保湿の仕方。保湿で美肌を保とう

最終更新日:2015年8月2日

保湿の仕方によって、美肌を保つことができたり、荒れた肌を改善することができたりしますよね。

だからこそ、正しい保湿の仕方を身につけたいのではないでしょうか。

適切な保湿の仕方を知っておけば、保湿をしているはずなのに肌のトラブルが絶えないといった悩みも解消されるかもしれません。

そこで今回は、美肌のための保湿の仕方について、3つのポイントをご紹介します。

1.洗顔をしすぎないことが大切

1日何度も洗顔をしたいという人は結構多いですよね。

顔を洗った後のさっぱりとした感覚は、水分で肌が湿っていることもあって保湿に良いと勘違いしがちです。

しかし、洗顔のしすぎは、肌から本来備わっている保湿機能をうまく働かないようにさせてしまう恐れがあるので注意しましょう。

つまり、1日あたりの洗顔回数は、1~2回程度で抑えるようにするのです。

しかし、これは何故でしょうか。

理由がわからなければ、肌の保湿について正しい仕方を理解したとは言えませんよね。

肌に本来備わっている保湿機能には、分泌される皮脂が関わっています。

皮脂といえば、汚れの1つとして洗顔で洗い落としたいという人が多いのではないでしょうか。

しかし、この皮脂は適切な分泌量であれば、肌の保湿に役立つのです。

何故なら、肌からの水分蒸発を防ぐ薄いカバーのような役割を果たしているからです。

ですから、過剰に洗顔をすると、肌に本来残されなくてはならない分の皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

そうなってしまうと、肌からの水分蒸発が必要以上に増えてしまい、結果として保湿をすることができず肌荒れの元になってしまうのですね。

また、必要な皮脂まで洗い流すほどの洗顔回数を続けていると、体が皮脂不足と判断して、過剰に皮脂を分泌する傾向に陥ります。

すると、べたべたと脂質性の肌になったと勘違いして、さらに過度な洗顔をしてしまうという悪循環に陥りかねないのです。

このように、かえって肌の乾燥による荒れを引き起こすことに繋がるので、洗顔をしすぎないことが大切です。

1日あたり1~2回程度の洗顔にしましょう。


2.保湿力が高い化粧水や美容液を使う

肌の保湿を心がけるならば、毎日使用する化粧水や美容液には保湿力が高いものを選ぶのも良いですね。

しかし、保湿力が高いことが期待できる化粧水や美容液とは、どのようなものを指すのでしょうか。

それを知るためには、保湿力をサポートする成分が何なのかを知る必要があります。

まず、セラミドですね。

セラミドは、角質層の細胞と細胞の間を満たしている成分になります。

ですから、このセラミドが十分に角質層に含まれていれば、肌を乾燥がちにさせずに保湿をうまくサポートすることができるのです。

このセラミドが含まれている化粧水や美容液を選ぶのはいかがでしょうか。

次に、ヒアルロン酸ですね。

ヒアルロン酸は、水分を包み込む性質があり、その働きによって保湿力を高める効果を期待できます。

ただし、これは高分子なのか低分子なのかによって、多少の違いが出てくるので注意しましょう。

高分子ヒアルロン酸ならば、肌への浸透性は低いですが、保湿する時間が長めという性質があります。

低分子ヒアルロン酸ならば、保湿する時間は短めですが、肌への浸透性が高いという性質があるのです。

ですから、自分の肌の状態に合うものを選ぶことが大切になります。

このように、保湿力に注目して、自分の肌に合う化粧水や美容液を使うようにしましょう。


3.食生活を見直して体の内部から保湿力アップ

保湿力を高めるためには、肌の表面から働きかけるだけではなく、体内からも働きかけるのはいかがでしょうか。

つまり、食生活の見直しを図って、肌の保湿力を高めるものを摂取するようにします。

そのためにも、潤いのある肌作りに役立つ食品を知りたいですよね。

まず、基本的なことですが、体内の水分そのものが不足してしまうといけません。

ですから、水分補給をきちんとするようにしましょう。

目安としては、1日の水分補給量が2Lくらいになるように水を飲むようにするのです。

2Lのペットボトルを想像すると良いですね。

1回では飲み干せなくても、1日何度かにわけて飲むようにすることが大切です。

次に、食べ物ですね。

・アボガドはビタミンEを豊富に含んでいるので、肌の血行も良くなりますね。

・大豆・大豆製品は、ビタミンB2やEや大豆イソブラホン、良質なタンパク質を多く含んでいるのが良いですね。

・ブロッコリーや赤ピーマンは、肌に大切なコラーゲンの生成をサポートしてくれます。

・ナッツ類も、ビタミンB2やEを多く含んでいるので肌の乾燥改善・防止に良いですね。

・果物は、ビタミン類が豊富ですし、みずみずしくジューシーなところは水分補給のサポート食材にもなるのではないでしょうか。

このように、保湿力を高める食材を活用するなど、食生活の見直しをすることも大切です。

保湿の仕方を学んで日々のスキンケアに活かそう

美肌のための保湿の仕方について、3つのポイントをご紹介しました。

こうしてみてみると、毎日の基本的なスキンケアへの意識付けが大切であるとわかりますよね。

特別な何かをするのではなく、毎日の洗顔や化粧水や美容液、食生活などについて見直しを図ることが大切です。

そうすることによって、肌を上手に保湿できて美肌に繋がるのではないでしょうか。