石原さとみになるメイク術!眉毛と唇のナチュラルさが秘訣

最終更新日:2016年2月23日

ドラマやCMなどで活躍中の石原さとみさんの雰囲気を真似したいと思う女性は多いのではないでしょうか。

作品ごとに微妙にイメージは違うものの、周囲の空気も変化させるような柔らかい雰囲気は共通しているようにみえます。

石原さとみさんのような、ふんわりとした柔らかい雰囲気になるには、どのようにメイクしたら良いかご紹介します

1.眉は太めの直線に近いアーチ状に

石原さとみさんのメイクの特徴は、第一に眉があげられます。

メイク全体の雰囲気は柔らかい印象なのに、眉は直線に近いアーチ状のラインのことが多いようです。この眉のかたちが、柔らかい雰囲気の中に女性らしい芯の強さを感じる要因のようです。

 使用するのは比較的濃い目のブラウン系のアイブロウです。色は最終的に濃い目になるように徐々にのせていきますので、できればブラシタイプの方がやりやすいかもしれません。

眉の上下端はあまりぼかさない方がイメージに近くなります。全体的にきりっとした印象の眉ですが、眉マスカラではっきりさせるのではなく、あくまで自然な毛の流れを意識した方がイメージに近くなると思います。

 ポイントは、眉幅と眉の位置です。目頭側は目頭の真上か心持外側に、眉尻は目尻の少し外側くらいまでと、一般的なアイブロウのラインより短めに。

眉の位置は目とのバランスですが、あまり目に近くない位置のほうがより石原さとみさんの雰囲気に近くなるでしょう。

2.目のかたちは台形に

柔らかい雰囲気は眼差しも担っている部分が大きいです。

そしてその特徴が最も出ているのは、下瞼のラインです。目頭から黒目の外側の端まではほぼ直線、そこから目尻までは少し角度をつけて僅かに上がっているのが見て取れます。

この下瞼のラインを意識したうえで、上瞼のアイラインを引きます。

眉頭と眉尻はあまり高さを変えません。

下瞼の眉尻側が少し上がるので、若干眉尻の方が高いかなくらいの違いです。上瞼にそってアイラインを引きますが、このとき、黒目の上にあたる部分はあまり太く引かず、眉尻にいくにしたがって徐々にアイラインの幅を広く引きます。

こうすることにより、上瞼のかたちがアーチではなくこころもち横長の長方形に近いシルエットになり、優しげな目元になります。

目のかたちによって下瞼のラインが直線になりにくい場合は、眉尻の影になる部分に黒に近い色で色を入れると、イメージに近くなっていきます。

マスカラは眉尻にボリュームを意識してつけると、より近い印象になります。眉尻だけにつけまつげをしてもいいかもしれません。

3.チークとリップはふんわりと

石原さとみさんの柔らかい印象の大きな要因はチークとリップでしょう。

チークは頬の中心から若干外側にふんわりと入れます。色はナチュラルなピンク系で。顔の印象によっては若干濃い目にいれたほうがより雰囲気が出るかもしれません。

リップは肌の色とあまり色差のない、ヌーディーなピンク系のものを選びます。

先に唇と肌のラインがはっきりしないよう、軽く口とその周辺におしろいをはたきます。

上唇は唇の山をあまり意識せず、口の端に向かってなだらかな稜線を描くように引きます。下唇は、中心から小鼻の端の延長線上くらいまではあまりアーチは描かず、舟の底のようなラインを意識します。上唇より下唇の方が心持オーバーリップの方が、より石原さとみさんの印象に近くなるかもしれません。

仕上げにグロスで唇に潤いを演出します。少し広い面積に艶が出るようにのせます。

石原さとみさんの柔らかい雰囲気は、ピンク系のナチュラルな色味と目元からきているようです。眉をしっかり、頬から下はふんわりを意識すると、より近いイメージになるでしょう。