母親にあげると喜ばれる誕生日プレゼント6つ

最終更新日:2015年12月8日

母親に感謝の気持ちを伝えたくてもなかなか恥ずかしかったり、きっかけが掴めなかったりする事もあるのではないでしょうか。

そんな時は誕生日に心を込めたプレゼントを贈ることをオススメします。

何を贈ろうか悩まないように、今回はどんな誕生日プレゼントが喜ばれるのかをご紹介します。

1.旅行のペアチケット

毎日忙しく自分の時間を持てないけれどゆっくり骨休めをしてもらいたいという時には、現実から離れてゆっくり旅行に行ってもらう方法があります。

父親と夫婦で旅行に行ってもらうのもありですし、母娘で出掛けるために誘うのも良いでしょう。

思い出の地域があればそこを旅行先にして温泉や観光など、母親の好みに合わせたカスタマイズをするのも楽しいでしょう。

都合で宿泊が無理な場合は日帰りで行ける場所でも十分にプランニングが可能です。

宿泊先や移動の交通手段等を組み合わせて作ると自分でチケットまで手配もする事ができますが、細かいプランニングに自信がない場合は近くの旅行会社で相談してみるとリクエストに添った提案をしてくれます。


2.キッチンツール

料理が好きな母親ならば、新しいキッチンツールを贈り物にすると喜ばれます。

鍋やフライパン、まな板等は種類が豊富で性能に優れた商品が数多くあります。

また調理小物も便利な物が多く、毎日欠かせない食事の支度を短時間にするようなアイディア商品が発売されています。

日頃働きに出ている母親ならば少しでも調理の手間が省けるのは有難いことだと思いますし、新しい調理器具を毎日使ってもらえれば贈った甲斐があり嬉しくなります。

大型ショッピングセンターや調理器具専門の雑貨屋さんなどで探すことが出来ます。

デザインも可愛いものやオシャレなもの等が豊富に揃っているので選んでいて自分も楽しくなるでしょう。


3.花やガーデニング用品

お祝いの品物の定番とも言えるのがお花です。

花はもらった人の気持ちを和ませてくれるといいます。

また自分のために買う機会はあまりないので、何を贈って良いか迷ったときにもお花は喜ばれるでしょう。

基本的には花束が定番ですが、日頃からガーデニングで庭を手入れする趣味を持っているならば鉢植えでも良いでしょう。

花の色は好みで変わると思いますが、旬の花やイメージ等が難しい場合は花屋でスタッフに希望を伝えれば、価格と用途、イメージに見合った花束を作り上げてくれます。

また最近ではネットで注文できるお店も多く、日時の指定や仕上がり品の写真を添付してくれるサービスを行っているので、遠方でなかなか会えない場合等に利用すると良いでしょう。


4.ストールやマフラーなどの防寒小物

女性は冷え性に悩まされる事も多く、歳を重ねていくと更に身体の冷えを感じるようになります。

また最近は夏場でも冷房の影響で半袖では寒く温度調節を必要な場所が増えています。

そのような場合にちょっと羽織ったり、足元にかけるものがあると大変重宝します。

あるといいなと思っていても、わざわざ自分で購入する程ではなく我慢してしまう場合もあるので贈り物にすると実用的で大変喜ばれる商品です。

デザインや機能性、素材など様々で贈りたい人に合わせた物が選びやすいジャンルです。

自宅で使う場合は洗濯しやすい、ほこりがつきにくい等に気を配り、出掛け先で使う事が多い場合は軽量でコンパクトなものが喜ばれます。


5.コスメやスキンケアグッズ

いつまでも美しいままでいたい女性にとって、お肌の手入れは欠かせないものです。

日頃から愛用しているメーカーがあればそのメーカーから選んだり、限定品や新商品から選ぶのも喜ばれます。

肌につけるものなので不安や抵抗を感じる場合はお試しサイズの小さなセットなどが良いでしょう。

またコスメブラシやパフ、化粧ポーチなどの付属品でも喜ばれます。

季節によって重宝するものもあり夏は汗を抑えるスプレーやクール感のあるシート、冬は乾燥を防ぐためのハンドクリームや保湿効果のあるリップクリーム、入浴剤などが人気です。

取り扱っている販売箇所が多く、ラッピング包装しやすいのも利点です。


6.ケーキなどの洋菓子

誕生日にありがちだけど貰って嬉しいのがケーキです。

ホールで自分の名前を入れてもらうのはいくつになっても嬉しいものです。

大人になるとなかなかろうそくの火を消す機会も少なくなるので思い切ってろうそくと歌ののサプライズをしてあげるのにぴったりです。

洋菓子やパティシエブームでオリジナルのケーキも多くなりました。

事前に注文しておけばケーキの土台からオリジナルで制作してくれるお店もあります。

世界でたった一つだけの贈り物をしたい場合にオススメです。

また自分で材料から作って贈ることも出来ます。

贈る場合は日頃からのコミュニケーションで食べ物の好き嫌いやアレルギー、糖尿病等の持病がないか確認しておくことが大事です。

母親に誕生日プレゼントを贈ろう

このように母親へと贈る誕生日プレゼントには色々ありますが、贈られる側はもちろん、贈る側もわくわく、ドキドキしながら楽しめるのが誕生日です。

贈り物も演出も考え方次第で無限に広がります。

日頃からの感謝の気持ちと母親への親孝行になるように、一生の思い出に残るような最高の誕生日をお祝いしてあげられたら良いなでしょう。