男性が女性を目で追う心理。なぜ女性を目で追うのか

最終更新日:2015年8月9日

男性とつきあった経験のある人の多くは、「私とデート中なのに、なぜ彼氏はほかの女性を目で追うの?」と憤慨したことがあるのではないでしょうか。

男性のほとんどは、そのように街で見かけた女性の姿を目で追うものです。

もちろん、街中に限りません。

職場でも学校でも、男性はしょっちゅう女性を目で追っています。

女性には理解しがたいその行動に隠されている心理についてご紹介します。

1.美しさに心奪われている

最初に紹介する心理は「美しいものに対する憧れ」です。

これは女性にもじゅうぶん理解できる心理でしょう。

女性も、街で素敵な人、美しい人を見かければ、無意識のうちについその人を目で追ってしまうということがあるでしょう。

それは、性別を問わず、人間の自然な心理です。

ですから、対象が女性でなくても、美しいものを見かければ、男性はその対象物を目で追います。

例えば、彼氏がかっこいい車に目を奪われているのを見た経験のある人は少なくないはず。

そこにある心理は「車に対する憧れ」なわけです。

美しい女性に対しても同じ心理が働きます。

ただし、女性は異性だけでなく、美しい同性に対しても美的関心を持ちますが、男性はほとんど持ちません。

つまり、男性は美しい男性に憧れるということがほとんどないのです。

これが女性と男性の大きな性差の一つと言っていいでしょう。


2.セクシャルな関心を持っている

前項は純粋な美への憧憬という心理でしたが、それとはちがうセクシャルな動機もあります。

男性はよく「ハンター」に例えられます。

つねに獲物を狙い、すきあらば手に入れようとする狩猟者の一面が、たしかに多くの男性にあります。

特に肉食系と呼ばれる男性にはその傾向が強いと考えていいでしょう。

彼らは、たとえ交際中の彼女といっしょにいるときでも、本能的にほかの女性に関心を示します。

女性にしてみれば失礼な話で、ときには「自分にはもう関心がなくなったのでは?」と不安になることもあるはず。

しかしほとんどの場合、彼氏の中に深い心理が隠されているわけではありません。

ただ、男性としての本能で、タイプの女性を目でハントしているだけです。

ただしそこにははっきりした性的意味合いがありますから、意識するしないにかかわらず「あわよくば」という気持ちがあることは否めません。

それだけ男性は浮気性にできているという言い方もできるでしょう。

女性も見知らぬ異性にセクシャルな視線を送ることはあります。

しかし、男性と比べれば、その頻度はごく小さいですし、セクシャルな意味合いもそれほど強くはありません。

男性の場合は、頻度だけでなく、その性的意味合いも女性よりずっと強いものです。


3.つきあいたいと思っている

セクシャルな意味合いと同時に、明確な「品定め」という心理が働くこともあります。

これは、原則的に彼女のいない男性が抱く心理です。

つまり、ステディな彼女がいない男性が街中や職場、学校などで女性を見たとき、「彼女とつきあいたい」という心理が少しでも働くと、自然にその行動を目で追ってしまうものです。

特に職場など、すでに一定の人間関係ができているシーンで、特定の女性の行動をしばしば目で追うという男性には、この「つきあいたい」という心理が強く働いていると考えていいでしょう。

「あの女性とつきあったら、どんなに幸せだろう」という気持ちが、その視線には隠されています。

当然そこにはセクシャルな意味が強く含まれていますが、それだけでなく、交際に関する憧れも存在しています。

ですから、「彼女とつきあったらこんなデートをしたい、こんなところに行きたい」といった具体的な想像が働いているケースが少なくありません。

その男性は女性を目で追いながら、想像の世界を楽しんでいるのです。


4.単なる人間観察

これまでとはまったく違う心理、違う理由もあります。

男女を問わず、「人間観察」を趣味の一つにしている人は少なくないでしょう。

職場でも学校でも、あるいは街中や電車の中でも、ほかの人の行動を観察するのはたしかに楽しいもの。

電車の中などでは、かっこうの暇つぶしにもなります。

男性の中には、そうした人間観察として、特定の女性を目で追う人も少なくありません。

特にその女性がかわった服を着ていたり、おかしな化粧をしていたり、ユニークな歩き方をしているような場合に、それを観察したいという心理と抱くものです。


5.単なるクセ

ただのクセで、つい女性を目で追ってしまうという男性も少なくありません。

なぜそれがクセになっているのか。

それは思春期のセクシャルな動機による女性観察からです。

男性は思春期になると、女性に対してきわめて強い性的な関心を持つようになり、それが「女性を目で追う」という行動を生みます。

思春期のある時期は、その行動の頻度が極度に高くなり、いつのまにか「クセ」になってしまうのです。

大人になって、特別セクシャルな動機がなくても女性を目で追うのは、そのときのクセが抜けないからです。

「男性特有の哀しい習慣」と評することもできるでしょう。

男性が女性を目で追う行動は本能的な部分

女性の行動や動作を目で追う男性の心理について、5つのケースを紹介しました。

女性にも当てはまる心理もありますが、多くは男性特有の心理です。

単なる男性の本能だと思い、気にしないことが一番の対策です。