一重女性のアイライン。上手くキレイに引く方法

最終更新日:2015年7月9日

一重をコンプレックスに感じている女性は少なくありません。

しかし、アイラインを上手に引くことにより、一重の人しか作れない魅力的な目元に仕上げることができます。

そのため、決して悲観する必要はありません。

そこで、一重の人が魅力的な目元を作るための上手なアイラインの引き方をご紹介します。

1.インサイド部分をリキッドアイライナーで埋めるように引く

一重の人は、「目が小さく見える」ということをコンプレックスにしている人が多いようです。

目そのものの大きさを大きくすることは残念ながらできませんが、目の存在感を増すことは十分に可能です。

アイラインを上手に引いて、目をぱっちりさせ、存在感のある目元を作りましょう。

使うアイライナーは、リキッドタイプの黒です。

このアイライナーを使い、目のインサイド部分に細くラインを引いていきます。

まつ毛の生え際と、目のインサイドのラインが一体化するように意識して引いていくことがポイントです。

これによって、目元が自然な形でぱっちりし、目の存在感が増してくるようになります。


2.目尻のラインを長めに引いて、切れ長でクールな目元を作る

一重まぶたの目元の魅力の1つは、「クールな目元を作ることができる」という点です。

これは一重まぶたの人の特権です。

アイラインを上手に引き、クール且つ華やかな目元を作り、独自の存在感を醸し出しましょう。

クールで華やかな目元を作るためのポイントは、黒のリキッドアイライナーかジェル状アイライナーを使い、「目尻ラインを長めに引く」ということです。

目尻から1センチ程度長めにラインを引くことによって、目の横幅にボリュームが出てきます。

目尻に行くにしたがって、ラインを太目にしていくと華やかさが出てきます。

上まぶた部分にアイラインを引くだけでも十分ですが、更に華やかさを出したい場合は、下まぶたにもアイラインを引き、上まぶたのラインと繋げるようにして目元を囲むと良いでしょう。

この場合、下まぶたのラインは上まぶたと違い、細めにラインを引くことがポイントです。


3.目尻を跳ね上げ、猫目ラインを引く

一重まぶたの人は、猫目ラインがとても映えるのが魅力です。

目が小さめの人でも、目が一回り大きく見えるのが猫目ラインです。

猫目ラインを引くことで、小悪魔的な魅力も演出することができます。

非日常感を味わいたい時にはピッタリです。

まず黒のリキッドアイライナーを用意してください。

目頭から目尻まではまつ毛の生え際に細くラインを引き、目尻の最後部分だけ、少し大胆に跳ね上げるのがポイントです。

跳ね上げた部分のラインは、太目にすると良いでしょう。

跳ね上げた部分の長さは、7~8ミリ程度を目安にしてください。

猫目ラインを引く際は、光沢のある黒のアイライナーを使っても良いでしょう。

より華やかに仕上がります。


4.垂れ目アイラインを引いて、あどけなくかわいらしい目元を作る

一重まぶたの人は、クール系の目元だけでなく、あどけなくかわいらしい目元を作ることもできます。

アイラインを垂れ目状に引いて、かわいい目元を作りましょう。

まずマットな黒のリキッドアイライナーを用意してください。

そして、黒目がある箇所の真上部分だけを太くするように意識しながら、目頭から目尻までアイラインを引ていきます。

そして最後は、目の上部分の輪郭線に沿うようにして、ラインを下げるように引きます。

この時、目尻から5ミリ程度はみ出すということを意識してみてください。

これで垂れ目ラインが出来上がり、少女のようなあどけない純粋さを持った目元を作ることができます。

特に一重の人は、少女らしさをより強く出すことができます。


5.カラーアイライナーを使い、POPな目元を作り上げる

一重まぶたの人は、個性的なアイラインが非常に映えることが大きな魅力です。

そこで、より存在感のあるアイラインを引くことで、目元を印象的に仕上げましょう。

使うアイライナーは、カラーアイライナーです。

この場合はリキッドでもジェル状でもペンシルでも構いません。

使いやすいと思えるようなアイライナーを使ってください。

そして、少し大袈裟なくらいのラインを引きましょう。

例えば、長めに引いても良いですし、「ちょっと太過ぎるかもしれない」くらいの太さで引いても構いません。

カラーアイライナーは、大袈裟なラインを引いても、くどい印象にならないのです。

一重まぶたの人は元々目元がすっきりしているので、このような形のアイラインが非常によく映えます。

「アイライナーで遊んでみよう」という感覚で、楽しんで試してみてください。

「今日のメイクでは、アイラインが主役」というように意識すると良いでしょう。

アイラインの引き方で一重コンプレックスから抜けだそう

一重まぶたの人は、目元がすっきりしているので、アイラインの引き方によって色々な変身を楽しむことが可能です。

アイラインをどう引くかにより、様々な顔を持つことができるようになります。

実は、アイラインが1番映えるのは、一重まぶたです。

「今日はどんな目元を作ろうか」と楽しみながら、色々なバリエーションのアイラインを試してみてください。