日焼けでヒリヒリする時の対処法。まずは肌を冷やそう

最終更新日:2015年8月2日

日焼けでヒリヒリする時の対処法には、どのようなものがあるのでしょうか。

爽やかながらも暑い夏の日差しは、気がついた時には肌を日焼けさせてヒリヒリと痛くて不快感を覚えることが少なくありませんよね。

女性たるもの、肌の状態は気になります。

日焼けでヒリヒリする状態を何とか治して肌を美しく保ちたいものです。

そこで今回は、日焼けでヒリヒリする時の適切な対処法をご紹介します。

1.水のシャワーや水風呂を利用する

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、水のシャワーを浴びたり水風呂に浸かることが考えられます。

日焼けとはいいますが、軽い火傷のようなものですから、ヒリヒリする場合も冷やすことが大切になってくるのです。

しかし、水のシャワーや水風呂は、ある程度の時間が来ると体を余計に冷やしてしまいますよね。

かえって、風邪等の体調不良を引き起こしかねません。

ですから、体が冷え切ってしまわない短時間で済ませる必要がありますね。


2.水で湿らせたタオルや氷のう・保冷剤を使う

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、水で湿らせたタオルや保冷剤を使うことが考えられます。

ヒリヒリする部分を水で湿らせたタオルや保冷剤で保護するのが大切です。

しかし、氷のう・保冷剤はそのまま使うと冷たくなりすぎる恐れがあります。

ですから、タオルや清潔な布で保冷剤を巻いて、適した冷温状態でヒリヒリした部分にあてて保護するようにしましょう。

また、水で湿らせたタオルは、ちょっと時間が過ぎるとぬるくなってきますよね。

ですから、時々、ぬるくなったタオルを再び水で湿らせることを繰り返す必要があります。

3.冷やしたジュース缶やペットボトルを利用する

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、冷やしたジュース缶やペットボトルを利用することが考えられます。

夏のレジャー等では飲料用として用意してあることが多いですよね。

それをお手軽に活用してみませんか。

冷えたジュース缶やペットボトルをそのままヒリヒリした日焼け部分にあてるのは、ちょっと待ちましょう。

タオルや清潔な布などで軽く巻いてから、そっと日焼けした部分にあてると良いですね。

ぬるくなってきたら、冷蔵庫やクーラーボックスにジュース缶を戻して新たなものを使えば良いのです。

また、使ったものは飲んでしまうのも良いですね。

ちょっとした一石二鳥になるかもしれません。


4.日焼け後のケアに効く軟膏を使う

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、日焼け後のケアに効く軟膏を使うことが考えられます。

通常は、クールダウン効果のある化粧水を利用することが多いですよね。

しかし、ヒリヒリする場合は肌が軽い火傷炎症を起こしているため、薬局や医師の処方箋などで購入した軟膏を使いましょう。

何故、軟膏が良いかといえば、クリーム状になっているからですね。

日焼けでヒリヒリした部分を、塗ることできちんと保護カバーできるのです。

また、肌への余計な刺激感がないので、塗ることによる痛みや違和感が生じにくいのも良いですね。

5.皮膚科等で診察を受ける

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、皮膚科等へ行って専門医による診察を受けることが考えられます。

ちょっとそれは大げさですのではと思う人がいるかもしれません。

しかし、ヒリヒリしてくる状態というのは、日差しによってちょっとした火傷を負ったという状況の表れでもあるのです。

ですから、我慢して過ごすよりも、病院へ行くこともオススメですね。

皮膚科等で診察を受けると、担当医による処方箋を受けられます。

適切な塗り薬を処方されるのではないでしょうか。

また、ヒリヒリ感の程度によっては、痛み止めの飲み薬が処方される可能性もありますよね。

早めに日焼けのヒリヒリする部分を治すためにも、病院へ行くという選択肢もあるのです。


6.水分補給をする

日焼けでヒリヒリする時の対処法としては、水分補給をすることも大切になってきます。

日焼けした部分の皮膚に感じるヒリヒリ感だけに注目してしまいがちですのですが、ちゃんと水分補給もしておきましょう。

何故なら、ヒリヒリするような日焼けは、肌がちょっとした火傷を負っているようなものだからです。

火傷という皮膚の炎症を起こしているために、どうしても皮膚の水分は奪われがちになりますよね。

そのため、水分補給をすることによって、体内から不足しがちな水分を底上げするのです。

ヒリヒリ感のある肌は、日焼けによる水分補給の必要性も表しているのだと気づくことも大切ですね。

日焼けのヒリヒリを解消しよう

日焼けでヒリヒリする時の適切な対処法をご紹介しましたが、いかがですか。

たかが日焼け、されど日焼けですよね。

ヒリヒリするということは、肌に火傷を負って炎症を起こしているようなものです。

ですから、まずは冷やして、軟膏等で日焼けした皮膚を保護し、場合によっては病院で診てもらうことも大切です。