肌断食の正しいやり方。肌質を良くする効果に期待

最終更新日:2015年8月2日

近年、究極のシンプルスキンケアとして流行している肌断食。

言葉だけだと肌に何も栄養を与えず放置するというイメージを持ちがちですが、正しい方法をご存じでしょうか?間違った方法で行うとひどい肌荒れやたるみなどを引き起こすことがあります。

実践する前によく勉強して、失敗が起こらないようにしましょう。

1.肌断食とは

化粧水に乳液、美容液など、正しい方法であるはずのスキンケアが思わぬ肌荒れを引き起こすことがあります。

それは、今まで肌に必要以上の栄養を与えたことで、肌本来の再生力が失われてしまったから。

外部から与えられる栄養に肌が頼り切ってしまったことでどんどん肌が弱くなり、些細なことで荒れてしまうのです。

その弱った肌をリセットしてくれるのが、肌断食。

肌断食とは、今までのスキンケアで甘やかした肌へ栄養を何も与えないことで、肌本来の再生力を取り戻すことを目的とする方法です。

とはいえ、今まで行ってきたスキンケアを永久にやめるとなると、やはり勇気がいることです。

しかし安心して下さい、肌断食は金曜日から日曜日という週末3日間で行える簡単な方法です。

長い期間継続しなくても効果を実感することができますので、興味のある方は金曜日の夜から早速実践してみましょう。


2.1日目のケア

短期間で行う肌断食は、週末金曜日の夜から開始します。

まず、その日1日のメイクを落とすところから始めてみましょう。

数日間とはいえ一切のスキンケアを絶つ肌断食は、肌への刺激が何よりの敵。

メイクを落とす時はオイルを使わず、ミルクやクリーム状の低刺激のもので落とすようにして下さい。

それが終わったなら、今度は洗顔料を使って二度洗いします。

この時も肌への刺激を最小限に抑えるために、無添加の石鹸を利用しましょう。

市販されている洗顔フォームなどは刺激が強い上に、肌の水分や油分を必要以上に落としてしまいます。

何もスキンケアをしない肌断食において、初期の乾燥やつっぱり感は避けられません。

しかし無添加の石鹸であれば最低限の水分や油分が肌に残るため、洗顔フォームを使った時よりはいくらか乾燥感がマシになりますよ。

二度洗いが終わったなら化粧水や乳液を使わず、放置。

乾燥がひどく皮膚の薄皮がめくれるような場合は、その部分にだけ白色ワセリンを少量塗布します。

これで、1日目のケアは終了です。


3.2・3日目のケア

2日目である土曜日の朝は無添加の石鹸すら使わず、ぬるま湯だけで顔を洗って下さい。

ぬるま湯だけでも無駄な皮脂はきちんと落ちますので、石鹸を使う必要はありません。

この日のスキンケアも、1日目と同じく何もしないか、ひどく乾燥する部分にだけ白ワセリンを塗布しましょう。

あとは日焼け止めもメイクもせず、すっぴんのまま夜まで過ごして下さい。

肌を紫外線から守る役割である日焼け止めを塗らなければ、当然肌は紫外線のダメージをもろに受けてしまいます。

よってこの日はどこにも出かけず家の中で過ごし、肌を日の光に当てないようにしましょう。

夜になったら今度は無添加石鹸で洗顔。

スキンケアは朝起きた時と同じように、化粧水や乳液を肌に使用しません。

3日目の日曜日も、2日目と全く同じケアを行いましょう。


4.4日目のケアと肌断食を行う際の注意点

金曜日から日曜日までシンプルなスキンケアを行ったなら、短期的な肌断食は終了です。

4日目である月曜日からは、化粧水や乳液を使った今まで通りのスキンケアを再開しましょう。

もちろん、メイクも普通にして大丈夫です。

おそらく月曜日の朝には、化粧のノリが良くなったように感じるはずですよ。

これまで肌断食の一連の流れをご紹介してきましたが、もちろん注意点もあります。

乾燥肌がひどい場合やアトピー性皮膚炎の方、肌にかゆみのある方などは、場合によって症状が悪化することもあります。

皮膚科を受診し、肌断食を行ってよいか医師に意見を仰いで下さい。

また、肌断食に乾燥は避けられませんが、肌の渇きをできるだけ抑えるよう環境を整えること。

部屋の湿度は最低でも40%以上を保ち、乾燥によって肌がダメージを受けないように気をつけましょう。

肌断食を行う際は、これらの注意点を必ず守るようにして下さいね。


5.肌断食の効果

肌断食を行った後、もっとも効果を実感するのが肌荒れの改善です。

そもそもこの方法は、必要以上のスキンケアによって力を失った肌に、本来の力を戻してあげる方法。

スキンケアを一定期間やめることで再生力を取り戻した肌は、特に何も手を加えなくても、自分の力で肌荒れを治癒しようとします。

そのため、肌断食終了時は開始前よりも肌がキレイになっているのです。

また、肌断食を行うことによって肌の水分・油分量が適度な状態に保たれるようになります。

今まで乾燥に悩んでいた人や、ニキビやひどいテカリに苦しめられていた人。

真逆とも言えるこの肌質も、肌断食を行うことによって水分・油分が少なすぎたり多すぎるといったことがなくなるため、バランス良く潤った肌を手に入れることができるのです。

その他にも毛穴やくすみが改善し、肌にハリが戻ったという人も。

今までの悩みをすべて吹き飛ばしてくれる肌断食、試して損はありませんよ。

肌断食で肌を力強くしよう

一見するとスキンケアをやめるだけというイメージがつきやすい肌断食ですが、行う際の順番や注意点はきちんと決まっているのです。

空気が乾燥しがちな冬から春にかけての時期は湿度が低くなりやすく、肌断食による肌の乾燥も強くなります。

季節や天気と相談しながら、できるだけ肌が乾燥しづらい時期を選んで行いましょう。