二日酔いメイクを上手に作る方法。ラフとオシャレのバランスをとろう

最終更新日:2016年2月23日

ぽっと頬が上気して、色っぽさが感じられる流行の二日酔いメイク。

とても可愛いのですが、一歩間違えると本当に二日酔いになったようなだらしない顔になってしまいます。

上品さが感じられる二日酔いメイクの方法をご紹介します。

1.ちょっとオイリーなツヤ肌

二日酔いメイクで欠かせないのが、肌のツヤ感です。

一日洗顔していないかのような、少しオイリーさを感じさせるようなツヤ肌がポイント。

ツヤ肌を作るコツは、スキンケアの段階でしっかりと保湿することと、ファンデーションはリキッドを使うことです。

保湿は化粧水で肌を整えたあと、乳液かオイルを馴染ませます。

乾燥肌の人にはオイルがおすすめ。

化粧崩れしないように、乳液かオイルを馴染ませたあとは、少し時間を置いてからファンデーションを塗りましょう。

リキッドファンデーションのあとは、あえてパウダーでおさえないのもコツです。

そのままではテカってしまうので、あぶらとり紙やティッシュで肌を軽く押さえるようにしてください。


2.メイクが落ちてしまったような囲み目

二日酔いで疲れてしまった時、目の下にクマができたようになります。

そんな感じをメイクで再現するのが二日酔いメイクのポイントです。

普段のメイクにプラスして、アイシャドウを上瞼と下瞼両方に入れてぼかします。

アイシャドウはブラウンやグレー、カーキなどのスモーキーカラーがおすすめです。

本当に不健康な顔色にならないように、濃くはっきり入れるのではなく、うっすらとぼかしたように入れることが大切です。

アイシャドウが主張するので、アイラインやマスカラは控えめにしましょう。
ニュアンスのある目元が色気を感じさせ、綺麗な二日酔いメイクになります。


3.何も塗っていないようなヌーディーリップ

二日酔いで化粧もできなかったような雰囲気の、ヌーディーなリップが二日酔いメイクのポイントです。

唇の色味はコンシーラーやファンデーションで消して、ベージュ系のリップを塗ります。

グロスでツヤ感を出すのもおすすめです。

あまりにも血色がないと不健康そうに見えてしまうので、唇の内側だけにポンポンとレッド系のリップやグロスを重ねるといいでしょう。

肌馴染みのよいピンク系でも大丈夫。

くっきりとラインを描いて塗るのではなく、ラフに塗ることが大切です。

指で直接唇にポンポンと乗せましょう。

リップラインがはっきりせず、口紅が落ちかけているような雰囲気が出ると二日酔いメイクらしくなります。


4.眉はとことんナチュラルに

眉は、何もしないくらいでちょうど良いのが二日酔いメイクです。

自眉をそのまま生かして、少しボサボサしているくらいが二日酔いメイクらしくなります。

自眉が細かったりほとんどない場合は書き足す必要がありますが、ペンシルでしっかり書くのではなく、パウダーでほんのりとぼかしながら書き足していきましょう。

アイシャドウで目元の印象がはっきりしていますので、眉は控えめにするとバランスがとれます。

自眉が濃い人は、ブラウン系のアイブロウマスカラなどで少し色を明るくすると、眉が主張しすぎずちょうど良い雰囲気になります。


5.色気のある目の下チーク

流行中の目の下チークは、二日酔いメイクとも相性が良いのでおすすめです。

レッド系のチークを目の真下辺り、涙袋を中心にぼかして入れます。

目尻から少しはみ出るくらいの位置までぼかします。

濃く入れすぎると不自然になってしまうので、鏡を見ながらバランスに注意して入れるようにしましょう。

目の下チークを入れる場合は、アイシャドウをぼかす範囲に気をつけます。

アイシャドウを下瞼から広くぼかしすぎていると、チークとケンカしてしまいます。

その場合は、目の下のアイシャドウを控えめにするとよいでしょう。
リップとのバランスも大切です。

チークが濃くてリップも濃いとちぐはぐした印象になるので、目の下チークを入れる場合はリップはヌーディーに控えめな色にしておきましょう。


6.ヘアもちょっとだけオイリーかつラフに

二日酔いメイクを完成させるにはヘアスタイルも重要です。

ちょっとボサボサな感じが出るような、ラフなスタイリングがおすすめです。

髪にオイルを馴染ませて、少しオイリーな質感を出しましょう。

オイルは少量ですごく伸びてベタつくことがあるので、1~2滴馴染ませるだけで十分です。

スタイリングは、手ぐしでぼさぼさっと無造作な形にしてからスプレーで整えます。

オイルを馴染ませていると、ワックスなどをつけるとさらにベタつくことになるので気をつけましょう。

前髪をかき上げたスタイルもグッと色気が出るのでおすすめです。

二日酔いメイクはラフだけどオシャレというバランスを見つけよう

二日酔いメイクは、一歩間違えると本当に二日酔いになったような雰囲気になってしまいます。
コツをしっかりおさえて、ラフなんだけどオシャレに見えるバランスを追求しましょう。

だらしないようで色気のある雰囲気が出れば、二日酔いメイクは完璧です。

いつもと少し違う雰囲気の二日酔いメイク、ぜひ楽しんでみてくださいね。