液体洗剤と粉末洗剤はどう違うの?メリット・デメリットをまとめてみた

最終更新日:2016年7月11日

毎日の生活で欠かせないのが洗濯ですよね。

洗濯の時に皆さんが使用する洗剤は、粉末洗剤よりも液体洗剤の方が多いんじゃないですか?スーパーやドラッグストアなどに並んでいる洗剤も、今では大半が液体洗剤ですよね。

ですが、液体洗剤と粉末洗剤では違った特徴があります。

そこで皆さんに2つの洗剤のメリットやデメリットをご紹介します。

1.液体洗剤は使い勝手がよくて無駄が少ない

液体洗剤のメリットは、液体であるため水に混ざりやすいことです。

粉末洗剤と違って洗剤が溶けきらずに残ったりせず、均等に溶けて衣類に浸透することで、洗剤の洗浄力を充分に活かすことが出来ます。

水の冷たい冬などは粉末が溶けにくいですが、液体洗剤なら季節に関係なく同じように使用できます。

また、使用する際に分量がはかりやすかったり、万が一こぼしても掃除が簡単であることなど、使い勝手の良さが液体洗剤の魅力です。

液体洗剤はすすぎが1回で済む製品が多いため手軽に洗濯することができて、時間短縮や水の節約になって無駄が少なく済むことも、液体洗剤が広く普及した大きな理由なんです。


2.液体洗剤は皮脂汚れに強くて防臭効果がある

液体洗剤は粉末洗剤よりも皮脂汚れを落とす力が高いことが特徴です。

主成分である界面活性剤は、本来は水と混ざらない油分を水に溶けこませる性質をもっています。

そのため、界面活性剤の働きによって皮脂汚れを包み込み分解することが出来るので、本来なら水に溶けない油汚れもキレイに落とせます。

さらに、液体洗剤は嫌なニオイの原因になる菌の繁殖を抑える抗菌防臭効果を持っているので部屋干しに向いています。


3.液体洗剤の方が値段が高く、持ち帰りにくい

液体洗剤は粉末洗剤と比較して割高で販売されています。

液体洗剤はパッケージの形状が様々なので、効率よくダンボールに詰めて運送できないことや、容器を合わせた製品の重量が粉末洗剤よりも重いことで、運送コストが高くなることが理由です。

また、重い製品が多いことで買い物のときに女性の負担が大きいことも問題です。


4.液体洗剤のほうが洗浄力は低い

液体洗剤の洗浄力は、粉末洗剤よりも劣ります。

液体洗剤の多くは中性や弱酸性ですが、衣類についた汚れの多くは酸性であるため、アルカリ性洗剤のほうが汚れが落ちやすくなります。

しかし、液体洗剤の中にアルカリ剤を入れると、液体がジェル状に変化して使い勝手が悪くなるために、ほとんどアルカリ剤を使うことができません。

そのため、泥の汚れや頑固なシミなどを落とす力は粉末洗剤よりも低いんです。


5.粉末洗剤は高い洗浄力と消臭効果がある

粉末洗剤がもつ最大のメリットは、液体洗剤よりも洗浄力が優れていることです。

汚れの多くは酸性ですが、粉末洗剤は真逆のアルカリ性なので汚れを落とす効果が高いです。

白い泥汚れや衣類の黄ばみ、シミといった頑固な汚れをしっかり落とすことが出来ます。

さらに漂白効果も高いので、白い衣類をキレイな色に洗濯することが出来ます。

そして、除菌力が高いので悪臭の原因菌を洗い落として消臭したり、洗濯槽の中でカビが繁殖することを抑えられます。


6.粉末洗剤は安価で購入できる

粉末洗剤は液体洗剤よりも安い値段で販売されています。

粉末洗剤は箱状の小さな容器に入っているので、ダンボールに効率よく詰めてたくさん運べる上に、液体洗剤よりも重量が軽いので運送コストを低く抑えられることがより安い値段で販売できる理由なんです。


7.粉末洗剤は使い勝手がわるくて掃除が大変

粉末洗剤は冷たい水で使用すると、洗剤がしっかり溶けきらずに衣類に白い洗剤が付着することがあります。

そして溶け残った洗剤はカビが繁殖する原因になることもあります。

そのため、冬などの水道水が冷たい季節には、使用するまえにお湯で溶かしたり常温以上のお風呂の残り湯などを使ったり、粉末をしっかり溶かすための工夫が必要なので液体洗剤よりも使い勝手がよくありません。

また、粉末なので洗濯機に入れるときに手元がずれて床に落とした時など、粉が広範囲に散らばって掃除がとても面倒です。


8.粉末洗剤は色落ちしやすく、ゴワゴワになる

粉末洗剤には塩素系の漂白剤や蛍光増白剤などが入っていて、高い漂白効果があるかわりに色落ちしやすいんです。

そのため、色や柄のある衣類の洗濯には向いていません。

また、粉末洗剤を使って洗濯するとゴワゴワした洗いあがりになるので繊細な衣類の洗濯には向いておらず、使用する際には必ず柔軟剤が必要になります。

そのため、単体で見ると液体洗剤よりもコストが安いのですが、柔軟剤とセットで考えた時に、柔軟剤入りの液体洗剤などにくらべて割高になることがあります。

粉末洗剤と液体洗剤との違いを知ろう

2つの洗剤の違いをご紹介しました。

広く普及している液体洗剤のほうが粉末洗剤よりも洗浄力が低いのは意外ですよね。

現代の生活では衣類を大きく汚すことが少ないので、洗浄力以外に使い勝手の良さなどが重要視されたことで液体洗剤が選ばれているんですね。

しかし、液体洗剤と粉末洗剤は一長一短でそれぞれ特徴があるので、用途に合わせて使い分けることが大切かもしれませんね。