合コンへの苦手意識をなくす方法。楽しんで参加してみよう

最終更新日:2016年2月21日

合コンの雰囲気が苦手という女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は合コンへの苦手意識をなくす方法をご紹介します。

1.男の人を落とす目的は捨ててみる

合コンは女性にとっての戦場になることがあります。

特に、相手の男性のスペックがいいと女性同士裏でけなしあってお目当ての男性を落とすことに熱中します。

女性が味方だと思っていたのに「いつもは口悪いのにー」「今日はおじさんっぽくならないんだねー」などとあなたの評価を暗に下げるようなことをしてくる女性もいます。

そういったことができずに、結局気になっていた男性を他の女性にとられてしまうと、もう合コンにはいきたくないと思ってしまいますよね。

確かに、女の敵は女とよく言われるように男性がかかわると性格がガラッと変わって簡単に裏切る女性も多いのです。

そんな嫌な思いをするくらいなら女性のいる合コンに参加しなければ友達を失うこともないし、苦手意識が増えてしまうでしょう。

また、何度も合コンしていても男性をなかなか落とせずに失敗を繰り返すと向いていないのかな…と苦手意識を持ってしまうこともあります。

そんな時に、苦手意識を克服するためには「彼氏を作ることを目的としない」という方法があげられます。

確かに、彼氏を作ろうと思っていなければ他の女性が男性をゲットしてもなんとも思いませんし、合コンで男性を落とせずに失敗してしまうこともありません。

なので、合コンを彼氏を作る場所ではなく、みんなで楽しく飲んで食べる飲み会だと意識してみましょう。

そうすると、無駄に気取らず好きなものを飲んで食べて、男友達を作れば自然と出会いも増えるかもしれません。


2.容姿を気にしない

合コンでは、男性が女性を品定めしてかわいい子ばかりに話しかけるなど残酷な一面もあります。

そうなると自分のメイクやファッションなど容姿に気を使ってしまいますよね。

世の中には自分よりも美人な子やスタイルのいい子はたくさんいます。

そんな子が同じ合コンにいると引け目を感じてしまいますし、男性の目も気になってしまうでしょう。

そうなると、前髪を気にしてうまく笑えなかったり、グロスが取れるので飲み物が飲みにくかったりして空回りしてしまうでしょう。

こういった気を使わなければいけない感じが苦手と感じ、わいわい自然体で飲める女子会の方がいいよと感じてしまうのです。

そんな時は、一度普段ショッピングに行く程度のおしゃれで合コンに行ってみましょう。

合コンでは、着飾った女性が好きな男性もいれば自然体で楽しく話せる女性が好きな男性もいます。

男性からみても明らかに着飾りすぎていたり、しなれないメイクをしているのはわかってしまうようなのであまり意味がないのかもしれません。

自分を偽っているよりも自然体で話してくれる女性の方が交換が高いのではないでしょうか。

3.男性の反応を見るためだけに行く

合コンでは男性の様々な反応や好みが露呈される場所です。

さらには、女性のアドレスをすぐ聞く人は浮気しやすい・「お前」と呼ぶ人は割と乱暴…などその合コンで出会った男性の特徴と本性をとらえることでいわゆる合コン慣れしていくでしょう。

合コンは多くても6人対6人程度、一回や二回では相性のいい男性が見つかるとは限りません。

逆に、経験を積んで男性の反応を勉強して置けばいざというときに役に立つかもしれません。

さらには、男性がよく食いつく話題や女性の仕草などをライバルがしているのであればそれを見て盗んでおくといいでしょう。

合コンでモテる女性のテクニックをある程度身に着けておくことでそれをうまく応用し、いざというときのために自然と使用することができます。

このように、合コンの目的を人間観察にしてしまうことで将来の自分のために必要なスキルやテクニックを身に着け、いつか意中の男性ができた時のために経験を積むための修行だと思えば苦手意識を克服していくことができます。


4.キャラを作らない

合コンで、目立とうとしてぶりっこをしてみたり、クールなキャラを演じてみたり…男性の目に留まるために頑張ってしまう人がいます。

性格まで偽ってしまうというのはかなり使えてしまうので、合コンに行くのが嫌になってしまうことがあります。

キャラを作らないとモテない…と思いこんでしまうと合コンが苦手になってしまうのかもしれません。

合コンでは可愛い自分でいる必要はなく、自然体のままでいいと考えられるようになれば楽になるでしょう。

合コンへの苦手意識をなくそう

合コンが苦手だと感じてしまっていても合コンに別の目的を持てば楽しんで参加できるかもしれませんね。

回数を多くしてしまうと疲れてしまうので自分のペースで参加するようにしましょう。