肌がカサカサ。肌質改善の為にすべきこと

最終更新日:2015年7月11日

肌がカサカサしていると、気分まで悪くなってしまうものです。

そのため肌がカサカサだという人は、スキンケアを見直し、肌をしっとりさせる必要があります。

しかし「どんなスキンケアを試しても、いまいち効果が出ない」と悩む人も多いようです。

そこで、肌をこれ以上カサカサさせないためにはどうしたら良いかご紹介します。

1.正しい洗顔方法を身に付ける

肌がカサカサする場合、毎日の洗顔方法が間違っている可能性があります。

そのため、まずは洗顔方法を見直し、正しい洗顔方法を身に付けましょう。

まず、朝は洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗顔します。

朝はそれほど肌が汚れていないため、洗顔料を使ってしっかり洗顔してしまうと、肌に必要な油分まで落としてしまい、肌がカサカサする原因になります。

そのため、朝はぬるま湯だけで、必要最低限の汚れを落とすだけに留めておきましょう。

夜は洗顔料を使って、メイクなどの汚れをきちんと落とします。

熱いお湯で洗顔すると、肌に必要な油分が溶かされ、流れていってしまうので、できるだけぬるま湯か常温の水で洗顔してください。

更に、洗顔回数は1日2回のみにしましょう。

顔を洗い過ぎることも、肌がカサカサする原因になります。


2.洗顔後や入浴後は迅速に保湿する

洗顔後や入浴後は、肌が乾燥しやすい状態です。

洗顔後や入浴後は、物凄いスピードで肌の水分が蒸発してしまうため、迅速な保湿が大切です。

そのため、洗顔後や入浴後には、できるだけ早く保湿をするという習慣を付けてください。

「顔を拭いたらすぐに保湿」と意識しておくと良いでしょう。

すぐに保湿できるよう、浴室や洗面台の手近な場所に、予め保湿アイテムをしっかり準備しておくと、保湿が面倒ではなくなります。

保湿の際は、まずたっぷりと化粧水を肌に馴染ませます。

必要であればこの後に美容液をつけてください。

その後できるだけすぐに、乳液を塗り、乳液の油分で蓋をし、化粧水や美容液の水分が蒸発しないようにしておくことも大切です。

3.食生活に気をつける

念入りにスキンケアをしても、普段栄養バランスの取れていない食事を続けると、肌がカサカサしやすくなります。

そこで食生活を見直し、栄養バランスを整えて、体の中から美肌に対する働きかけをしましょう。

肌をつるつるにしてくれる栄養素は、ビタミンCです。

キウイやグレープフルーツ、イチゴなどを多く摂取し、体の内部から肌につやを与えましょう。

緑黄色野菜や大豆製品なども、肌をキレイにしてくれる効果があります。

これらの食材を積極的に摂るようにし、肌のカサカサを体の中から改善していきましょう。


4.部屋を乾燥させない

肌がカサカサしやすい人は、周りの環境にも敏感です。

特に、乾燥した部屋に長くいると、肌がカサカサしてしまうので、部屋にある程度湿気を与えておくことが大切です。

加湿器などを上手に利用し、部屋を乾燥させないようにしましょう。

冷暖房を使う季節は、部屋が乾燥し、肌がカサカサしやすくなります。

部屋を乾燥させない冷暖房器具を使ったり、こまめに水を飲んで水分補給をしたりして工夫し、肌を乾燥から守りましょう。

5.オイルを上手に活用する

ホホバオイルやスクワランオイル・ココナッツオイルなど、今、自然派のオイルが人気です。

これらのオイルを保湿アイテムとして上手に使い、肌をカサカサさせないようにすることも良い方法です。

普段のスキンケアアイテムとして使っても良いですし、「肌がかさついている」と感じた時に単発で部分的にオイルを塗っても構いません。

体全身にいつでもどこでも使えるため、自分に合ったオイルを1本常備しておくと役立ちます。

これらのオイルは、敏感肌の人でも安心して使えるものがほとんどであることも、魅力の1つです。


6.ミスト化粧水を活用する

肌がカサカサする人は、普通の人よりも肌の水分の蒸発が早いのが特徴です。

そのため、肌にこまめに水分補給をしてあげることで、カサカサを予防しましょう。

ここで活躍するのがミスト化粧水です。

普段使っている化粧水を、100均などで売っているスプレーボトルに入れて、常に持ち歩きましょう。

そして、「肌が乾燥した」と感じた時や、冷暖房が強い場所に行った時は、しゅっとひと吹きし、水分を補います。

出掛けた時だけでなく、夜寝る前にも顔にひと吹きするとより効果的です。

睡眠中は、思った以上に肌の水分が蒸発してしまうためです。

肌のカサカサを抑えて肌を良くしていこう

すぐに肌がカサカサしてしまう人は、今までの洗顔や保湿の習慣を見直し、肌を乾燥させないようなやり方に変えていくことが必要です。

部屋の中の状態・食生活についても見直し、生活全般の習慣を見直すことによって、肌を保護することが大切です。

保湿アイテムも上手に活用しつつ、肌を優しくいたわる生活を心掛けてください。

習慣を見直すと、肌の状態も大分変ってきます。