「女性は信用できない」と言う男性の心理とは

最終更新日:2017年1月12日

異性である男性をすべて理解し信用するということは難しいかもしれません。

しかし男性も同じように感じている面があり、中には「女性は信用できない」と言い切る人もいます。

どうして女性は信用できないというのか、こうした男性の理由に迫ってみましょう。

1.過去に女性を不信になる出来事があったから

自分の好きだった女性や、自分が信頼していた女性から、過去に裏切られたり嘘をつかれた経験を持っていると、女性を信用できないと思ってしまうのは仕方のないこと。

自分にとっての女性へのイメージは、その不信を招いた女性のままなのでしょう。

例えば付き合っていた彼女に浮気されたことがあったり、自分のことを好きだと言いながら近づいてきたのに、実際には自分の友人が目当てだったりと、男性にとってショックな出来事が過去にあったと考えられます。

それだけその女性への思い入れがあり、傷が深かったと言えます。

女性のことを信用するためには、女性の相当な努力や理解が必要になってしまうでしょう。

2.女性は計算しているから

男同士でいる分には、言っていることと思っていることが同じであるという確信が持てる。

しかし女性の場合は計算高い人が多いため、本心が分かりづらいと感じたり、言っていることが矛盾しているというケースを多々見てしまうでしょう。

「帰って」と女性が怒りながら言ってきたから帰ったものの、実際に帰ればその行動に女性が激怒する。

言っていること=本心と思えないために、女性は信用できないと思う男性もいるでしょう。

隠された思いや秘めてる言葉に気付くことが苦手な男性は、女性の扱いも難しいと感じているはずです。

「言っている事がすべて事実で本音」と女性に対して確信が持てない為に、女性のことを信用できません。

3.女兄弟を見ているから

女兄弟を持つ男性の場合、女性の家でいる姿と外面が違うということを知っています。

外では女らしく振る舞っているのに、家に帰ればずぼらな性格。

または外では人気があるけど、家ではその人たちの文句ばかりを言っているなど、女性の二面性を見て育ってきた人は、環境が理由で女性の事が信用できないのでしょう。

女兄弟のいる男性の場合は、女性のぶりっ子やわがまま、計算された気遣いなど、些細なことでも見抜いてしまいます。

女性へのイメージは、この女兄弟をベースに作られているため、女性はあまり信用できないと思ってしまうのでしょう。

ただこのように免疫のついている男性であれば、女性を理想で固めたり、女性に必要以上のことを求めたりせず「一人の人」と対等に見てくれるケースが多いです。

4.陰でお互いの悪口を言っているのを聞いたから

女性特有な行動と言えば、嫌な相手であっても関わりを持とうとする行動です。

いわゆるグループという枠に属さなければならない女社会は、日頃から僻みや嫉妬といった気持ちを持ち、性格の悪さが出来上がってしまうことがあります。

仲良くしているように見えていたのに、その人がいなくなってから悪口を言いだしたり、自分にとって都合が悪くなると急に疎遠になったりと、確固たる信頼関係が築かれていない場面を見ると、女性は信用できないと思ってしまうでしょう。

男の友情が強いとされていても、女の友情はとてももろいもの。

そう感じたことで「裏では何を言われているか分からない」「笑顔でいても腹の中では怒っている」と考えてえしまい、なかなか女性を信用することができなくなってしまいます。

5.結婚後に人が変わる女性を見てきたから

男性の周りで既婚者が多い場合「尻に敷かれているな」「夫の立場ないな」と思ってしまう場面もあるでしょう。

ただそんな人の話を聞くと「昔は優しかった」「結婚してから変わった」という意見が多く、こうした話の多さから、女性を信用できないケースもあります。

特に社会に出ると、上司の愚痴を聞く機会が多かったり、結婚している同僚の家に遊びに行ったりするといった交流がある為、より現実的に考えてしまうようになるでしょう。

そのため結婚を意識していないとしても、女性と交際がスタートすると「この子も変わってしまうのかな」「結婚したらどんな人になるんだろう」と疑ってしまうようになります。

自分自身が女性に何かされたり裏切られた訳ではなくても、このように周りからの情報によって信用できなくなってしまうケースも多いでしょう。

女性を信用できないという男性の心理を知ろう

男性と女性は、異性である以上、すべてを分かり合ったり信用することはできません。

それが表向きの言葉なのか、本音で言っているのかすら疑ってしまうため、100%で相手を信用しているという人は逆に少ないかもしれませんね。

なぜ男性が女性を信用できないのか、当てはまる理由が見つかったのなら、その原因を解決できるように対処することで、自分のことだけは信用してくれるようになるかもしれません。