クリスマスにオススメな短期バイト5つ

最終更新日:2015年11月29日

クリスマスにちょっとだけバイトしてお小遣いを稼ぎたいというかたもいるかと思います。

こういう時期はバイトの需要が多くなり、クリスマスだけの為でなく、年末年始に向けてのバイトでもクリスマス時期から働いてほしいというところもあります。

今回はそんなクリスマスにできる短期バイトについてご紹介します。

1.クリスマスケーキの工場バイト

クリスマスの短期間バイトの定番と言えば、クリスマスケーキの製造元や販売店などです。

クリスマス前から募集はおこなっていますが、販売の場合は24日、25日は大詰めとなり、多忙の為たくさんの募集人数になります。

また、製造では時間割も募集要項に記載されており、時間は深夜までの4パターン区切りなどがあり、どの時間帯でも選べるような内容になっているところもあります。

もちろん、夜遅くや早朝はそれだけ賃金単価も高く、連日のように出れば結構なバイト代となります。

また、こういった販売元では、その他のスイーツも取り扱っているのでそちらでもクリスマス商品を製造していれば、バイトも可能であり、最終日にケーキやスイーツを持たせてくれる良心的なところもあります。

甘いものが好きなかたは楽しく働けるでしょう。


2.デパートなどの特設会場バイト

デパートなどの特設会場では、クリスマス商品のプレゼント用の包装や出荷手続きをおこなう為、短期間のバイトを募集します。

これはイベント時期には必ずおこなわれていて、お歳暮やお中元、バレンタインデーなどにも特設会場を設けて、短期間、数時間のバイトを募集します。

包装をおこなった事がなくても、元々働いているデパートの先輩方が親切に梱包の仕方や、包装紙の包み方などを教えてくれますので安心です。

デパートなどは、深夜になったり、早朝になったりという事はほとんどないので、そういった点でも働きやすいでしょう。

3.クリスマスからお正月に向けての商品出荷バイト

クリスマスだからといってクリスマス関連の短気バイト募集ばかりではありません。

クリスマスといえば12月24日・25日。

世間では年末に向けて色々準備が始まっています。

しめ縄や門松、お鏡餅など、そういった商品が売れるのもこの時期。

つまり、そういう商品を販売や製造しているところは繁盛期なので、バイトの募集がかかります。

技術的な事はベテランさんがこなしていくので、バイトとしては箱詰め作業など、軽微なものになりますので賃金の単価は多少低めではありますが、クリスマスから年末にかけて働けるので、クリスマスだけというところより稼ぐ事はできます。


4.ファストフード店でのバイト

一昔前までは、クリスマスといえばケーキという概念で、ケーキ関連のみが多忙といったイメージがありました。

しかし昨今ではコンビニでもスイーツも豊富に揃えるようになり、ファストフード店でもチキン系を販売しているところなどは、クリスマスチキンという特別なものを販売するようになりました。

特に有名なのはケンタッキーですが、ケンタッキーはこの時期、凄く忙しく、チキン専門でやってきているだけあって、それに向けての予約量も膨大です。

また、モスバーガーなどでも普段、チキンを販売していますが、クリスマスになるとセットで販売されます。

こういったファストフード店は、気軽に働きやすいのも魅力で、それに加えて、予約されている商品を用意するだけ、そして品物も限られているのでお手軽にバイトができます。

5.クリスマスディナー扱い店舗でのバイト

ちょっとした創作レストランや居酒屋でもクリスマスディナープランという特別なプランを打ち出すお店も増えてきました。

クリスマスディナーと言えば、高級なお店などのイメージが強かったですが、今の時代は創作居酒屋などちょっとしたオシャレなところでもプランを出しているところがあります。

そういったお店は、高級すぎないお店なので、基本的なマナーがあれば気軽にバイトができます。

そして、プランになっているので、料理はコースで決められているため、粗相する事なく順番に提供するだけなので安心です。

また、料理の勉強にもなりますので、マナーや接客などの知識も身につきます。

クリスマスはバイトをしよう

一昔前の事を考えると、クリスマス時期に繁盛するお店のジャンルも多種多様になってきていて、この時期だけの短期バイトも数多く出てくるようになったでしょう。

経験がなくてもある程度の常識とマナーさえあれば誰でもできる仕事が多く、需要も多いので掛け持ちする事も可能でしょう。

また、クリスマスからのバイトでも年末や年始まで働けるところもあり、メインの2日間より少し多く稼ぐとこもできます。

どのバイトでも必ず先輩方やベテランさんはいますので、指示に従いこなせばできるものばかりですので、色々チャレンジしてみてはいかがでしょうか?基本的には早朝や深夜は賃金単価は高めですので、そういった内容も選ぶポイントとなります。