不満を言わない彼氏の心理とは。なぜ不満を一切言わないのか

彼氏の心理最終更新日:2017年10月18日

付き合っている彼氏があまり不満を言わなければ、上手くいっていると思ってしまいます。

しかし実際には彼氏も不満を言いたいのに、言い出せないのかもしれません。

そこで不満を言わない彼氏の心理についてご紹介します。

1.不満を言ってケンカするのが嫌だ

彼氏が不満を言わない心理としては、不満を言った時にケンカになるのが嫌だと思っているのかもしれません。

お互い好きどうして付き合っていても、一緒にいる時間が長くなるほど相手の嫌な部分も見えてくるものです。

相手に対しての不満を言えば、言われた方もあまりいい気はしないですし、お互いの距離感も近いのですぐに感情的になってしまうことも多いです。

そのため不満に思われていることを言われた時に、自分も不満に思っていることがあるのに我慢しているという思いが爆発して、ついケンカに発展してしまうことも多くなります。

素直に相手の不満を聞くことができないので、ケンカになってしまうと仲直りをするのに時間が掛かります。

そのため不満を言いたくてもケンカになるのが分かっているので、言いたくても言えないのです。

2.不満に思っていない

彼氏が不満を言わないのは、そもそも不満に思っていることがないのかもしれません。

誰でも不満に思うことはあっても、ちょっとの不満ならばあまり気にしない人も多いです。

自分が好きな人への不満であれば、彼女に対しては可愛いものだと思えるので、自分の中で気にしない程度の不満なのかもしれません。

細かい不満がいろいろあっても、彼女に直してもらおうとは思っていないですし、不満に思っていないので彼女に言うことはありません。

彼女とすれば不満を言ってこないので我慢しているのかと不安になるかもしれませんが、彼氏が不満に思って彼女に言うようなことがないので、気にする必要はありません。

3.彼女の機嫌が悪くなるのがめんどくさい

彼女に対して不満を言った時に彼女が素直に聞くのではなく、機嫌が悪くなるようならばめんどくさいと思ってしまいます。

不満があって直してもらいたいと思っているのに、彼女に伝えた時に機嫌が悪くなると、後で機嫌を直してもらうのが面倒になります。

結局は彼女のご機嫌取りをしなければいけないので、不満がことを我慢した方がいいと思ってしまいます。

彼女の機嫌が悪くなると機嫌が良くなるまで時間が掛かるので、余計にストレスを感じてしまいます。

自分が不満に思うことを我慢するか、彼女の機嫌が悪くなるのを我慢するのか、どちらかの選択になるのでめんどくさいです。

4.我慢できなくなったら別れればいいと思っている

彼女に対して不満を言わないのは、我慢できなくなったら別れればいいという心理が働いているのかもしれません。

付き合っていけばお互いに不満に思うことは出てきますが、ある程度はお互いで直しあっていくのが理想的な関係性です。

しかし不満に思うことがだんだん多くなってくると、イチイチ彼女に直してもらうために言うのがめんどくさくなってきます。

そのため少しくらいの不満ならば我慢すればいいという気持ちになりますが、少しの不満が溜まってくるとストレスも大きくなってしまいます。

彼女に対して不満を言うのが面倒になってくると、我慢すればいいという思いが強くなり、結果的にはストレスばかりが溜まってしまいます。

彼女に対しての不満が多くなりすぎると直してもらうのも面倒なので、別れて他の人と付き合えば楽だと思ってしまいます。

自分が彼女に対しての不満が言いきれなくらい多くなってくると、逆に言わずに溜め込んでしまい、我慢できなくなったら別れればいいという心理が働くのです。

5.改善してくれないと余計にストレスが溜まる

彼女に対して不満を言った時に、素直に聞いて直してくれれば嬉しいですが、改善してくれないと余計にストレスが溜まってしまいます。

彼女に対して不満があるのに、直してくれないと余計にストレスになってしまいます。

付き合っているからこそお互いが不満に思うことが出てくるので、片方だけの不満を聞いて直すことはできません。

相手に言われれば自分も相手に言いたくなるので、素直に自分だけが直したくないと思ってしまいます。

彼女に対して不満があってどうしても直してもらいたいと思っているのに、素直に聞いてくれないストレスが溜まるので、言わずに我慢しておいた方がいいと思ってしまいます。

改善してくれないとより関係性が悪化してしまうと考えるので、ならば自分が我慢した方がいいと思ってしまいます。

彼女の性格を知っているからこそ、自分がどちらの方がストレスが溜まらないかを考えているので、不満を言いたくても言わない方がいいと思ったのです。

不満を言わないのは穏便に済ませたいと思っているから

付き合っていればお互いに不満に思うことは多くなりますが、必ずしも相手が直してくれるとは限りません。

嫌なことを相手から言われれば、誰でもいい気分はしませんし、機嫌が悪い時に言われればそのままケンカになってしまうこともあるでしょう。

彼氏とすれば彼女とのケンカは自分の方がリスクが多いと考えているので、できるだけ穏便に済ませるために、あえて不満を言わずに我慢しています。

 

    「不満を言わない彼氏の心理とは。なぜ不満を一切言わないのか」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/06/11(月) 16:25

    不満を言わずに溜め込んで、ストレスでいっぱい、という男性は多いような気がします。よく話し合いをする、という習慣をつけて、お互い冷静に話す、という時間を設けると、ケンカすることなく、双方の不満が解消すると思います。

  2. 2. みなみ2018/06/11(月) 16:38

    会社でもそういう人はいます。事なかれ主義の人だと思いますが、我慢ばかりさせるのもどこかで噴火することになりかねないので、相手の気持ちを少しは忖度する必要があると思います。