男性がデートをドタキャンする理由。すっぽかす心理を知ろう

最終更新日:2016年2月23日

デートの約束をしていたのに、男性がデートをドタキャンした時には、女性がデートをドタキャンするのとは少し違った理由があります。

男性がデートをドタキャンした時には、どういった心理が隠されているのでしょうか。

1.急な仕事が入った

男性は縦社会の中で仕事をしていることが多いです。

会社の中での上下関係などもしっかりしていますし、仕事が何よりも大事だと思っている人もいます。

仕事に対しても責任感が強いので、自分の休日や予定が入っていたとしても、仕事の責任を果たすべく予定をキャンセルして仕事をする男性もいるようです。

女性の中にはこの男性の心理は理解できない人もいるかもしれませんが、競争社会の中において、一度でもあいつは仕事に責任を持っていないと思われれば、出世に影響することも考えられます。

常に走り続けなければならないので、自分の予定をキャンセルしてでも仕事をやろうとする責任感から、デートをドタキャンしてしまうということもあります。


2.お金がない

女性の中には未だに男性がデートでお金を払うのが当たり前だと考えている人も多いですし、男性も自分が払って当たり前だと考えている人もいます。

男性がデートでお金を払うのが当たり前なので、大体どれくらいデートでお金が必要か考えます。

今日のデートプランによって金額が変わりますし、お財布事情によっても行く場所が変わってきます。

デートではその親密度によってもデート内容が変わってきます。

まだ浅い関係ならば自分をよく見せようと思って、少し金額のはるデートプランを立てるかもしれません。

しかしお金が無ければどんなデートプランも考えられませんし、お金がないから家デートをしようと言っても変に勘ぐられてしまって逆効果になってしまいます。

女性がどういう性格かにもよりますが、お金がかかりそうな女性に場合には、お金がなければデートを諦めてドタキャンをしてしまうかもしれません。

3.ストレスが溜まっている

男性はストレスが溜まってくると、お酒やギャンブルで発散することが多いですが、女性の行動や言動でもストレスを感じてしまうことがあります。

女子トークでは男性に聞かせることができない言葉遣いや言動などもありますが、男性はつねに理想の女性像を持っているものです。

女性には優しくされたかったり、応援してもらいたいと思っています。

甘えたいとも思っているかもしれませんが、女性の言動や行動が理想とギャップがあるほどストレスを感じてしまいます男子は仕事ではかなりのストレスを感じているでしょう。

それなのにプライベートでも女性にきつくあたられたり、言葉遣いがキツカッたりすればだんだんと気持ちも冷めてくるかもしれません。

デートでは2人で楽しみたいと思っていても、仕事かもしくは彼女に対してストレスを感じているので、デートをドタキャンしたいと思ってしまいます。


4.他の用事ができた

彼女とのデートをドタキャンしてまでする用事とはどういったものがあるのでしょうか。

用事といっても千差万別ですし、本当に大事な用事ももちろんあるでしょう。

デートをしている途中にできる用事もありますが、女性がそんなことは許すはずもありません。

デートはデートですし、彼女以上に大事な用事ってなにと聞かれたら困るので、初めからデートをドタキャンしてまで用事をしようと考えます。

デートをする時は自分の休みの日なので、もしかしたら彼女以外の人とデートを約束しているかもしれません。

こればかりは見抜くこともできませんが、男性はいろいろな人に目が行ってしまう時期もあるので、しっかりと手綱を握っていましょう。

5.脈が無いと判断した

デートをすれば普通は脈ありと判断します。

もちろん初めてのデートの時はお互いが相手の様子などをチェックしますし、自分に相性が合っているかどうかも見ているかもしれません。

男性も自分にとって理想に近い存在か、または自分が付き合いたいと思えるかを見ているでしょう。

しかし何回かデートをした時に、だんだんと彼女の仕草や行動に違和感を感じるようになってきたのかもしれません。

女性は友達が多いのでよくデート中でもスマホをいじったりしますし、マイペースなので男性がそのペースについていけないこともあります。

スマホをいじっていれば男性はだんだんと飽きてきているのだと判断します。

会社では上司の目を伺い、プライベートでは女性の目を伺っていればストレスが溜まってしまいます。

女性からすると急なドタキャンだと思われますが、男性からすると積もりに積もったのでドタキャンしてしまったと考えられます。

デートをドタキャンする理由を知ろう

男性には男性の社会のルールがあるので、ストレスが溜まってしまうこともありますし、女性に対してもストレスを感じてしまうとデートをドタキャンしてしまう時もあります。

デートのドタキャンはよほどの理由がなければしませんが、責任感の強い男性は仕事や用事などを優先してしまうこともあります。

デートをドタキャンされたとしても怒るだけではなく、男性の理由をしっかりと聞いてあげることも大切です。