男ウケする女性の恥じらい行動

最終更新日:2015年8月25日

男女の付き合いが長くなると、恥じらいなどが無くなってしまうこともよくありますよね。

ですが、大半の男性は、女性の恥じらい行動が大好きなものです。

男性に好まれる、女性の恥じらい行動についてご紹介します。

1.露出の多い恰好を恥ずかしがる

男性は、もちろん女性の肌の露出が大好きで、タンクトップ、ショートパンツやミニスカートというファッションを好む人が多いです。

ですが、その見せ方にも男性なりのこだわりがあるようで、いかにも「私の素肌を見て」とアピールするような女性よりも、普段は露出少な目だけど、デートに合わせてちょっと露出度を上げてきましたという女性にグッときます。

確かに、こんな格好恥ずかしいと言いながら、勇気を出して自分の彼氏が好みそうなファッションを選ぶ女性には、男性の心が動かされるのもわかる気がしますよね。

普段はガードが堅い女性が、自分のために初めて肌を出す、という感じが、たまらないのでしょう。

同じ露出の多いファッションでも、自ら進んで肌を晒すよりも、恥じらいを含めて、多少居心地悪そうにした方が、男性からの高評価に繋がるということですね。


2.目が合った時、赤面する

好きな相手と目が合ったりすると、恥ずかしさが余って、思わず赤面してしまうタイプの人って、いますよね。

こんな赤面症は、本人にとっては悩みの種だったりもしますが、男性から見ると、女性の赤面は、とてもかわいらしく映るものです。

特に、恋愛感情から来る赤面は、「自分のことがそんなに好きなんだな」と思えるため、男性にとっては嬉しいことでもあります。

また、目が合ったくらいで赤面するということは、異性とあまり接し慣れていない証拠ともとれるので、遊び慣れていない女性を好む男性にとっては、とても魅力的に見えることでしょう。

この赤面は、せいぜい付き合う前~付き合いたての頃までしか起こりえないことで、残念ながら、関係が長くなると、消え失せてしまうものの一つです。

そんな、緊張感のある付き合いのうちにしか味わえない恥じらいだからこそ、男性が喜ぶのでしょう。


3.手を繋ぎたそうにする

付き合い始めて、一緒にデートをする仲になると、当然ながら、手を繋いで歩いたりしますよね。

ですが、手を繋ぎ始めるまでには、お互い、色々な思惑があることでしょう。

ここで、女性の方から積極的に男性の手を掴んで繋いでくるよりも、自分からは行動を起こせないけれど、いかにも繋ぎたそうな顔で待っている女性の方が、男性から見てかわいく見えるものです。

触ったり手を繋いだりしたいけれど、自分からは積極的に相手を触ったりできないという恥じらいは、男性から見て、女性らしさを感じさせます。

自分がリードしてあげないと、という気持ちにもなれるので、男性のプライドを守れる、ということもあるかもしれません。

既に付き合っているのに、極端に消極的でも困りますが、あまりに積極性を出し過ぎるよりは、恥じらいを見せて、控えめな行動をした方が好まれるようです。


4.キスするとき、恥ずかしくてぎこちなくなる

手を繋ぐことと同じく、キスする時に見せる恥じらいも、男性にとってはたまらないものだそうです。

それも、キス自体を完全拒否するのではなく、キスする気はあるけれど、顔を寄せたり、身体を近づけることに緊張してしまってうまくできない感じが良いようです。

確かに、付き合って最初のキスは、シチュエーションにもよりますが、恥ずかしくて、思うように身体が動かなくなってしまうこともありますよね。

そんなぎこちなさが、男性から見ると、震える小鳥のようで、何とも言えないかわいらしさを感じるのでしょう。

キスした後も、平常心を保てずに恥じらうくらいの方が、キス慣れしていない女性という印象を与えられるようです。


5.すっぴんを見せたがらない

お泊りする関係になると、どうしてもすっぴんを見せざるを得ないですよね。

そんな時に、相手に対してすっぴんを見せることを嫌がる女性を、男性は好むようです。

男性にしてみれば、すっぴんが嫌いというわけではなく、むしろ見たがるものなのですが、それを恥ずかしげもなく晒されるよりも、隠そうと頑張っているのを何とかして見せてもらう方が、グッとくるものです。

これは、下着姿を見たがる男性の気持ちと同じようなもので、隠そうとするから見たくなる、隠す気が無いものは見せられても何とも思わないという、なんとも複雑な心理が絡んでいるのです。

お泊りの回数が重なると、女性としてはすっぴんを見せても抵抗が無くなるものですが、ここは、男性の心理を尊重して、恥じらうフリをしてあげた方が良いかもしれませんね。

女性の恥じらい行動で男性をキュンとさせよう

男性が好む、女性の恥じらい行動について、5つご紹介しました。

これらの恥じらいに共通するのは、どれも「男性慣れしていない女性」を感じさせる行動だということ。

男性はいくつになっても、「恥じらい」というものを通して、女性にそんな幻想を抱いてしまうものだということでしょう。