石原さとみ風メイク術。大きな瞳とぽて唇がポイント

最終更新日:2016年5月7日

みんなの憧れ1とも言える『石原さとみさん』メイク術をご紹介します。

ペットのような愛くるしい瞳とぽてっとした唇にノックアウト。

男性を虜にする石原さとみさんメイクを簡単にできる方法を伝授します。

1.大きな黒目

まず石原さとみさんメイクにかかせないのが黒のカラコン★

彼女は黒目が非常に大きいので一般女性の黒目の大きさではさとみちゃんになれないのです。

縁に黒いカラーがついているカラコンをまず装着してください。これだけでも少し近づけちゃいます。


2.タレ目メイク

大きな瞳にタレ目で愛され顔な彼女。

私たちはどのようにタレ目に見せたらよいのでしょう?
まずは黒いペンシル、もしくは焦げ茶色のペンシルで目の下の粘膜目尻から三分の一くらい引きます。

次にそのラインをぼかすかのように、茶色のアイシャドウで自然になるようにぼかします。
したまつげに繊維をたくさんのせて、綺麗に一本一本マスカラをつけます。

石原さとみメイクにかかせないのが自然体。

ごてごてに塗ってはいけませんよ。

3.自然体アイシャドウ

リキッドでしっかりとアイラインを引かずあくまでも上品な仕上がりを目指すため、まずはイエローベースの茶色を薄くアイホール全体に乗せます。

次に少し濃い茶色を二重より少しはみ出すくらいつけます。

ここで大事なのが目頭あたりはオーバーぎみに茶色をイン。

タレ目を作るポイントとして目の始まりの部分が濃い方がより瞳が大きくタレ目に見えるのです。
全体的に茶が乗ったらつぎはパール入りのピンクでぼかすように馴染ませます。

そのままピンクをしたまぶたの涙袋へイン。

これでタレ目が近づいてきました。
黒のアイライナーで粘膜を塗りつぶすようにラインを引きたくさんの繊維をのせてマスカラを丁寧に塗ります。

アイライナーはあくまでも目尻からあまりはみ出さず、コロンとまぁるい目に仕上げてください。


4.ぽってり唇メイク

石原さとみさんに欠かせないのが、ぽってりとした唇。特に上唇に関してはかなりオーバーぎみにラインを引きます。

リップライナーは薄目のベージュかピンクを。ヌーディーなピンクの方がよいでしょう。
オーバーぎみに輪郭をかき、一度中の唇を、MACのミスやフレッシュポットなどマット系のベージュで塗ります。

次に少しグロスを足して、薄いピンクを上からイン。

次に色身が少しついているグロスを唇の真ん中にだけのせて立体間を出します。

これで石原さとみ風唇の出来上がりです。

5.愛されチーク

ほわっとしたチークをほっぺたの真ん中辺りにまぁるく乗せます。

色はベビーピンクか青みがかったピンクがベスト。
なるべくポンポンと丸くつくような感じで立体的なほっぺになるようにのせていきます。

少し濃いかな?くらいが石原さとみさん風にするにはちょうどよいでしょう。

そこへラメ入りのパウダーを少し足してキラキラ感を。

もしくはつやつやでも大丈夫です。

5.眉毛はしっかりと

石原さとみさんはしっかりと眉毛がはえていて、かわいい見た目にしっかり眉毛がバランスが良いのです。

少し濃い目の茶色のシャドウで眉の毛に沿って色をつけていきます。
眉が細くなって毛がない部分はペンシルで自然になるように毛流れに沿って色を足していきます。
このときの注意点が眉毛を長くしないこと。

眉が長いとどこか昔の印象に。

太く長すぎずがベストですよ。


6.色白クリーム肌

石原さとみさんはつやつやのお肌がCMで印象的ですね。

粉ファンデを使わずにリキッドと粉だけで透明感を出しましょう。
まずは下地をきちんと乗せて毛穴が目立たないようにきちんとまんべんなく叩いていきます。

つぎにリキッドをのせリキッド用のブラシで薄くなるようにぼかしていきます。
まんべんなくついたら、真っ白のお粉をすこーし乗せるくらいの感じでささっと大きめのブラシでつけていきます。

もうこれだけで大丈夫です。
厚化粧にならないように気を付けましょう。

7.ゆる巻き髪

あまりストーレートヘアの印象がない彼女ですから、やはり巻き髪をつくってあげた方がより近づくことができます。

ここで大事なのが、茶髪にしないこと、前髪をつくること。

黒髪がきれいな石原さとみさんですから彼女に近づくためにはさらさらのつやつや黒髪が必須。
そして、前髪を自然に流すような感じでつくってあげることが大事ですね。

髪型は顔の八割を占めるとも言われています。

なのでまず彼女に近づくためには髪型を似せることが大切なのです。

あまりにも茶髪すぎるようであれば一度髪の毛の色を変えてみてはどうでしょうか?

石原さとみさん風メイクで新しい自分を見つけよう

石原さとみさんに近づくためのメイク術をご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?

お洋服に関しても、夏ならワンピース、冬ならニットが彼女のふわふわしたイメージに近づくのではないでしょうか?

是非ともご参考にして一度ご自分にメイクをしてみてください。

あたらしい自分がみえてくるかもしれないですよ。