肌にできたシミを薄く消す方法

最終更新日:2015年6月16日

1度できてしまったシミは、なかなか消えにくいと言われています。

しかし、ここで諦めてはいけません。

肌にはターンオーバーのリズムがあるため、時間はかかりますが、地道にケアを続けていけば、少しずつシミは消えていきます。

では、どのようにしたら、できてしまったシミを消すことができるのかという方法をご紹介します。

1.シミを消す栄養素が入った食べ物を多く摂取する

シミができてしまったら、体の中からケアすることも大切です。

「シミができる」ということに関しては、肌内部の細胞も関係しているため、肌の外側からのアプローチだけではなく、体の中からのケアも同じくらい大切です。

シミを消す効果が高いと言われている栄養素は、ビタミンA・ビタミンC・ベータカロチンです。

具体的な食品としては、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜・柑橘系の果物・ブロッコリーなどです。

食べ物だけでなく、赤ワインやココアなどの飲み物も、シミ対策には高い効果を発揮します。

シミができてしまった時は、意識してこれらの食品をなるべく多く摂取するようにしてみてください。

即効性はありませんが、長く続けることによって、体質・肌質と共にシミ問題が少しずつ改善されていきます。


2.洗顔料+ハチミツで洗顔してから美白化粧品を使う

ハチミツには、高いピーリング効果があります。

シミを消すためにはまず、肌をピーリングしないと、美白化粧品を使っても浸透が悪いくなるので、あまり効果を発揮しません。

ですので、ハチミツの力を借りて、美白化粧品を使う前に、肌をピーリングしましょう。

まず、いつも使う洗顔料を、たっぷりと泡立ててください。

その中に、小さじ1~2程度の量のハチミツを入れて混ぜます。

それを使って洗顔をしてみてください。

この洗顔を毎日続けると、肌の表面を優しくピーリングすることができます。

そしてそれが、シミを消すための土台となるのです。

このハチミツ洗顔をした後に美白化粧品でシミ対策をすると、シミを早く消すことができます。

但し洗顔の際は、洗顔料をよく泡立て、顔をそっと包み込むように洗う必要があります。

顔表面を摩擦し過ぎると、シミを悪化させてしまうからです。

3.緑茶パックを試してみる

緑茶に含まれているタンニンやビタミンC・クロロフィルは、肌表面の傷みを修復してくれる効果があります。

肌細胞がスムーズに生まれ変わることを促進してくれる効果もあるため、シミができてしまった肌を早く生まれ変わらせることができます。

そこで、このような働きを持つ緑茶をパックとして使うことで、シミを消してみましょう。

まず、ミキサーなどで緑茶の茶葉を粉末にします。

そしてその粉末と小麦粉・水を混ぜ、耳たぶより少し柔らかいくらいの硬さに練りながら混ぜます。

出来上がったらこれを肌にたっぷり塗り、10分程度放置します。

そして最後は、パックをぬるま湯で洗い流し、化粧水や乳液で肌を整えてください。

このパックは、シミ対策の中でも即効性が高いと言われています。

シミが薄い人であれば、1回行っただけでも肌のトーンが明るくなるのと共に、シミも薄くなります。

但しこのパックは小麦粉を使うため、小麦粉アレルギーを持っている人は、必ずパッチテストをしてから行ってください。


4.1日でも早くシミを消したい場合は、美容皮膚科での施術を受ける

1日でも早くシミを消したい場合は、美容皮膚科に行き、「ケミカルピーリング+美白」の施術や、フォトフェイシャル・レーザー治療などを行うという方法もあります。

しかしこれらは費用がかかり、施術が合う・合わないなどの個人差があるためリスクも高いので、最後の手段として考えた方が良いでしょう。

但しこの方法は、プロの手に委ねる方法ですので、もし成功すれば、最も早く確実にシミを消すことができます。

施術を受ける際は、必ず医師の診察を受け、化膿止めの薬も忘れずに服用してください。

5.カバー力のあるパウダーファンデーションを塗って外出する

メイクでシミを消したい場合は、パウダーファンデーションがオススメです。

今、日本で販売されているパウダーファンデーションには、どれも紫外線を跳ね返してくれる効果があります。

そのため、これ以上シミを濃くしないという効果があります。

「UVカット効果有り」という表示があってもなくても、パウダーファンデーションは皆、この効果を持っています。

そして、パウダーファンデーションの中でも、カバー力のあるタイプを使うことで、シミを自然に隠すという効果も期待できます。

シミが気になる時は、リキッドやクリームタイプではなく、パウダーファンデーションをしっかり目に塗るようにすることをオススメします。

シミを薄くしていこう

シミが1回できてしまっても、悲観する必要はありません。

肌の外側・体の内側の両方からアプローチしていくことで、確実に薄くなっていきます。

すぐに効果が出なくとも、やめないで続けてみてください。

日頃のストレスや寝不足などもシミには悪影響を及ぼすため、体に負担をかけない生活習慣を意識することも、同時進行で行いましょう。