電動シェーバーの選び方。どのシェーバーが一番良いの?

最終更新日:2015年8月24日

眉毛や顔の産毛、腕や脚のムダ毛など、女性には処理をする部分がたくさんあります。

そんな時に役立つ電動シェーバー。

脱毛サロンでもお手入れ前に使われています。

ですが、家電量販店などで販売されているのを見かけるものの、色々種類が有りすぎて、どれが良いのかわからないですよね。

今回はそんな電動シェーバーの選び方をご紹介します。

1.機能で選ぶ

電動シェーバーは、眉毛専用のものとその他産毛にも使えるシェーバーと、細かい部分までお手入れができる替刃がついているものと種類が色々あります。

オールマイティに使いたいのであれば、細かい部分までお手入れが可能な替刃がついているものを選ぶと良いです。

その場合、眉毛の長さも調整できる型が2パターンセットでついてくるものもあり、お得です。


2.替刃は別途販売されているか

有名メーカーが販売している電動シェーバーであれば、別売で替刃が販売されていますが、あまり聞いた事のないメーカーのものですと、替刃が販売されていない場合もあります。

販売されていてもネットでしか販売していない等があるので、まず気になる電動シェーバーがあれば替刃が販売されているか確認をしましょう。

電動シェーバーの置いてあるコーナーに替刃販売コーナーは必ずありますので、メーカーやサイズも確認しましょう。

3.価格の比較

こういった商品を購入する際、真っ先に家電量販店を思い浮かべる人も多いかと思いますが、雑貨店やコスメを販売しているお店などにも置いてある場合があり、家電量販店より安価な事もあります。

ですが、圧倒的に種類を揃えているのは家電量販店となりますので、気になる電動シェーバーがある時は家電量販店以外のお店を1度視察してみて、同じものが販売されていないか、販売されていたら価格はどっちが安いのかを比較してみて購入する事をオススメします。


4.刃の形状

電動シェーバーは基本はマイナスカミソリと同じ形状です。

電動シェーバーのカミソリの刃自体は、切り傷防止の刃を使用していてそれを電動で高速に動かしてカットする仕組み。

形状によっては、刃の動きが一方からしか見えないものもあるので、その場合は処理する際に、毛並みと逆らいながらキレイに剃りきれない方向が出てきます。

電動シェーバーの梱包はだいたい透明なカバーで表面から確認できるようにされていますので、刃の部分など確認ができます。

5.防水にするか否か

ビキニラインや腕・脚などに使える電動シェーバーですが、こちらのタイプはだいたい防水になっている事がほとんど。

お風呂場でできるので重宝します。

もちろん電池式ですが、電池を収納する部分はかなりの密閉力があり、本体もシリコン素材のようなタイプですので濡れても安心して使う事ができます。

但し、湯船の中に沈めて使ったりとかはできせん。

あくまで軽い防水といったところですので、シャワー程度であれば大丈夫という事です。

また使用後は念のため、水気は拭き取り乾燥させる事をオススメします。


6.使いやすさ

電動シェーバーは、持つ部分の形なども様々です。

だいたいは丸みがあり、握りやすくなっています。

ですがその持つ部分のスイッチの位置や電源のON・OFFのやり方、キャップの開閉など、毎日使うなら尚更気になる部分ではあります。

例えば、丁度握る部分にプッシュ式のスイッチがあったら、使っているうちに握る部分には自然と力が入る時があるので、そのせいでOFFになってしまったりします。

キャップ1つでも開閉が緩いものだとポーチの中などでキャップが外れてしまったり、硬すぎても開ける時に力を入れすぎて壊れてしまう可能性もあります。

そういった部分も見比べてみると良いでしょう。

電動シェーバーは1、000円~程度で販売されていて、お手軽に自己処理もでき、普通のカミソリを使うより肌を傷つける事もなくキレイに剃れますし、なによりコンパクト。

普通のカミソリで自己処理をした場合は皮膚まで一緒に削ってしまっています。

ですが電動シェーバーで処理をすれば歯自体も鋭くなく、深剃りの心配も肌をウッカリ切ってしまう事もない優れものです。

しかし、選ぶものによっては剃りづらかったり扱いづらいものもあります。

その点は外見でおおよそ判断はできるので、よく見て購入する事が大事です。

自分にベストな電動シェーバーを選ぼう

デザインは、使用や購入するのが圧倒的に多い女性目線のデザインとなっていて、ポーチに入れていても恥ずかしくないものが多いので然程重要視する点ではありません。

またパッケージには説明書きもされていますので、商品のキャッチコピーより説明書きをよく読んで、どの部分に使えるのか、附属品はあるのかなどを確認もしましょう。

身だしなみとしてムダ毛・産毛・眉毛のカットや調整が全てできるものがベストです。

それ1本あれば重宝しますので家電量販店や雑貨店などで1度色々検証してみてはいかがでしょうか。