働きたくない人がお金を稼ぐ方法とは。不労所得を目指して稼いでいこう

仕事/ビジネス最終更新日:2018年4月27日

残業代ゼロやブラック企業などの問題で、やりがいを感じにくい、働きにくい環境が当たり前となってしまっている時代です。

だからこそ、会社にいきたくないと考えるケースが増えているのは当然でしょう。

働きたくない人がお金を稼ぐ方法から、新しいこれからの稼ぎ方を模索してみましょう。

1.不労所得を目指す

働かざる者食うべからずという言葉もあるとおり、労働をしないで稼ぐことはほぼ難しいといわれています。

現代の世界は経済が支えているため、正社員、派遣社員、アルバイトなどと形態は異なっても、社会人のほとんどが仕事に従事しています。

しかし、労働をしなくても稼ぐことはけして不可能ではありません。

それはなぜかというと、不労所得で食べていくことができるケースは一定数存在するからです。

働かないというと無職、ニートのイメージがありますが、不労所得で稼ぐことができれば働かなくても人並みの生活を送ることができるでしょう。

また所得がない無職、ニートとは異なり、きちんとした生活ができるので社会的にも何ら問題はありません。

2.外貨やFX取引など投資によるリターン

そういった不労所得はどうやって増やせばいいのでしょうか。

それには初級から上級までありますが、まず初心者でも簡単に始められる例をご紹介します。

まず一つ目は外貨やFX取引による投資によるリターンで、稼ぐやり方です。

投資というと元手として大金をつぎ込むのではとイメージされがちですが、意外にも少ない金額からスタートできるので良心的です。

FXでは数百円程度で始めることができるので、主婦や学生のトレーダーも数多くいます。

また投資として、外貨やFX取引以外にも、株、投資信託、金、プラチナなど様々なものがあります。

時代によって利益がでやすいもの、そうでないものの傾向があるので、その時々に合わせて投資をしていくのもいいでしょう。

慣れてきたら元手を増やして大きなリターンを目指すのが働かない稼ぎ方へのポイントです。

3.スポーツくじや宝くじで税金のかからないのでお得

せっかく稼いでも所得には税金が引かれるので、それを見越して多く稼がないといけません。

しかし中にはお金を稼いでも非課税となるものもあります。

非課税の対象になるので、税金はその分払わないで済むのでお得感があるのではないでしょうか。

一時所得の扱いになり非課税になるのは、スポーツくじや宝くじが代表的です。

これらは一枚数百円程度で買えることもあり、一般庶民でも一気に大金を稼げる投資です。

毎年ニュースなとでも取り上げられるくらい浸透しているので、それだけ認知度が高い方法です。

スポーツくじや宝くじでもっともいい当選金を当てられなくても、当選金が高く当選数が多いくじを狙うことで、まとまった当選金を確保できます。

4.オークションやフリーマーケットサイトで原価をかけずに稼ぐ

投資やくじでは元手がかかりますが、原価をかけずに稼ぐならオークションやフリーマーケットサイトやアプリが有力です。

オークションやフリーマーケットで、家にある不要な家具、家電などを売ることで、働かないのに稼ぐことができるでしょう。

自分にとっては不必要なものでも、誰かにとっては思わぬ価値があり高値で売却できることが魅力です。

高値で売れるものとして家具や家電がポピュラーです。

それらは比較的新しいものの方が好まれますが、その一方でもう生産していない、一部のマニアに高値で取引されるようなレアなものであれば、新品以上の価格で売却可能です。

元手がかからない分気軽に挑戦できるので、他の不労所得を目指した稼ぎ方への足がかりにもなるでしょう。

5.人気とともに好きなことがお金になるYouTuber

最新の働かない稼ぎ方として話題性抜群なのは、YouTuberです。

YouTuberとは、Googleが提供する世界的動画配信サービスであるYouTubeに、独自の動画コンテンツを配信する人のことを指します。

どうしてお金が稼げるかというと、動画の再生によって動画の冒頭や途中で流れた分の広告料が入る仕組みです。

つまり再生回数が多いほど稼げるということです。

ではYouTuberとして再生回数が多い人気動画を生み出すには、どうしたらいいのでしょう。

もともと知名度がある芸能人、有名人であれば別ですが、一般人の場合純粋に動画コンテンツの中身で勝負しないといけません。

人気が出やすい動画コンテンツの傾向には、ペット動画、珍しい気象現象などを収めた動画、メイクや美容のお手本となる動画などがあります。

また、人より詳しい分野があるなら、それを動画という形にあった方法に変えるのがYouTuberとしてヒットしやすい条件です。

同じことを真似するよりも、知識や経験を生かして趣味を兼ねた動画を制作するのがベストです。

働きたくないと思っても努力は必要

働きたくない人がお金を稼ぐ方法は、ただ仕事にいきたくない人だけでなく、万が一病気や怪我で働けないときの稼ぎ方としても役に立ちます。

ただ、基本的には一般的なイメージの働かないということでも、実際には努力をしているケースがほとんどです。

自分に合ったやり方を早いうちから見つけて、労働に振り回されない稼ぐ方法を見つけましょう。

 

    「働きたくない人がお金を稼ぐ方法とは。不労所得を目指して稼いでいこう」への感想コメント一覧

  1. 1. えみねむ2018/05/31(木) 17:57

    このネット社会のご時世、稼ぐ方法はたくさんあふれています。でも、今回の記事にもあるように、不労所得といっても、努力なくしては稼げませんよね。改めて、不労所得を目指す、ということを教えられました。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/06/04(月) 15:17

    「働かなくても、稼ぐ努力はしている」のが現実ですよね。不労所得を得ている人をむやみにうらやまないように心がけたいです。

  3. 3. あやいお2018/06/14(木) 21:43

    まさしく自身も不労所得の獲得を考えている者です。
    ブログやバイナリー、YouTubeなど数多くの方法はありますが、記事の通り
    何事も勉強は必要になると思います。結局は努力なしで稼いでる人は皆無な気がします。本気で勉強したい際は退路を断って臨みたいですがそれが中々難しく、
    何事にも中途半端に終わってしまう人が多いのだと思います。

名無しのイケジョさん にコメントする コメントをキャンセル

この記事への感想を書く