お風呂場のコバエを撃退する方法と予防法

最終更新日:2016年4月23日

お風呂場に発生するコバエ問題については、本当に頭を悩ませます。

暖かくなる夏場は特に発生しやすいですが、そうとも限らずに季節関係なく出てきたりもします。

掃除したばかりであってもあまり関係ありません。

ここでは、コバエが発生しないような予防法と、発生したときの撃退法をご紹介します。

1.水周りのヌメヌメした水を作らない

コバエはいかなる時でも水から発生することが多いです。

気温が暖かい上に、水が腐っていたり臭かったり、ヌメヌメした状態だとコバエは頻繁に発生します。

排水溝や浴槽の下の水周りによく注意をして、ヌメヌメした水を作らないようにしましょう。

頻繁に掃除をすることが良いでしょう。

例えば排水溝は覗いて見える範囲だけで清潔を保っても意味がありません。

排水溝の内部に折れ曲がっている空間がある場合、その空間に溜まった水から水垢が発生したり腐って行ったりして水がヌメヌメすることがあります。

その場合はパイプをクリーニングする液を定期的に使用するなどして、水が溜まりやすい箇所の水が常に循環されるように意識しましょう。

浴槽の下も、隠れた水の溜まり場がある可能性があります。

こまめに掃除をしてヌメヌメした感触がないようにしましょう。


2.水周りを使用しない時に、水を溜めないようにする

お風呂から上がった後は、翌日までお風呂場の水を使用することはありませんよね。

その際にお風呂場の角や隠れた箇所に水が溜まったまま放置されることが続くと、これもコバエが発生する原因となります。

なるべくお風呂から上がった後は、お風呂場全体に一度シャワーを流しかけ、ボディソープの泡などの汚れた水が溜まらないようにします。

そして水が溜まりやすい箇所があれば、そこの水を軽く水はけするのも良いでしょう。

窓を開けて換気をしたり、換気扇を一晩かけておくこともオススメです。

とにかく水を溜めないようにしておきましょう。


3.お風呂場の窓からのコバエの浸入を防ぐ

お風呂場で発生するコバエの原因は、お風呂場内だけで起こっているわけではありません。

お風呂場には小さい窓が付いていることが多いでしょう。

そしてお風呂場は割と北や西側の、太陽の日差しの入りにくい場所に作られることが多いです。

そのため、お風呂場の外は日当たりが悪く、じめっとした空気の漂う場所となっています。

そんなお風呂場の外は要注意です。

雨が降った後の水が数日溜まっていて、どんどん腐ってしまうと、そこからコバエが発生します。

発生したコバエは、温かい空気や高い湿度に呼び寄せられ、お風呂場に付いている小さい窓からお風呂場の中に入ってきます。

いくらお風呂場内を清潔に保ったとしても、お風呂場の外が悪い条件だと、外からコバエが入ってきてしまいます。

発生を予防するために、窓の外の状況を確認しましょう。

コバエが発生しそうな悪い水が溜まっている場所はないか見てみます。

もしそういった場所がありそうなら対策を立ててみましょう。

水はけの良い土や砂を取り入れてみたり、水受けを作ってこまめに交換したりします。

それでもまだコバエが発生するようでしたら、今度はお風呂場に浸入してこないよう対策を立てます。

お風呂場の窓にコバエを寄せ付けない吊り下げ式のシートをぶら下げましょう。

今はドラッグストアなどでも手軽に購入できて効果も強いです。

色々な方法を試してみてください。


3.普段は気付かない水溜まりがないか確認する

お風呂場内をこまめに掃除して清潔にすることと、お風呂場の外の様子を確認して対策を立てることである程度のコバエの発生は減らせると思いますが、いついかなる時でも発生するのが厄介なコバエです。

まだまだ発生するようでしたら、普段は気付かない場所に水溜まりがあったり汚れがあるのかもしれません。

毎日は掃除できなくても、お風呂場の換気扇を外して内側と外側からも汚れが残っていないか確認してみたり、隣接する部屋の状態をチェックしてみたりします。

例えばトイレが近くにあったらその付近からも発生原因があります。

もしくは脱衣所に設置されていることが多い洗濯機が原因かもしれません。

洗濯機のホースを外してみたら汚れていたり、その中の排水溝の水汚れの可能性もあります。

コバエが発生するということは、どこかしらに発生原因があるということですから、季節の変わり目に衣替えをするように、一度時間をかけて念入りにチェックしてみることも良いかもしれません。

お風呂場のコバエを撃退しよう

コバエが発生する問題は、本当に頭を悩ませます。

小さくて退治しにくいものが一度にたくさん発生するのですから。

毎日お風呂に入る日常の中、毎日コバエのことで悩まされたらキリがありません。

本当にコバエの発生を予防したり撃退したいと思うのでしたら、お風呂場の内外合わせて徹底的に原因を突き止めてみるのがいいでしょう。

もしそこまで徹底的に取り組まなくても、日頃の少しの工夫だけで予防撃退する方法はあるのですから、自分でやりやすいところから始めてみてください。