顔の脂テカテカを解消する方法。乾燥や保湿の仕方に注意しよう

最終更新日:2015年11月23日

顔がどうしても脂っぽくなってしまう…という経験をしたことはありますか?顔と言うのは実は皮脂が出やすい部分でもあり、様々な原因で脂が出やすくなってしまいます。

ですが、皮脂が多いとテカテカと光って不潔だったり、皮脂のせいで化粧崩れが早くなってしまうことも…。

そこで今回は顔の脂を解消する方法をご紹介します。

1.乾燥させない

一見、脂っぽい肌になると脂を吸い取って正常な乾燥状態に戻してしまいたいと思ってしまうかもしれません。

とくに、思春期などでホルモンバランスが乱れやすくなっており皮脂が多く分泌されているとどんなに食事を改善しても皮膚科に通ってもなかなか感知するのは難しいでしょう。

そんな時に、少しでもテカテカをなくそうとあぶらとり紙を常に持ち歩いていて脂が気になる度に皮脂を拭ってしまっている方も多いでしょう。

でもそれは、逆効果になっているのです。

そもそも肌は一定の皮脂を必要としており皮脂が肌を刺激物やほこり、乾燥などから守っています。

あぶらとり紙は使いすぎてしまうと脂を吸い込む際に必要な分の皮脂まで吸い取ってしまうのです。

皮脂が足りなくなれば肌はさらに多くの皮脂を分泌しようとしてさっきよりも多く皮脂が肌に出てきてしまいます。

こういった悪循環に陥ることで皮脂の分泌が止まらなくなってしまいます。

そのため、テカテカが気になっても皮脂を落としすぎないことが肝心です。

あぶらとり紙では取りすぎてしまうことがあるのでティッシュなどを代わりに使用してそっと押さえるように余分な脂だけを拭ってあげるようにしましょう。


2.保湿しすぎない

顔に多く脂が出てしまっている人は、その皮脂によって潤いが守られている状態にあるので化粧水などを保湿系のものからさっぱり系・さわやか系の物に変えてみる必要があります。

特に、夏の時期などは乳液は必要ないとのことです。

皮脂は体が分泌する天然の保湿剤なので、テカテカするくらい出ている場合は、乳液などの保湿剤はつけないほうがいいかもしれません。

前項で乾燥させすぎないとご紹介しましたが、保湿しすぎないことも大事です。

何事にも塩梅が重要で乾燥と保湿のバランスを考えながら肌と向き合いましょう。


3.お菓子を食べない

皮脂が多く分泌されてしまう原因として、脂肪分や糖質の取りすぎがあげられます。

よく、メタボのおじさんがテカテカのイメージがあるように、普段の食事に脂肪分や糖分が多い人は顔のTゾーンや小鼻の周りなどに皮脂が分泌されやすくなり、ひどい場合は耳の裏などから体臭がしてしまうことも…。

脂肪分や糖質が多く含まれているお菓子は人間が生活する上では嗜好品であって、必ず食べる必要はないものです。

特に、思春期などで脂っぽい肌に悩んでいる方はお菓子で特に油を使っているものは減らしてみましょう。

また、甘いものも皮脂が分泌されやすくなったりニキビの原因になるので気を付けましょう。

お菓子の習慣がやめられない方にオススメなのは「野菜」です。

スティック野菜などにして食べやすくすると甘くておいしいですし、おなかを満たすことができるだけでなく野菜のビタミンや様々な栄養を摂取することができます。

また、普段の食事でも脂肪分の多い油ものやお肉などを食べるよりも、昔の日本人を手本にした魚と野菜中心の和食などに切り替えてみるだけでも健康で日本人の身体にあった食生活にすることができるので、皮脂の分泌が抑えられるかもしれません。


4.夜更かししない

皮脂が多く分泌されて、脂っぽい肌になってしまうのは思春期などのホルモンバランスの乱れとご紹介しましたが、思春期を過ぎている女性でも夜更かしをすることでホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。

おつまみとお酒を片手に夜更かしをしたり、スマホをいじっている間に気が付いたら丑三つ時になっていたり…さまざまな原因で夜更かしをしてしまっているかと思いますが、夜更かしを改善するだけでホルモンバランスの乱れが解消されて顔の脂を解消すことができるかもしれません。

基本的に必要だと言われている睡眠時間は6~8時間、22時~6時くらいまでの睡眠がベストでしょう。

夜にしっかりと体を休めて朝に日光を浴びるという人間本来の生活をするように心がけてみてはいかがでしょうか。


5.ストレスを解消

日本の社会でストレスを感じないほうがおかしいので、難しいかもしれませんがストレスはホルモンバランスを崩す原因であり本人にとって一定のストレスが感じられるとホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌が多くなったり、月経などにも異常が出てしまうことも…。

こういったストレスが原因で顔が脂っぽくなってしまっている場合は、ストレスを解消してあげることが必要です。

顔の脂を解消しよう

顔の脂を解消するためには正しいスキンケア、そして自分と向き合うことが必要なようですね。

あまりにもひどい場合は皮膚科へ相談へ行ってみましょう。