自分から予定を話してくる男性は何を考えているの?

最終更新日:2017年1月8日

聞いていないのに、自ら予定を話してくる男性はよくいるものです。

「どうしてそんなこと私に話すのだろう」と疑問に感じたことのある女性もいるでしょう。

自ら予定を話してくる男性の心理を見ていきましょう。

1.予定内容に興味を持ってほしい

自ら予定を話してくる男性は、女性に予定内容に興味を持ってほしい、という心理があります。

「今週末に、BBQをするんだ」「マラソン大会に出場するんだ」など予定を話すことによって、女性や周りの人から、興味を示してほしいのです。

予定を話すことをきっかけに、お互いの趣味の話に発展したり、一緒に休日や余暇を過ごすことになったりすることにも繋がるからです。

聞いてもいないのに、男性が予定を話し始めたら、少しは内容に興味を示してあげると、男性は喜ぶはずです。

興味がない場合でもしっかり相槌は打ってあげると、男性の機嫌を損ねないはずです。

2.忙しさをアピールしたい

自ら予定を話してくる男性は、自分の忙しさをアピールしたい、という心理があります。

人によっては「どうして忙しさをアピールしたいのか分からない」と思うかもしれません。

けれど言い換えれば、暇だと思われたくない、という気持ちがあります。

仕事以外にもしっかり予定が合って、趣味などで充実している人は、どこか魅力的ですよね。

予定を話し、忙しさをアピールすることで自分の魅力をアピールすることにもなると男性は思っているのです。

そんな男性には「忙しそうだね」「仕事以外のことも頑張っていてすごいね」などと声をかけるといいかもしれませんね。

3.空いている日を聞いてほしい

自ら予定を話してくる男性の中には、その後で空いている日を聞いてほしい、という心理があることもあります。

とくに話す相手が気になっている女性や、お互いに好意を抱いている間柄であれば、そのような心理を持つことが多くあります。

自分から、すでに予定が埋まっている日を女性に教えることで、女性が「じゃあ、いつ一緒に出掛けられる?」と聞きやすくなるようにしています。

確かにデートをしたい相手の予定がすでに分かっていれば、空いている日を聞きやすいですよね。

自ら予定を話してくる男性は、恋愛上手な一面を持っているのかもしれませんね。

4.友達が多いと思われたい

自ら予定を話してくる男性の中には、友達が多いと思われたい、という心理を持っている人もあります。

「明日から旅行にいく」と男性が言ってきたとしたら、大抵の場合、どこにいくか、誰といくか、という話になりますよね。

男性は予定の話をきっかけに、自分には多くの友達がいる、人気者である、社交性がある、ということをアピールしたいのです。

孤独で寂しくない男性のイメージを相手に与えることにも成功します。

話を聞いているあなたが、友達が少ない方であれば、男性の予定の話をされると、劣等感にさいなまれてしまうこともあるでしょう。

けれど男性が、大げさに友達が多いアピールをしていると考えて、あまり気にしないようにしましょう。

5.沈黙になるのを避けたい

自ら予定を話してくる男性は、単に沈黙になるのを避けたい、という心理から、話をしてくることがあります。

自分の予定は、身近な話題なので話しやすいですよね。

例えば、ランチの時間に話すことがなくなってしまった時、仕事の後、駅まで一緒に帰ることになった時など、ちょっとした時間に話す話題がなく、沈黙になってしまうこともありますよね。

お互いに沈黙のせいで気まずくならないために、自ら予定を話してくるのです。

「なんで予定の話なんてするのだろう」と疑問に思うかもしれませんが、男性なりの気遣いだということをしっかり分かってあげましょう。

そして、話題を提供してくれたことに感謝する気持ちを持ちましょう。

6.羨ましがられたい

自ら予定を話してくる男性は、予定を羨ましい、と思ってほしい、という心理があります。

特に暇なことが多い人や、立てる予定がない人、友達がいない人は、男性の予定を聞いて「やることがあって羨ましい」「楽しそうな人生で羨ましい」と思うはずです。

その男性に何かのすごい才能がなくても、容姿が良くなくても、ただ予定があるだけで、尊敬のまなざしで見る人も出てくるのです。

そんな風に男性は羨ましがられるのが好きで、満足できるタイプの人です。

「羨ましい」と男性に対して思ったら、男性を見習って人に話せるような予定を立てられるように日々意識して計画してみると、行動内容も変わるかもしれませんね。

自ら予定を話してくる男性の心理を知ろう

自ら予定を話してくる男性は、予定内容に興味を持ってほしかったり、空いている日を聞いてほしかったりする心理があります。

また忙しいことや友人が多いことのアピールでもあります。

また沈黙を避けるために、身近な予定の話題を用いることもあります。

そんな男性の心理を理解すれば、男性と上手く会話ができるようになるかもしれませんね。