膝枕をしてほしがる彼氏の心理4つ

最終更新日:2015年9月29日

彼氏が急に膝枕をしてほしいと甘えてくることはありませんか?または言葉にしなくても、流れの中で膝枕をしてくるという彼氏。

膝枕をしてほしがる彼氏の心理状態はどのようなものなのか、彼氏の中でどのような心境の変化が見られるのかご紹介します。

1.単に密着して癒されたいと思っている

膝枕をすることによって、自然と彼女と密着することが出来ます。

疲れた体を癒してほしい、何も考えずにいられる時間が欲しいと、単に甘えからくるというケースです。

普段男性は強がるタイプの人が多いため、彼女に対しても素直に甘えられないという男性は多いものです。

しかし、体や心が疲れている時や、癒しを求めている状態の時には、やはり彼女に甘えたいと思うのはごく自然なことです。

一緒にいて会話を楽しんだり食事を楽しむことだけではまだ足りず、彼女の膝枕を介してさらに癒されたいと思っている状態にあります。

「膝枕してほしい」と言葉にする男性もいますが、普段強がりであったり亭主関白気味の男性は、急に彼女に膝枕を強要してくることもあります。

こんな時は彼氏の甘えたいサインを感じ取って、彼氏が納得いくまで膝枕をしてあげるのが良いでしょう。

彼女に対して安心感を持っていて、心が開ける状態にある関係性であることが分かるでしょう。

時に強がりな男性の場合には、こうした行動に出るのはとても勇気がいるものです。

言葉をかけたりせず、寄り添う形で黙って応じてあげることも優しさになるでしょう。


2.辛いことがあった

男性は自分の中で辛いことがあった時、悲しいことがあった時、あまり彼女や周りの人に自ら話そうとはしないもの。

そんな時、支えとなって欲しいと彼女に思っていても、口に出来ない場合があります。

また、泣いている姿、悲しい表情をしている姿は、やはり男として彼女に見られたくないと思う男性も多いものです。

そのため、彼女に膝枕をしてもらうことで、その辛さを隠しながらも立ち直ろうとしている可能性が考えられます。

自分の中で解決しようとしている中でも、やはり辛く自分一人では苦しいと思う時もあるものです。

彼女という存在に頼りたいという状態になっていることが考えられるため、こうした時は彼女が支えとなる立場になると良いでしょう。

男女が入れ替わる形になってしまいますが、時にこうしたケースに対応してあげることが彼女としては大切です。

また、何があったのか、何で辛いと感じているのか、彼氏から発言するまでは深く聞き出さないであげた方が良い場合もあります。

表情を読み取られないようにと膝枕をしてほしがる人もいるので、察知してあげると良いでしょう。

3.彼女の存在がとても大きいと感じた

カップルの間では、何かきっかけがないと相手の存在の大きさに気付くことが出来ないでしょう。

交際期間が長くなればなるほど、感じるきっかけがなかなか出来ないものです。

しかし、彼氏の中で何かきっかけが出来て、彼女の存在の大きさ、大切さ、偉大さを感じた時に、急に触れたくなるという男性も中にはいるのです。

だからといってイチャイチャしたい訳ではなくて、ただそれを表現したいと感じた時に、不自然な形にならない膝枕で表現する場合もあります。

一緒にいることを実感でき、彼女の体温すらも感じられる膝枕。

彼氏にとってはとても安らぎの瞬間とともに、幸せを実感している可能性があります。

ここにいる、一緒に共有出来ている、これを実感できる方法として膝枕をしてほしがる男性もいます。

彼女のことを大切に思うあまりの行動ですので、彼女にとっても嬉しいことでしょう。


4.二人でいるのにも関わらず、独占したい気持ちが強い

膝枕をしてほしがる時は、大抵周りに人がいない状況、つまり二人きりであることが多いでしょう。

その中でも、もっと彼女を独占したい、この時間の内は自分の事だけ考えてほしいと強く思っている男性も、膝枕をしてほしがる傾向にあります。

膝枕をすることによって、自然と彼女側は自由がきかなくなり、動く時にも彼氏を動かさなくてはなりません。

動きを封じることによって、彼女を独占したいという気持ちの表れでもあるでしょう。

膝枕をしている状態の間は、少なくても彼女を自分のそばにずっと置いておくことが出来ます。

それを利用して、膝枕をしてほしがる男性もいるのです。

こうした心理状態の男性の場合には、束縛するタイプの人が多く、あまり自分に自信がない人に多く見られます。

安心させてあげるためにも、なるべく応じてあげるようにすると、自信が持てるようになるかもしれません。

彼氏がなぜ膝枕をしてほしがっているかを知ろう

彼氏が膝枕をしてほしがる時には、その中に甘えや辛さが隠れていることが多いです。

彼女として対応出来る限り応じてあげることによって、彼氏の中で解消され、安心感を持つことが出来るようになります。

これら上記の中には共通して、彼女といたいという気持ちを合わせもっていることが多いです。

言葉を無理にかけなくても良いので、そっと寄り添ってあげるタイミングであることを頭に入れておくと良いでしょう。