いでしょう。

女性は自分のことにお金を使うことが多いですが、貯金をしようと思えば節約することもできます。

男性は女性を口説くためにお金を使ったり、おごったりすることも多いので、なかなか貯金にまでお金が回らないという人も多いでしょう。

そのため男性はなかなか貯金ができない人も多く、女性と同じくらいの年収で比べると、女性の方が貯金額が多いこともよくあります。

そのため男性は貯金額に自信が持てないので、女性に自分の貯金額を教えてガッカリされたくないと思って教えたくないのです。

貯金額を教えない彼氏の心理を知ろう

男性が結婚を意識するようになれば、自分の貯金額を女性に教える人も多くなります。

そのためどんなに長く付き合っていても、貯金額を教えてくれない男性ならば、結婚を意識していないことが考えられます。

将来を考えられる女性でなければ貯金額を教えることはないので、男性が結婚を考えているかを知ることに繋がるかもしれません。