彼女がいるのに食事に誘ってくる男性の心理とは

最終更新日:2016年3月27日

「今度食事に行こうよ」と誘ってくれた人が彼女のいる男性だったことありませんか。

職場のみんなが知っている周知の事実なのに、なぜ臆面もなく彼は他の女性を食事や遊びに誘うのでしょうか。

1.彼女と別れたいと思っている

まず考えられるのが「彼女と別れたいと思っている」「事実上別れている状態」という事です。

一度カップルになると、二人の間が冷め切っていても外から見たら仲がよさそうな二人に見えるように努力をするものです。

そして限界を迎えて別れてしまうのですが、その事が周囲に知れると「え?何であんなに仲が良かったのに」と不思議がられたりします。

世間体もあるのでしょうが、ぎりぎりまで修復の可能性を信じている一面もあります。

事実上別れているので、つい気になる女性に声をかけてしまうこともありますが、本人にとっては浮気の感覚はないはずです。

ただしその彼の彼女がどう思っているかは別です。

もしもその状況で彼の誘いに乗り彼女に逆恨みをされてしまったら困りますので「要確認」です。


2.彼女をキープだと思っている

彼女と付き合っているけれど、結婚まで考えていない、結婚はあり得ないと思っている男性もいます。

言葉は悪いですが男性にとって「彼女はキープ」に過ぎません。

そのため男性が他の女性に声をかける時に浮気だという自覚はありません。

もしもこのような状況で声をかけられた場合は、大きく分けて二つの考え方があります。

一つ目は「私は本命」だということです。

彼にとって今の彼女はキープに過ぎないけれど、あなたは本命で、結婚を前提にしてアプローチをしているというケースです。

あなたは彼にとって運命の人でそれまでの恋愛は出会うまでの過程にしかすぎなかったのかもしれません。

二つ目は「私もキープ」ということです。

彼は結婚を考えられないような低沸点で恋愛をしてしまい、平気で付き合ってしまう男性です。

あなたが次のキープである可能性は否定できません。

むしろ「ほぼキープだな」と考えて間違えがないかもしれません。

声をかけられた女性が自分に自信があるほど、付き合ってしまいやすいので注意が必要です。


3.二人以上の女性に愛されていないと不安

女性に依存していないと生きていけないという男性がたまに存在します。

仕事をするモチベーションは女性の励ましがあるから、オシャレをするのも女性にもてたいから、全ての行動の基になるのが女性という男性です。

このような男性は彼女にそっぽを向かれて一人きりになってしまうことを極端に恐れています。

そのため、いつでも代わりになってくれるような女性を求めて、つばをかけまくっています。

もしかしたらあなたの身の回りの女性にもこのような男性依存タイプの人はいませんか。

恋愛体質とも言えますが、すぐに人を好きになってしまう人は男女問わず、八方美人なところがあります。

とはいえ彼女への忠義心は高いので、彼女と上手くいっている間は、あくまで女友達のまま扱ってくれます。

その男性に好感が持てると思ったら、あなたも彼を「キープしている」と思って、たまには誘いに乗るのも良いでしょう。


4.浮気がばれないと思っている

単純に浮気性な男性で、彼女がいるけれど浮気がばれないと思っている可能性もあります。

こういう男性は無神経ですので、彼女の友達の女性にも平気で遊びに誘ったりすることができます。

誘いに乗っても面倒しかありませんので、避けましょう。

もし彼女から彼を奪ったとしても、こういう男性は必ずまた浮気をします。

そういう修羅場を経験してみたいという女性以外は、誘いがあったとしても無視するのがいちばんでしょう。


5.女性との友情は成立すると思っている

女性といつまでも友達でいられると思っている「女性との友情はある」と主張するタイプの男性もいます。

このタイプも大きく分けて二つに分けることができます。

一つ目がフェミニズムタイプの男性で、女性と男性は平等で、だから友情は成立するという「理想」を持っているタイプです。

飲み会などに男女雇用機会均等法などについて熱く語ってきたりしますので、面倒な人かもしれません。

自分がよほど窮地に追い込まれない限り「女性に優しい」男性でいてくれますので、友達としては悪くありません。

しかし「友情から恋愛に」みたいな状況にも憧れている傾向があります。

少し頭でっかちですので、距離を置いてお付き合いするのが無難でしょう。

二つ目が「男性?女性?」というような中性的な男性です。

もしかしたらカミングアウトをする前の女性の可能性もありますし、自分ではまだ自分の中の女性に無自覚なのかもしれません。

このような男性は今の彼女には強引に口説かれて付き合っているだけで、本来は「女友達」の可能性があります。

本能的に安心だと感じたら友達として遊びや食事の誘いに乗るのもいいでしょう。

彼女がいるのに食事に誘ってくる男性の心理を知ろう

彼女がいるのになぜか他の女性に声をかける男性の心理についてご紹介しました。

もしもこのような男性に誘われたら、誘いを断るのが無難でしょう。

良い友達になれるかもしれませんがリスクが大きすぎます。

また彼の「正妻の座」をキープできるかもしれませんが、その前後にたくさん面倒なことが起こるかもしれません。

いい人だと思っても、誘いに乗らず様子を見るようにしましょう。

そして彼女と別れてまた誘いがあれば、改めて誘いに乗るかどうか考えても遅くないでしょう。