乾燥肌の正しい洗顔方法とポイント6選

最終更新日:2015年1月5日

乾燥肌の毎日のスキンケアの中でも重要な位置を占めるとも言えるのがやはり洗顔です。洗顔は毎日繰り返し行う事でもあるので、やはりできるだけ肌を乾燥させないように、さらに毛穴のつまりなどは起こさないように丁寧に行う必要があります。

特に朝晩のスキンケアでも、洗顔後に肌が乾きやすい方などは要注意です。実際にどのような洗顔をすれば乾燥肌を防ぐ事ができるのか、そのポイントを見て行きたいと思います。

1.乾燥肌でも朝洗顔は必要?

朝の忙しい時に、スキンケアをしていくのはやはり大変だと思う方も多いでしょう。

しかし睡眠中にも皮脂は分泌されており、さらに前日のスキンケアをした化粧品とも混ざり合い、肌表面はそれほど綺麗な状態ではありません。

意外と睡眠中にも汗などをかいていますし、枕などの寝具が肌に触れる事でも汚れてしまいます。ですので、乾燥肌でも朝洗顔をする事はやはりしておくべき事なのです。

2.乾燥肌の洗顔料の選び方

肌が乾燥するからと言って、すべての方が潤いの残るタイプの洗顔料が好みとは限りません。

むしろしっかりと洗えないと気持ちが悪い、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

やはり洗顔料はしっかりと汚れを落とせる事が第一のポイントにもなります。
しっかりと汚れ自体を落とす事ができて、なおかつ肌を乾燥させず肌バランスを崩さない洗顔料を選ぶ事が大切です。

テクスチャーや洗顔後の肌の質感など、洗顔料には好みが人によってありますが、合成界面活性剤などがたくさん含まれていない事が洗顔料選びには大切なポイントです。
石鹸素地などは肌表面から洗い流すと洗浄効果はなくなりますが、合成界面活性剤の場合はそれでは終わりません。

合成界面活性剤は、肌表面に残りさらにいつまでも洗浄効果が続いてしまいます。
この作用により肌バリアも壊れてしまい皮脂膜も荒れてしまうので、特に乾燥肌の場合はできるだけ避けたい成分なのです。

3.洗顔料はシンプルな物を選ぶ

洗顔料には様々な物が配合されているのですが、できるだけシンプルな物を選ぶ事がやはりお勧めです。
洗顔料の中でも特にシンプルと言えるのは洗顔石鹸ですが、できるだけ無添加や無着色などを物を選ぶ事です。

しかし、洗顔石鹸は強いアルカリ性ですので、洗顔する時のお湯の温度などにも気を遣う事がとても大切です。
洗いすぎてつっぱる、という場合には洗顔しているお湯の温度が高すぎるという事もよくある事です。

ですので、出来るだけぬるま湯を使う、さらにたっぷりの泡を使い、直接肌には触れないで洗顔するなど、乾燥肌の場合は特にひと手間をかける必要があります。

4.入浴洗顔の時に肌の乾燥を防ぐポイント

夜の洗顔はメイク落としも兼ねているので、できるだけ汚れをしっかりと落としておきたいものですが、やはり乾燥肌の場合は入浴後の乾燥も気になるでしょう。
しかし、メイク落としと洗顔料の相性もありますので、できるだけ洗顔後の肌の状態なども考えながら洗顔料を選ぶ事が大切です。

しっかりと汚れを落とせるのはもちろん、肌のぬめりなども感じない洗顔料を使う事が大切です。
朝と夜の洗顔料を変える必要はありませんが、クレンジングとの相性なども考えながら洗顔料を選ぶと失敗がありません。

さらに、メイク落とし後の入浴洗顔もできるだけ温度は控えめに、洗顔料の泡もしっかりと立てて肌に負担をかけないように心がけましょう。

5.入浴後は特に大事?基礎化粧は素早く行う

洗顔料はアルカリ性である為に、洗顔後の肌はとても敏感になっています。

特に乾燥肌の方は、入浴後に肌から水分が少し逃げてしまうだけでも、かなりの肌の負担になってしまいます。
ですので、基礎化粧はすぐつけられる場所に置いておくか、あるいは基礎化粧の一部を浴室で終えてしまう事も乾燥肌の対策の為には大切です。

最近では次に行う化粧品が浸透しやすいように、肌に最初に使う事のできるブースター美容液なども販売されており、こちらでまずケアをしておくのも効果的です。
さらに、美容オイルなどを事前にブースター化粧品と同じ使い方をするのもお勧めの方法です。

6.時々肌の調子を聞いてみよう

特に朝の洗顔は、洗顔を推奨する場合もあれば、むしろ乾燥肌の場合は行わなくても良い、という提言などもあります。
しかし、どちらを選んで良いのかは、やはり肌に聞いてみるのが一番です。

例えば、ぬるいお湯でも就寝時の皮脂や汚れなどは取りされますし、肌がかさつく場合などはこれだけでも充分な時もあります。
Tゾーンだけが油っこくなってしまう場合などは、そこだけに洗顔料を乗せて洗うのもお勧めの方法です。

このように、自分の肌が乾燥して洗顔にも耐えられない状態なのか、あるいは皮脂が分泌されている状態なのかは、顔に実際触れてみて判断する事も大切なのです。

乾燥肌を守る為にはこのようにいくつかのポイントがありますが、ただ丁寧に洗顔だけをするのではなく、季節や肌の調子によっても洗顔料を変えてみたり、化粧品をつけるタイミングを変えるだけでも、肌の調子は整いますので、毎日実践していく事が大切です。