太ももを痩せるための方法4選

ダイエット 自分磨き最終更新日:2015年5月31日

上半身は痩せているのに何故か太ももは太っているという人や、ダイエットをして他の箇所は痩せられたのにどうしても太ももは痩せられないと悩んでいる人は少なくないと思います。

では太ももを痩せるにはどんな方法があるのかご紹介します。

1.入浴中に太ももローラーでマッサージをする

入浴中の身体は温かくなり血流も良くなっています。
同時に身体の脂肪も柔らかくてほぐしやすい状態になっています。

入浴後は身体が段々と冷えてしまう為、入浴中の身体が温かいうちに太ももにアプローチするのが理想的です。

指で太もものセルライトを潰す感覚でマッサージをしても良いですが、太もも用のローラーを使用してマッサージすると指で行うよりも、より効果的に行う事が出来ます。

このローラーはバラエティショップやネット通販で購入する事が出来、色んなタイプが販売されていますが、オススメはセルライトを潰す事の出来る突起が沢山付いていて、ローラーで押すと太ももの肉をしっかり吸い込ませられるタイプのローラーです。

値段も手頃なので地道に続ける事で最初は硬くて太かった太ももも、段々と柔らかく細くなっていくでしょう。

2.ジムで太もものインナーマッスルを鍛える

ジムには自宅にはない、ランニングマシンや筋トレ用の器具が沢山あります。

太ももを痩せさせるには太ももについた硬い脂肪やセルライトを事前に潰して柔らかくした上で、ジョギングなどの有酸素運動を取り入れて脂肪を燃焼させながら、表面ではなくインナーマッスルを鍛える事が有効です。

ジムでどのマシンを使用するか迷っている人には、ランニングマシンをオススメします。

とはいえ、大切なのは有酸素運動なので速い速度でランニングをする無酸素運動ではなく、やや速めの速度のジョギングで有酸素運動をする事をオススメします。

時間的には本当であれば運動は開始後20分程してようやく脂肪の燃焼を始めるのですが、突然無理に長時間すると身体に負担がかかる上、続かなくなってしまいます。

そのため最初の内は20分程から始め、慣れてきたら少しずつ時間を伸ばして、最終的には1時間弱ジョギング出来る様になれると良いと思います。

ジョギングを習慣づける事で、太ももについた脂肪が少しずつ燃焼され、その上でインナーマッスルが付くので、ゴツゴツした筋肉ではなく芯のあるしなやかな美しい筋肉がつきます。

そしてたるんだ太ももは引き締まった細い太ももになっていきます。

3.普段の生活の中で太ももを使う動作をしたり、ストレッチをする

ジムに行く時間がないという忙しい人には、普段の生活の中で太ももを使う動作を取り入れる事をオススメします。

例えばお皿を洗っている最中はただ普通に立って洗うのではなく、片足ずつ後ろを軽く蹴り上げる様な動作を数回ずつ行ったり、本を読んでいる時には両足を広く外側に向けて腰を落とし、そのままの姿勢を20秒程キープしたり、電車やバスに乗っている時には人にバレない程度にかかとを少し上げる様にしたりなど。

日常のちょっとした工夫により簡単に太ももを引き締めらせ、コツコツと続けていく事で少しずつ痩せさせる事も可能なのです。

この動作に加えて、普段から寝る前にストレッチをして身体の筋肉を柔らかくしておく事も実は痩せさせる為には大事な事です。

寝る前に10〜20分程、リラックスした状態で開脚をしたり、太ももの表側を伸ばす等のストレッチをする事で痩せ易い身体にする事が出来るのです。

4.エステサロンで太もも痩身コースを受ける

もし自分の力ではどうにも太ももを痩せられない人、ジムに行く時間も、ゆっくり入浴する時間もないと言う人にはエステサロンでプロの力を借りる事をオススメします。

エステサロンは国内に沢山ありますが、事前に実際に体験した人や通っている人の信頼出来る口コミを見つけて、どのエステサロンが太もも痩せに効果的かを判断します。

後は経費的な面、続けられるかどうかも考慮した上で、まずは体験コースを受けてみます。
エステサロンでは、例えば自宅にはない身体を遠赤外線の力で温める特殊な機械や身体を包むシート、そして熟練のプロの技を受ける事が出来るので自分で行うよりも、より効果的に太ももを痩せさせる事が可能です。

まずは自分の太ももが何センチなのか、体験コース後に何センチに減ったか、そして今後通った場合にはどれくらい減らす事が出来るか、費用面等や自分の希望も詳しくスタッフに伝えて納得出来たら、通う事にすると良いと思います。

エステサロンでの施術はおそらく費用面で一番高くなってしまうので、じっくり考えて途中解約出来るか等も事前に確認しておくと安心して受けられると思います。

太ももが痩せるとスタイルも良く見えてくる

このように、太ももを痩せさせるにはいくつか方法があります。

少なくとも何もしなければ、決して今の太ももより細く痩せさせる事は出来ません。
まずは自分で出来る範囲で、続けられる方法を行ってみて、結果どうしても自分では痩せられない場合にはプロの力を借りると良いと思います。

太ももがほっそりとすると全体的な印象がスッキリとスタイル良く見せる事が出来ます。

 

    「太ももを痩せるための方法4選」への感想コメント一覧

  1. 1. みなみ2018/05/02(水) 16:42

    そうですよね、太ももが細くなれば見た目がだいぶ違って見えると思います。それでもダメなのであれば、体重を落としていくしかないと思います。

  2. 2. gayoko2018/05/10(木) 13:51

    上半身は痩せているのに、太ももが太いのが悩みです。
    なかなかお金がかけられないので、普通の生活の中で、
    意識して太ももを使う動作をしたり、ストレッチを取り入れて
    太ももを細くしたいです。

  3. 3. みけ2018/05/10(木) 14:25

    太ももはすぐに太るのになかなか落とすことが難しいと感じていますが、インナーマッスルを鍛えたり、お風呂でローラーマッサージなど、できるところからやってみようという気になりました。

  4. 4. 名無しのイケジョさん2018/05/26(土) 02:52

    太ももは運動などをしてもなかなか細くならないですよね。太ももが太いとパンツも太ももだけピチピチなんてことも。太ももが細くなったらパンツも素敵に着こなせそうですね。

この記事への感想を書く