ふくらはぎを細くする方法。血行を良くして脚痩せしよう

最終更新日:2015年6月27日

筋肉が付き過ぎてしまったり、むくみやすかったりといった理由で、ふくらはぎは体の中でも痩せにくい箇所の1つです。

そのため、「いくら努力しても細くならない」と途中で挫折してしまう人も少なくありません。

確かにふくらはぎは、すぐに細くはなりませんが、地道に細くするための行動を続けて行けば、必ず少しずつ結果が出ます。

ではふくらはぎを細くするためには何をしたら良いのか、具体的な方法についてご紹介します。

1.マッサージをする

ふくらはぎを細くするためには、マッサージをして血流を良くすることがオススメです。

入浴中、又はお風呂上りの時間を使って、ふくらはぎをマッサージしましょう。

入浴中やお風呂上りは体が温まっており、筋肉も柔らかくなっています。

そのため、マッサージの効果が出やすいのです。

まず、アキレス腱部分からひざの裏に向かって持ち上げるような形で、ふくらはぎを揉み上げます。

これによって、ふくらはぎの代謝が良くなります。

左右3~5回ずつくらい行ってください。

次に、ふくらはぎの脇部分を、下から上に向かって位置をずらしながら、指の腹でぐっと押します。

「痛気持ちいい」くらいの強さが良いでしょう。

最後に、ふくらはぎの余分な脂肪を絞り出すように、優しくひねり上げます。

これも、下から上に向かって行ってください。

この一連のマッサージを毎日続けることで脚の血流が良くなり、ふくらはぎが細くなっていくことが期待できます。

脚が疲れている時は、特に念入りに行ってください。


2.ふくらはぎを伸ばすストレッチをする

ストレッチによってふくらはぎを伸ばし、血流を良くすることで、ふくらはぎを細くすることができます。

まず、脚をまっすぐ前に伸ばして座ります。

つま先は天井に向けてください。

これによって、ふくらはぎの裏部分が伸びやすくなります。

そしてゆっくりと息を吐きながら、前屈します。

この時、上半身の力は全て抜いてください。

「痛くてこれ以上は無理」というギリギリのところで止まり、10秒間程度その体勢をキープします。

これを5回程度行ってください。

これによってふくらはぎのむくみがすっきりと解消され、細くなっていきます。

このストレッチも、体が温まっている時に行うと効果的です。


3.足首を柔らかくするストレッチで、脚全体の血流を良くする

ふくらはぎのストレッチだけでなく、足首のストレッチもプラスすることで、脚全体の血流が良くなり、ふくらはぎが痩せやすくなります。

まず、脚を前にまっすぐ伸ばして座ります。

上半身はラクな状態にして構いません。

そしてゆっくりと、つま先を天井に向けたり、床に向けたりすることを繰り返します。

これを15~20回くらい繰り返してください。

このストレッチにより、停滞していた血流が活発になってきます。

このストレッチは、「脚がむくんでいる」と感じた時、その都度行うと良いでしょう。


4.ふくらはぎのツボを押す

ふくらはぎにはいくつかツボがあり、それらを押すことによって、ふくらはぎが太くなることを防ぐ効果があります。

1日に1回必ずツボを押す習慣を付けると、ふくらはぎを細くすることができます。

ふくらはぎのツボは、膝の裏の中央にある「意中」・ふくらはぎの裏の真ん中部分にある「承間」・意中と承間の間にある「承筋」・そして承間とアキレス腱の間にある「承山」があります。

この4つのツボを、指の腹を使って「痛気持ちいい」くらいの強さでぐっと押すと、脚の疲れがすっきりと解消され、ふくらはぎが細くなります。

お風呂上りや、1日の疲れが溜まった就寝前に行うと良いでしょう。

座った体勢でもできるので、仕事中「脚が疲れた・むくんだ」と感じたら、これらのツボを少し押してみると、ふくらはぎがむくんで太くなることがなくなります。


5.脚を冷やさない

いくらエクササイズやマッサージなどをしても、脚を太くする生活習慣を送っていては、ふくらはぎは細くなりません。

そのため、いくつか気をつけるべきことがあります。

その1つが、「脚を冷やさない」ということです。

脚を冷やすと血流が悪くなり、脚がむくんでしまいます。

これが、ふくらはぎが太くなる原因の1つです。

そのため、普段から意識して足を冷やさないようにすることが大切です。

特に冷房の時期などは、脚が冷えやすくなります。

このような時は、「短過ぎるスカートはあまり履かない」「冷房が強い場所ではひざ掛けを使って脚を温める」などして工夫をしましょう。

そして帰宅後は、お風呂で十分に脚を温めるようにしてください。

ふくらはぎの血流を良くしていこう

ふくらはぎは、1度のマッサージやエクササイズなどで劇的な効果が出るわけではありませんが、地道に続けることで徐々に、そして確実に効果が出てきます。

ふくらはぎのむくみに繋がらない生活習慣も取り入れながら、1日に少しずつで良いので、コツコツ続けてみてください。

ふくらはぎがすっきりすると、脚全体の血流も良くなるので、「脚が疲れやすい」「脚がだるくなる」ということも減ってくるので、一石二鳥です。