よく彼女をけなす彼氏の心理。なぜ恋人を悪く言うのか

最終更新日:2015年12月29日

「彼氏がなぜかいつも私の事をけなすけど、私の事をどう思っているんだろう?」と思ったことがありませんか。

女性の方のためによく彼女のことをけなしてくる彼氏の心理についてご紹介します。

1.彼氏にそんなつもりはない

男性はもともと友人同士で冗談でけなしあう事が多いです。

ですが、それはお互いに認め合っているからこそけなしあって友情を深めているのです。

ですので、彼氏が彼女の事をよくけなす場合は彼氏は彼女の事を本気でけなしているのではなく、逆に彼女として認めているからこそけなしています。

なかなかそれは女性には分からない男性特有の心理状態なので、女性は本気で傷ついてしまいます。

この場合は、彼氏に「そこまで言われると本気で傷つくからやめて欲しい」と傷ついていることを伝えると彼氏は「いつも友達にしているようにしているだけだったけど、傷ついていたんだ」と反省してくれるのでけなすのをやめてくれます。

彼氏が彼女をけなす時に一番多い心理状態がこれです。

けなしているからといって彼氏は彼女を本気で嫌っているわけではありません。

ですので、けなされた時はすぐに「彼氏を信じられない、別れたい」と感情的にならずに話し合ってけなすのをやめてもらいましょう。

彼氏が優しい人ならきっと分かってくれます。


2.調子に乗っている

男性にはいつまでも負けず嫌いで子供っぽいところがあります。

何か彼女が不得意な事を見つけたら「自分はすごい」と思い、調子に乗って彼女をけなすようになります。

この場合、彼氏にあまり悪意はありません。

ですので、少し距離を置いたり冷たい態度を取ってみる事で「調子に乗りすぎたかもしれない」と反省し、けなすのをやめるようになります。

彼氏が反省して謝ってくれた時はまた調子に乗らないように「許してあげるけど本当に傷ついたんだからね、二度としないでね」と釘を刺して置くことを忘れないようにしましょう。


3.彼女を見下している

たまに彼女をけなす場合は照れ隠しということが考えられますが、よく彼女をけなすという場合は彼女のことを見下している心理状態の場合がとても多いです。

こういう男性は、プライドがとても高く誰に対しても上に立場でありたいと考えています。

ですので、彼女であっても何か欠点を見つけては見下し、自分が上の立場であることを彼女に示しています。

この場合、男性は放っておくとますます彼女をけなしてきます。

二人きりの時だけではなく周りに人がいる時でもけなすようになってきます。

最悪の場合「お前は何もできないんだから自分の言うことだけ聞いていればいい」と言葉のDVにまで発展することがあります。

こういう場合は辞めて欲しいと言っても完全に彼氏は自分が上だと思っているのでなかなか言うことを聞いてくれません。

あまりにも酷いようなら別れることをオススメします。


4.元カノの事が忘れられない

よく彼女をけなす時は、男性は元カノの事を忘れられない心理状態の時があります。

この場合は「元カノはそんなこと無かったのに」と言うことが多いのですぐに分かります。

しばらく付き合う内に彼氏は元カノの事を忘れ、比べられてけなされる事も段々少なくなりますが、いつまでも元カノの事を口にだしてけなしてくるなら、いつまでも自分の事を好きになる可能性は無いので、別れることをオススメします。


5.わざとけなして別れようと思っている

けなしてくる上に連絡まで減ってしまっているようなら彼氏はわざと彼女をけなすことで彼女に嫌われるという形で別れようと思っている心理状態の場合が多いです。

この場合、以前から彼氏は別れをほのめかしているけど、彼女が全く気づかないか「何があっても別れないから」となかなか彼女が別れてくれないので、けなすことで嫌われて別れようとしています。

この場合は、二人でしっかりと話し合いをしましょう。

彼女に何か嫌なところがある場合もあるので、その場合は彼女が嫌なところを直す事で彼氏が別れるのを思いとどまってくれます。

この場合、別れるためにけなしていたので別れないことが決まったらけなすのもやめてくれます。

彼氏に別れるという意思が強く、何があっても復縁がなさそうならどんなに彼氏の事が好きでも報われる事はありませんので、残念ですがお互いのために別れましょう。

最初は辛いですが、男性は他にたくさんいます。

きっと素敵な恋愛が待っていると思い、いつまでも悲しまずに新しい恋愛を探しに行きましょう。

彼女をけなす彼氏の心理を知ろう

よく彼女のことをけなしてくる彼氏の心理をご紹介しました。

多くの場合、男友達にしている時と同様に軽口を叩いているだけですのでそんなに不安になる事はないですが、やはりけなされると傷つくのでハッキリと「傷ついている」と彼氏に伝えてけなすのをやめてもらいましょう。

元カノの事を話題に出したり、連絡が取れないほど冷たくなっていたり、見下しているようならこの先けなし方がもっとひどくなることも考えられるので、別れる事も考えてしっかり話し合いをすることをオススメします。