他の男と連絡をとってほしくないという彼氏の心理や理由とは。異性との連絡にヤキモチをやく彼氏

彼氏の心理最終更新日:2018年4月27日

彼女が異性と接しているのを見て、彼氏が内心焼きもちを妬いてしまうのはごく普通のことです。

それでも態度に出しすぎないように振るまう人が多いですよね。

中には焼きもちが強く、彼女に他の異性には連絡もとって欲しくないという男性がいます。

その心理とは、一体どのようなものでしょうか。

1.自信がなくて彼女を信用していない

彼女に他の異性と連絡もとって欲しくないという彼氏の心理として、自分に自信がなくて彼女を信用していない場合があります。

このタイプは、少しでも彼女が異性と接すると、自分から心が離れてしまうのではないかと思ってしまいます。

男性としての魅力にも自信がなく、あまり女性を口説くこともありません。

そのため、1度手に入れた彼女を絶対に手離したくないという気持ちも強くなってしまいます。

強硬な態度とは裏腹に彼女からの愛情も信じきれないので、逃げないように徹底的に束縛してしまいます。

彼女を信用していないので、異性だけでなく同性と遊んだりすることも嫌がります。

このタイプは一見強気で自信があるタイプに見えますが、内心は自信がなくて不安を抱えている人です。

浮気などはせず、本当に彼女を好きな一途な人が多いのもこのタイプです。

2.神経質でささいなことでも気になる

神経質なあまりささいなことでも気になってしまうタイプも、彼女が他の異性と連絡をとることを嫌がる場合があります。

神経質なあまり彼女がいつもと違うことや自分以外の人と接すると、とても気になってしまいます。

本人にとっては気になることが普通ですから、あまり束縛しているつもりもありません。

あくまで理詰めで異性と連絡をとることを反対したり批判したりします。

日頃から神経質で理屈っぽいタイプです。

ただし気になってしまうだけで悪意はないので、対応次第では分かってくれることが多いのも特徴です。

コミニュケーションさえしっかり取れれば気分も安定して、神経質な面が丸くなります。

本人は理屈っぽいのですが、神経の問題なので理屈で言い負かせるのではなく精神的なコミニュケーションが有効です。

理解してもらうには、普段から意思疎通を図ることが大切です。

3.彼女を支配したい

彼女を支配したいという気持ちから、他の異性との連絡を嫌がる場合もあります。

彼女を愛しているということもありますが、そもそも支配欲の強いタイプであると言えます。

支配欲の強さが原因の場合は、自分のものである彼女が勝手に異性と接することが許せません。

そのため彼女に対して理不尽で横暴な態度をとります。

しかし、一見優しそうで周囲に対して気配りが出来る人が多いのも特徴です。

お互いに相性が良ければかまわないのですが、困っているなら少し注意が必要です一度思い通りになると、横柄で理不尽な態度が悪化していきます。

彼氏の支配的な態度に困っているときは、強制的に外の人と接する機会を持ちましょう。

必要以上に相手に合わせると、相手の態度は悪くなるばかりです。

4.ストレスから彼女を苦しめてしまう

強いストレスを抱えていると攻撃的になってしまうタイプも、彼女に他の異性と連絡を取るのを嫌がることがあります。

このタイプは強いストレスから攻撃的になってしまい、彼女が苦しむようなことをします。

しかし攻撃的な態度はよりストレスを高めて悪循環に陥ることが多いので、彼氏のためにも攻撃はなるべく防ぐことをオススメします。

ストレスによる攻撃性は、主に自分に反抗しない相手に対して発揮されます。

好きだからと言いなりになっても、反対に彼氏のストレスが増したり攻撃的な行動がエスカレートします。

彼女が他の異性と連絡をとることを嫌がるのも、彼女を苦しめるために攻撃し、ストレスを発散することが目的になってしまっています。

目的が決まっていて理性が働かなくなっているため、いくら理屈で説得しようとも止められません。

この悪循環を止めるには、彼が自分で態度を改めるしかありません。

優しくしてもどうにもなりませんので、相手に対して毅然と接する必要があります。

それでも分かってくれないようであれば、少し距離を取るようにしましょう。

距離を取ると彼氏も人を攻撃するという習慣から離れるので、冷静になることが出来ます。

愛情があれば、自ら努力して変わる可能性もあります。

5.彼女に依存している

彼女に対する依存心から、彼女に他の異性との接触を嫌がる場合もあります。

彼女のことが大好きで心の支えになっているため、彼女が離れてしまうことをとても怖がります。

依存心が原因の場合は嫌われるようなことは避けることが多く、あくまで嫌だという主張のみで強制的に禁止することはしません。

とはいえ、あまりにも依存心が強すぎるとこれからの関係にも支障が出てきます。

かといって強く否定したり拒絶してしまうと深く傷ついてしまいます。

寂しくないようにフォローをしたり、彼氏にも一人の時間を楽しんでもらうような工夫をしてあげるのがオススメです。

異性への連絡をとってほしくないというワガママな愛情表現はほどほどが一番

今回は、彼女に他の異性には連絡もとって欲しくないという彼氏の心理についてご紹介しました。

束縛したり焼きもちを妬くのは、相手に対する愛情表現でもあります。

しかし、相手のことを考えなければ気持ちは離れてしまいますよね。

相手と末永く付き合っていくならワガママな愛情表現はほどほどにしてもらい、お互いの気持ちを尊重し合いましょう。

 

    「他の男と連絡をとってほしくないという彼氏の心理や理由とは。異性との連絡にヤキモチをやく彼氏」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く