鏡についた水垢を落とす方法。鏡をピカピカにしよう

最終更新日:2016年2月23日

気がつくと、お風呂場や洗面台の鏡に白い跡が残っていませんか。

拭いてもなかなか取れず、手強い跡の正体は水垢です。

なぜ鏡などに白く跡が残ってしまうのか、それは水には金属イオンが含まれているのが原因です。

今回は鏡についた水垢を落とす方法をご紹介します。

1.お酢(クエン酸)を使う

お酢と効くと食品を思い浮かべますが、その食品のお酢でお掃除が出来ます。

水垢の性質はカルシウムですが、カルシウムは酸性に溶ける性質があります。

お酢は酸を多く含んでいるので、水垢には最適です。

自宅にある食用酢はもちろんですが、いまでは酢を謳った掃除道具がたくさんあるのでチェックしてみてください。

比較的汚れが軽い水垢には、そのまま酢を吹き付けて柔らかいタオルやガーゼで拭き取るだけでキレイになります。

汚れがひどい場合は、キッチンペーパーなどに酢を染み込ませ、水垢部分にパックするとより効果的です。

パックの上から更にラップなどで覆い、時間をおいてから拭き取るとキレイになります。

また、お酢と同等の効果があるのがクエン酸です。

どちらも酸性の仲間なので、水垢汚れには効果を発します。

また、クエン酸は無臭なので、お酢独特のにおいが苦手な方はクエン酸をオススメします。


2.歯磨き粉を使う

実は、歯磨き粉も掃除道具として利用できます。

歯磨き粉には研磨材が含まれている物があるため、水垢だけでなく鏡全体の汚れをとることができます。

すべての歯磨き粉に研磨材が含まれているわけではないので、掃除の前に歯磨き粉の成分は確認しておきましょう。

また、鏡をゴシゴシ磨いてしまうと傷の原因になります。

細かい傷が出来てしまうと、その中に汚れがたまりやすくなるだけでなく、汚れが取れにくくなる可能性もあるため、なるべく優しく、できれば柔らかい布で磨いた方が良いかもしれません。

磨いた後の流しもしっかり行いましょう。

また、曇り止め加工されている鏡に研磨材を使うのはNGとされています。

最初は隅のほうで試してみてくださいね。


3.鏡用のダイヤモンドパットを使う

最近耳にすることが多くなってきたダイヤモンドパットですが、こちらも仕組みは研磨材と同じです。

人工ダイヤモンドが配合されているため、傷が付きにくいといった特徴があります。

サイズやメーカーによって値段は様々ですが、業務用だと1万円以下と少々高めです。

しかしホームセンターや100円均一などでも扱っている場所も多く、効果もあると口コミで広がっています。

使い方も簡単で、研磨する部分を水で濡らしこするだけです。

多くは小ぶりの物なので、気になったときにすぐに使え、家庭に1つあると役立つかもしれません。

ただ、研磨材なので擦りすぎは傷の原因になります。

こちらも曇り止め加工されている鏡には使用しないほうがいいので、注意してくださいね。


4.トイレ用クリーナーを使う

トイレ用品をお風呂場で、と思うかもしれませんが、実は多くが酸性の洗剤となっています。

特別変わった使い方はせず、汚れのある箇所に拭きつけ掃除用のスポンジなどでこするだけです。

お酢などと同じような理屈ですが、掃除洗剤のため匂いもきつくなく、物によっては良い香りがするなか掃除ができます。

汚れがひどい場合は、キッチンペーパーやラップなどでしばらく置いてみてください。

洗剤はきちんと洗い流し、換気も行うようにしましょう。

また、アルカリ性の洗剤を同時に使ってしまうと有毒ガスが出てしまう危険があるため、注意してください。


5.水垢専用の洗剤を使う

今までご紹介した方法は、比較的汚れが軽かったり、水垢が出来て日の浅い物の落とし方でした。

水垢を長い時間放っておくと、どうしても落ちづらくなってしまいます。

そんなときは、水垢専用の洗剤を使ってみましょう。

水垢専用といっても種類が豊富なため、鏡の状態や水垢の状態を考えて選んでみてください。

傷をつけたくない場合は研磨する物を避けたり、水垢がひどい場合は強めの洗剤を使ってみるなど、多くの水垢専用の洗剤が出回っています。

上記で紹介したダイヤモンドパットも、少し値段が高くなる水垢専用になると専用のクリーナーが付いている物などあります。

また、液体タイプやクリーナータイプなど様々な洗剤があります。

水拭きで済む物や、しっかり擦るものなど使用方法も多種多様なので、自分に合う洗剤を見つけてみてください。

どれも肌に強い刺激を与えるものがおおいため、ゴム手袋なども忘れないようにしましょう。

鏡についた水垢を落とそう

身近にある物で掃除が出来る一方、なかなか落ちてくれない水垢ですが、鏡はキレイな方が気持ちもすっきりしますよね。

特にお風呂場は水を扱う場所なので、水垢が出来る確立も非常に高くなります。

普段から水滴を残したままにせず、水垢が出来てしまったらなるべきはやく除去しましょう。