育児休暇はスムーズに取得する方法。職場の空気を乱さずとろう

最終更新日:2016年2月1日

育児休暇をとることは、働く女性にとっては、育児に集中できる大切な期間となります。

そしてそれと同時に、本来は現代の労働者の権利であるともいえるでしょう。

でも、実際に育児休暇を取得している人は、まだまだ100%ではありません。

ではスムーズに育児休暇をとるには、一体どうしたらよいのでしょうか。

1.妊娠が判明したら、すぐに育児休暇の取得を申し出る

育児休暇をスムーズにとる方法として、早めに職場に報告するということが、非常に重要となってきます。

早めに職場の上司に報告すれば、育児休暇に入る人の代わりの仕事の配分を、ほかの社員に振り分けることもできます。

人がどうしても足りない場合は、アルバイトや派遣スタッフなどを入れて、乗り切ることもあるでしょう。

早め早めに報告することで、会社としても、体制を整えやすくなります。

そしてそれが育児休暇をスムーズにとることにつながります。

多くの企業で、現在は育児休暇を取得することが決められています。

しかし、実際に全員がちゃんと育児休暇をとれているかというと、そうではありません。

どうしても会社のシステムで、育児休暇を取得する人がいる場合、手薄になってしまうということもあります。

しかし、早めに育児休暇を取得したいということを告げることで、その時期に合わせての準備をすることができます。

会社で働くということは、チームワークも必要となります。

育児休暇は、取得するべき権利でもありますが、できるだけ周囲に理解を得られるような形を整ることも大切です。

早めに伝えるということが、育児休暇をスムーズにとるための方法となります。


2.仕事の引継ぎは事前に徹底して行う

育児休暇をスムーズにとるために大切なのが、事前に徹底して引継ぎを行っておくということです。

育児休暇をとる場合、何か月も、場合によっては年単位で職場を離れることとなります。

そういう時に絶対欠かせないのが、仕事の引継ぎです。

自分が育児休暇に入った時、仕事に対して支障が出ないようにしておきましょう。

育児休暇に入った人の仕事は、もしかしたらほかの同僚で分担して行ってくれるのかもしれません。

また、アルバイトや派遣社員などで穴埋めをするということもあるでしょう。

そういった形であなたの仕事のサポートに入ってくれる同僚達が「あれ、この仕事ってどうなっているんだっけ?」と、分からなくなってしまうことがないように、明確に説明し、資料もちゃんと準備しておきましょう。

もし同じポジションに戻ることになりそうなら、いくら育児休暇中といっても、電話での問い合わせにはこたえられるようにしておきましょう。

業務を円滑に進めることになるだけでなく、あなたという人間のPRにもなります。

「私は育児休暇が終わったら、その職場に戻りますよ」と、言外にメッセージを送ることができるでしょう。

育児休暇をスムーズにとるためには、くれぐれも仕事の引継ぎはしっかりと行っておきましょう。

そしてそれは、社会人としてのマナーでもあります。


3.周囲の人達に感謝の言葉を伝える

育児休暇をスムーズにとるためには、職場の上司や同僚など、周囲の人達に感謝の言葉をしっかりと伝えましょう。

それが育児休暇をスムーズにとるための方法となります。

いくら会社のシステムであっても、育児休暇をとっている人のフォローやサポートは大変です。

でもそんな時にちゃんとお礼を言われたら、笑顔で「どうぞ」と言ってしまうでしょう。

す本当は、少子化社会の解消のためにも、育児休暇の取得のパーセンテージを上げていくことは欠かせません。

しかし、実際には仕事を余分にすることとなる人がいるのも事実です。

同僚だけでなく、職場の上司も人の配置に頭を悩ませていたかもしれません。

その業務は当然のことではありますが、きちんとお礼を言われると、それだけで人間関係がスムーズにいくでしょう。

「育児休暇をとるのは当然の権利なのだから」そういう気持ちが心の中にあります。

しかし、職場で助けてくれる人がいるのも事実です。

そういった人達に、しっかりとお礼を伝えることは、育児休暇をスムーズにとるための、大切な方法といえるでしょう。


4.自分より先に育児休暇をとる人を率先してサポートする

育児休暇をとる時、スムーズにいくかどうかというのは、会社や職場の雰囲気にも左右されてしまいます。

今まであまり育児休暇をとる人がいなかった場合など、どうしてもすんなりといかないという場合もあるでしょう。

そういう職場で働く場合、自分よりも先に育児休暇をとる人がいたら、その人を率先してサポートしましょう。

それが育児休暇をスムーズにとるための方法です。

一人でも多くの人が育児休暇をとっていたら、職場の雰囲気もだんだんと変わってきます。

そういう人が何人もいれば、育児休暇をとるのは当たり前・・・という感じになるはずです。

また、休暇中の人の仕事を率先してやることで、他の同僚にも「手伝うのが当たり前」という感覚を分かってもらうことができます。

そうなれば、次に育児休暇をとる人がいても、より休暇が取りやすくなっているでしょう。

そして育児休暇から復帰してきた人が、今度はこれから休暇に入る人をサポートしてくれるはずです。

自分より先に育児休暇をとる人を率先してサポートするということは、いざ自分が休暇をとる時に、スムーズにとることをできやすくします。

そしてそれはその職場全体にも、とても良い影響をあたることでしょう。

育児休暇をとろう

育児休暇をスムーズにとる方法をご紹介しました。

その方法とは、事前の連絡や周りの人に対しての気配りにほかなりません。

相手への配慮があるからこそ、スムーズに物事は進むのでしょう。

休暇をしっかりとって、再び仕事に復帰するためにも、できるだけ良い形で育児休暇をとる体制を整えることが一番大切なことといえるでしょう。