蜂蜜の効能って何があるの?美容効果や血圧を下げる働きも

最終更新日:2016年3月29日

ネットやテレビでは多くの健康食品が取り上げられ、まさに巷は健食ブームですが、どんな時も蜂蜜がその名を忘れられる時はないでしょう。

甘くて食べやすく、様々な料理に使える手軽さから、どんな時代も健康に良い食べ物として人々に愛されています。

今日はそんな蜂蜜が持つ驚くべき効能の数々をご紹介します。

1.疲労回復

蜂蜜を食べてまず最初に感じることは疲労回復効果。

蜂蜜にはブドウ糖と果糖が多く含まれており、これらの糖分は砂糖に比べ構造がとても単純で、あまり消化を必要としません。

そのため体内に入るとすぐに栄養分として吸収されます。

短時間で栄養として補給される上、タンパク質やミネラルも含んでいるため、特にスポーツでの肉体疲労に大きな効果があります。

また、消化器官に負担をかけずに吸収できるので、疲れている時や病気の時にも効果的です。

暑い夏に野外で活動する時は、蜂蜜スプーン1杯とレモン半分を水に入れ、蜂蜜レモン水として持って行けば、暑さに負けず活動ができるでしょう。


2.美肌効果

蜂蜜は肌に良い影響を与えます。

蜂蜜にはビタミンB群やビタミンC、様々なミネラルからポリフェノールまで含まれており、これらは皆肌に重要な成分です。

毎日蜂蜜をスプーン2杯程食べることで美肌効果が望め、さらには化粧水や美容液に数滴混ぜる形で直接肌に塗ることもできます。

蜂蜜を肌に塗ると、皮脂バランスを整え、保湿効果やハリを与え、肌を乾燥から守る効果があると言われています。

また、蜂蜜には抗菌作用もあるので、ニキビや吹き出物にも効果的です。

また、1回分シャンプーに蜂蜜を大さじ1杯程度混ぜればはちみつシャンプーの出来上がりで、蜂蜜が頭皮の皮脂バランスを整え潤いを与え、抗菌作用も相まってフケやかゆみの予防に繋がります。


3.抗菌作用

蜂蜜の賞味期限って長いですよね。

常温保存なのに2年近くあります。

その理由は、蜂蜜には強い抗菌作用があるからです。

蜂蜜の抗菌作用とは、以下の2つの特徴によるものです。

濃度が高く水分が少ないグルコースオキシダーゼが多く含まれる蜂が集め巣に保管された蜂蜜は、時間が経つにつれ水分が蒸発し濃度が高くなります。

こうした環境では細菌が増殖することはできません。

そして、グルコースオキシダーゼ、別名グルコン酸が、強い殺菌作用をもたらします。

酸素と結びつくと過酸化水素に変わり、これが殺菌作用を発揮します。

医療用の消毒液であるオキシドールも、この過酸化水素からできています。

こうした特徴から、蜂蜜は高い抗菌作用を発揮し、風邪等の呼吸器系疾患に大変効果的です。

はちみつを溶かした水でうがいをすれば、お子さんも嫌がることなく風邪の予防ができます。

また、風邪だけでなく、火傷や擦り傷にも効果的で、皮膚に直接塗ることで雑菌の繁殖を抑え、傷の治りが早くなります。

口内炎にも効果があります。

口内炎の原因の一つはビタミンB群の不足ですが、蜂蜜を直接炎症部に塗ることで、ビタミンを供給し、また殺菌作用で炎症も抑えます。


4.血圧を下げる

蜂蜜には血圧を下げる働きがあると言われています。

高血圧となる一つの原因は塩分の摂りすぎですが、蜂蜜に多く含まれるカリウムは、塩分を排出する働きがあると言われています。

つまり、蜂蜜を食べれは余分な塩分が排出され、血圧が上がるのを防ぎます。

また、砂糖よりも甘いと言われる蜂蜜は、少しの量で満腹中枢を刺激します。

つまり、満腹感を得やすくなるので、食べ過ぎの防止に繋がります。

食べ過ぎると当然摂取する塩分量も増えますから、蜂蜜を食べることで余分な食事量が減れば、血圧を下げることにも繋がります。

また、蜂蜜に含まれるオリゴ糖は、コレステロールを抑制する働きがあると言われています。

また、蜂蜜にはコリンという物質も含まれ、血管を拡張し、コレステロールの沈着を防ぐ効果があります。

これらの働きから、血圧が降下し、また動脈硬化の予防にも繋がります。

毎日スプーン1杯〜2杯くらいの蜂蜜を食べると効果が望めます。


5.ダイエット効果

蜂蜜って甘いのに、ダイエットに良いの?と思うところですが、蜂蜜がダイエットに効果的なのにはいくつかの理由があります。

まずは便秘解消です。

蜂蜜にはグルコン酸という有機酸が含まれ、グルコン酸には乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌を増やす効果があります。

これにより腸内環境が改善し、便秘の解消へと繋がります。

また、蜂蜜には保水作用もあり、腸内の水分が不足して便秘を起こしている場合には、蜂蜜が水分の補給を助けてくれます。

次に、蜂蜜のカロリーは砂糖よりも低いという点です。

100g当たりの砂糖のカロリーは384kcalで、蜂蜜は294kcalです。

90kcalも少ないので、毎日の砂糖を蜂蜜に変えるだけでダイエット効果があります。

また、蜂蜜は砂糖よりカロリーは低いものの甘さが強く、従って満足感を得やすくなり、食べ過ぎを防ぐことに繋がります。

さらに、砂糖には糖分以外の栄養素は入っていませんが、蜂蜜にはビタミンやミネラル等多くの栄養素があり、健康にダイエットを進める上では強い味方です。

また、砂糖は急激に血糖値を上げ、体内で様々なバランスの乱れを引き起こしますが、蜂蜜に含まれる糖分には吸収に時間がかかるものもあり、血糖値の急激な上昇を回避できます。

蜂蜜を摂取していこう

これだけ色々な効果がありながら、何年も保存でき、様々な料理に使えるというのは、まさに現代の必需品です。

ただし、1つだけ注意点があります。

それは、1歳未満のお子様には食べさせないこと。

蜂蜜に混入している事のあるボツリヌス菌が食中毒を引き起こし、乳児ボツリヌス症となる恐れがあるそうです。

でも、この記事を見ているあなたは、今日から蜂蜜を取り入れて、手軽に健康を手に入れましょう。